現在位置: carview! > カタログ > プジョー > リフター > 2021年3月〜モデル

プジョー リフター 2021年3月〜モデル グレード・価格・口コミ情報

プジョー リフター 新型・現行モデル
マイカー登録
愛車や気になる車を登録するとマイカーページで情報の管理・収集を行うことができます。
新車価格

339.0 万円 379.0 万円

新車見積もりスタート

中古車価格帯

288.8 万円 349.0 万円

中古車を検索

車体寸法
(全長×全幅×全高)
4405×1850×1880mm 燃料消費率 21.2km/L(JC08モード走行)
18.2km/L(WLTCモード走行)
乗車定員 5名 排気量 1498cc

概要

ミニバン、SUV、ワゴンの魅力を凝縮させたトールワゴン

革新的なスタイリングと、タフさを備えるトールタイプのワゴン。堅牢さを感じさせつつシンプルなデザインが採用された。プラットフォームには、定評のある「EMP2」が用いられ、あらゆる利用状況に応える能力と耐久性が実現されている。多くの収納スペースと、多彩なシートアレンジ、両側スライドドアなど、高い実用性が与えられ、ミニバンとSUV、ワゴン、それらの魅力をクロスオーバーさせ、1台に集約させたモデルに仕立てられた。室内もプジョー独自の小径ハンドルによる、「iコックピット」をはじめ、視認性、安全性などさらなる高みが目指されている。エンジンは1.5Lのクリーンディーゼルで、8速ATが組み合わされる。先進運転支援機能、ADASも装備される。(2019.10)

おすすめのグレード 比較表を見る すべてのグレードを見る リフター 2021年3月一部改良

マイナーチェンジ一覧 リフター 2021年3月一部改良

レビュー 総合平均評価 4.6点(7件) リフター

  • ベルランゴ、カングーと比較試乗で選んだ、走って抜群に楽しい、ドライバーズミニバン

    評価:

    5.0

    add******** さん 2021.5.3

    グレード: アリュール_RHD(EAT_1.5) 2020年式 乗車形式: マイカー

    評価のベースは前車であるポルシェ・カイエンなので、評価は辛めになりますが、それでも抜群の車。デザインはカイエン同様ひどい車ですが、ドライビングパフォーマンスはベクトルが異なるものの、それ以上に楽しい車です。 比較対象のベルランゴは生い立ちはリフターの双子車ですが、全く違う車でより商用車臭が高く、ロードノイズ、エンジン音、エンジン振動がよりストレートにドライバーに届くとともに、ダンパーの初期の減衰が極めて緩く、常時、船に乗っているようなフラフラ感があります。荷物にはよいのでしょうが、運転者にとっては接地感が希薄で怖く、不意にグラッとくる場合があり大変疲れます。また、ATの設定がトルコンを滑らせる方向で、アクセルを踏み込んでもエンジン音のみが先に上がり、まるで初期のCVTに乗っているような感覚です。一方、カングーはその点が非常によくできていてリフターがなければ、確実にそちらを選んでいました。カングーのベクトルはカイエンと同じ方向を向いており、しっかりと踏ん張るタイヤとしなやかな足回りで、山に入っても自在に運転できるいい車です。残念ながら、かなりやかましい車で長距離ドライブは辛いと感じさせます。それに対しリフターの乗り味はなかなか似た車がありませんが、とにかく柔らかいくせにどこまでも粘るしなやかな足回りで、カイエンが4輪がどっしりと路面を踏ん張り、その上で最少のロールで駆け抜けるのに対して、リフターは4輪がまるで路面を吸い付いたようにトレースし、ボデーがその上に緩やかに載っている。大きくロールしても不安感がまるで起こりません。あたかも、リフターと言う獣に跨って時に大きくかがみこみ、時にはじかれるよう動物的に走るようです。ハンドルとアクセル・ブレーキを手綱とし、いかようにでも車の姿勢をコントロールし走れてしまい、車との間に意思の疎通が感じられます。これを経験してしまうと、カイエンの方向は無機的で面白みがないと感じざるを得ません。もちろん、高速道路での直進安定性、横風安定性などはカイエンのレベルには達していませんが、それでも、この全高の車の中では抜群というレベルにです。 もし、わたしの上げた3車で悩んでおられる方がおられれば、以下の基準で選ばれればいかがでしょうか? デザインが第1なら自分の感性を信じて選ばれればいいでしょう。おそらく、カングーかベルランゴを選ばれるでしょう。 実用性で選ぶなら、じっくりとディーラーで実車を見てください。ベルランゴとリフターの全高5cmの違いはすべてのシートの高さ違いであり、高齢者や子供にはその5cmは非常に大きいはずです。また、扉の開閉時の使い勝手についても実際に使われる方の意見を聞かれるのがいいと思います。この点からはおそらくカングーしかないでしょう。 燃費が気になるのなら、もうこれはベルランゴかリフターしかないでしょう。おそらく、出費はカングーの半額になると思います。(カングー:ハイオク、ベルランゴ/リフター:軽油) 運転のしやすさで選ぶなら、カングーの従来の基準での良さと、新しい感覚でのリフターのどちらを選ぶかで、これは少し試乗をしてみればでちらが自分に合うかがわかると思います。

    続きを見る

  • なかなかいいクルマ

    評価:

    5.0

    k9_rifter さん 2021.4.13

    グレード: GTライン ファーストリミテッド_RHD(EAT_1.5) 2020年式 乗車形式: マイカー

    長距離通勤でも苦になりません。初期不良がありましたが、それでも、通勤、買い物レジャーにちょうどよいいいクルマだと思います。

    続きを見る

  • 希少車

    評価:

    4.0

    ゆうさんGoGo さん 2021.3.5

    グレード: GTライン ファーストリミテッド_RHD(EAT_1.5) 2020年式 乗車形式: マイカー

    1.5Lの小排気量ディーゼルが意外と良い働きをしてくれます。約1.7tの重量車を不満なく走らせてくれ、必要十分です。商用ベースではあるが、音振もまずまず。空気抵抗が悪そうだが、120km/hまでは普通にまっすぐに走ります(風速15mの瀬戸大橋でも問題なし)

    続きを見る

レビュー一覧を見る

Q&A 質問件数(5件) 質問をする リフター

Q&A一覧を見る

中古車アクセスランキング リフター

中古車相場 リフター

プジョー リフター
平均価格 322.0万円
平均走行距離 2,144km

平均値を表示しています

もっと詳しく見る

査定を依頼する

複数社の査定額を比較して愛車を最高額で売却!

愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

  1. STEP1

    お見積り依頼

  2. STEP2

    買取店から
    電話・メールでご連絡

  3. STEP3

    査定実施

  4. STEP4

    査定額を比較し
    売却先を決定

  • メーカー

  • モデル

  • 年式

  • 走行距離(km)

歴代モデル一覧 リフター

リフターを見た人はこんな車と比較しています

プジョーを見た人はこんな車と比較しています

※当情報の内容は各社により予告なく変更されることがあります。(株)リクルートおよびヤフー株式会社は当コンテンツの完全性、無誤謬性を保証するものではなく、当コンテンツに起因するいかなる損害の責も負いかねます。コンテンツもしくはデータの全部または一部を無断で転写、転載、複製することを禁じます。

※表示されている価格は販売地域や装備内容によって変わります。また消費税を含まない場合もあります。詳細はメーカーまたは取扱販売店にお問い合わせください。

※新車時価格はメーカー発表当時の価格です。

カタログ情報は「カーセンサーnet」から情報提供を受けています。カーセンサー

/