現在位置: carview! > 新車カタログ > 日産(NISSAN) > セレナ e-POWER > 2020年8月〜モデル

日産 セレナ e-POWER 2020年8月モデルの新車情報・カタログ

日産 セレナ e-POWER 新型・現行モデル
マイカー登録
愛車や気になる車を登録するとマイカーページで情報の管理・収集を行うことができます。
新車見積もり依頼&ご成約でPayPayギフトカード10,000円相当プレゼント
  • アクセスランキング 189
  • 総合評価 4.5
  • ユーザーレビュー (詳細) 237
  • みんなの質問 (詳細) 69
車体寸法
(全長×全幅×全高)
4,685×1,695×1,860mm〜
4,810×1,740×1,865mm
燃料消費率 23.4〜26.0km/L(JC08モード走行)
17.2〜18.0km/L(WLTCモード走行)
乗車定員 4〜7名 排気量 1,198cc

carview!公式カタログ動画

チャプター

概要

■2020年8月
日産は、「セレナ e-POWER」を一部仕様向上して、2020年8月17日に発売した。

今回の仕様向上では、「インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)」を全車標準装備として、全方位運転支援システムをさらに強化した。また従来までオプション設定の運転支援技術「プロパイロット」を「e-POWER ハイウェイスターV」と「e-POWER ハイウェイスターG」に標準装備した。さらに、「インテリジェント ルームミラー」のオプション設定グレードを拡大し、「e-POWER XV」と「e-POWER ハイウェイスターV」にも設定した。そのほか、USB電源ソケットを1.0Aから2.4Aに変更した。

同日、日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは、「セレナ」の一部仕様向上にあわせ、カスタムカー「AUTECH(オーテック)」と車中泊仕様の「マルチベッド」に同様の一部仕様向上を施して発売した。また「AUTECH SPORTS SPEC(オーテック スポーツスペック)」を「e-POWER」にも設定した。

さらにユーザーの好みに合わせてインテリアコーディネートが選択できる「AUTECH PREMIUM PERSONALIZATION PROGRAM(オーテックプレミアムパーソナライゼーションプログラム)」を設定。シートの素材を本革に変更できるほか、シートカラーをストーンホワイト、タン、ブラックの3色から選択可能にした。

■2021年1月
日産は、「セレナ e-POWER」に特別仕様車「アーバンクロム」を設定して、2020年12月17日に発表、2021年1月14日に発売した。

「アーバンクロム」は、フロントに専用漆黒メッキグリルやブラックカラーのドアミラーを採用。また16インチのアルミホイール(スモーククリア)を専用装備して、上質感とプレミアム感を強調した。

■2021年11月
日産は、「セレナ e-POWER」に特別仕様車「e-POWER XV エアロ」を設定して、2021年11月24日に発売した。

「e-POWER XV エアロ」は「e-POWER XV」をベースに、外装の一部を刷新した。外装は、専用のフロントバンパー(ハロゲンフォグランプ標準装備)をはじめ、サイドシルプロテクターやリアエアロバンパー、LEDリアコンビネーションランプを標準装備。また専用15インチアルミホイーを装備した。

内装は、抗菌加工を施した限定のシートを採用。内装色はブラックで統一した。

なおオーテックジャパンは、「e-POWER XV エアロ」をベースとした車中泊仕様の「マルチベッド」を設定し、同日より発売した。

今回の「XV エアロ」の発売にあわせて、「セレナ」専用の日産ディーラーオプション品、「電子シェード」を発売。全グレードに装着可能で、ワンタッチで後席のウインドウガラスを遮蔽できる業界初の後付けフィルムタイプの商品で、車中泊などでも簡単にプライバシー空間をつくることができる。


おすすめのグレード 比較表を見る すべてのグレードを見る セレナ e-POWER 2020年8月一部改良

  • 日産 セレナ e-POWER 新型・現行モデル
    • 駆動方式
      FF (前輪駆動)
    • 燃費(JC08モード)
      26.0km/L
    • 乗車定員
      7

    このグレードの主な装備・オプション

    プロパイロット
    ACC+車線維持支援
    先進安全装備
    インテリジェントエマージェンシーブレーキ+インテリジェントLI+インテリジェントBSI+RCTA
    インテリジェントアラウンドビューモニター
    アラウンドビューモニターに周囲で動く物体を検知した際に、ドライバーに知らせる機能である「移動物検知(MOD)」を追加したものです。
    両側ハンズフリーオートスライドドア
    -
    セカンド両席超ロング&横スライド+サードシートスライド
  • 日産 セレナ e-POWER 新型・現行モデル
    • 駆動方式
      FF (前輪駆動)
    • 燃費(JC08モード)
      23.4km/L
    • 乗車定員
      7

    このグレードの主な装備・オプション

    プロパイロット
    ACC+車線維持支援
    先進安全装備
    インテリジェントエマージェンシーブレーキ+インテリジェントLI+インテリジェントBSI+RCTA
    インテリジェントアラウンドビューモニター
    アラウンドビューモニターに周囲で動く物体を検知した際に、ドライバーに知らせる機能である「移動物検知(MOD)」を追加したものです。
    両側ハンズフリーオートスライドドア
    セカンド両席超ロング&横スライド+サードシートスライド

※すべての新車価格はメーカー発表当時の税込価格です。

マイナーチェンジ一覧 セレナ e-POWER 2020年8月一部改良

ユーザーレビュー セレナ e-POWER

平均総合評価 4.5点(237件)
走行性能
4.3
乗り心地
4.0
燃費
3.9
デザイン
4.2
積載性
4.1
価格
3.2

ピックアップレビュー

  • ワンペダル楽しい

    2021.2.25

    たかたか(元なつのあ) たかたか(元なつのあ)さん

    グレード:eパワー ハイウェイスター V(1.2) 2019年式

    乗車形式:マイカー

    評価

    5

    走行性能
    5
    乗り心地
    4
    燃費
    4
    デザイン
    4
    積載性
    4
    価格
    3
    満足している点
    安全装置が充実。 今現在のミニバンの中でも、トップクラスの安全装置。 モーターの力強い走り。
    不満な点
    エンジンが始動すると、うるさい。 しょっちゅうエンジンが始動する。 バッテリー容量が小さい。 サードシートの跳ね上げが大変、ワンタッチで跳ね上げまでしてくれない。 2列目の窓開閉スイッチが安っぽくてダサい。 運転席の窓しかオート機能がない。 収納がそこそこあるが、どれも中途半端な大きさ。 車内のランプが安っぽい。 モーターのトルクは凄いが、馬力はもうちょい欲しかった。 シートヒーターのスイッチが押しづらい。 エンジン音がうるさい。3気筒って……。せめて4気筒にして欲しかった。
    乗り心地
    突き上げがきついことがたまにあるが、おおむね乗り心地はいいと思う。

    続きを見る

  • 新鮮さより、熟成さ

    2020.4.8

    Blue Line Blue Lineさん

    グレード:eパワー XV(1.2) 2019年式

    乗車形式:マイカー

    評価

    4

    走行性能
    -
    乗り心地
    -
    燃費
    -
    デザイン
    -
    積載性
    -
    価格
    -
    満足している点
    C26後期型に乗っていたので、全体的に新鮮さはあまり感じられません。 外観は賛否両論言われている後期型のデザインは、見慣れれば高級感を感じます。リアのコンビライトは地味ですが、HS系の尻落ち感がなく私は好きです。 アズライトブルーのボディーカラーも光の加減で青にも紫にも変化し、ミニバンらしからぬ鮮やかさでとても気に入ってます。 セレナはやっぱり内装。インパネやシート形状、使い勝手のよさはC26より更に作り込まれています。 走りは、やはりe-powerならではの独特の加速感に慣れれば最高です。今までのS-HYBRIDのもたつき感が嘘のようです。
    不満な点
    外観が、いまいちセレナらしくない。慣れましたけど。 内装は、なぜかG以外の標準車は、HSにあるレザー風インパネがオプションにもなくとてもチープな感じなこと。カタログのどこにも明記されていません。展示車でも確認はしていたのですが、やはり納車されてレザー張りが羨ましく、パーツ購入を検討中です。 あとは、セカンドドアの内側ドアトリムのチープ感。Gのようにクロス張りにして欲しい。
    乗り心地
    乗り心地は、H車のSやT車の3兄弟よりも柔らかめというか、キレがない感じです。ミニバンなので気にするほどのことではありません。 e-powerの欠点でよく聞きますが、たまに聞こえるエンジン音や振動が残念。車格もあるので、直4にして欲しかったです。

    続きを見る

新着順レビュー

  • 燃費で選ぶな!

    2022.8.6

    プレ夫改めてプリ夫 プレ夫改めてプリ夫さん

    グレード:e-POWER ハイウェイスター V(1.2) 2019年式

    乗車形式:マイカー

    評価

    3

    走行性能
    4
    乗り心地
    2
    燃費
    2
    デザイン
    3
    積載性
    3
    価格
    1
    満足している点
    静かだ
    不満な点
    燃費がイマイチ
    乗り心地
    -

    続きを見る

  • 完全自動運転が垣間見れます

    2022.8.3

    fascist1945 fascist1945さん

    グレード:e-POWER ハイウェイスター V(1.2) 2019年式

    乗車形式:マイカー

    評価

    5

    走行性能
    5
    乗り心地
    5
    燃費
    3
    デザイン
    5
    積載性
    3
    価格
    3
    満足している点
    まずはプロパイロットやミリ波レーダー、360℃全方位のソナー等の安全面です。 プロパイロットは高速の真ん中車線を走行していれば多少居眠りしていても事故は起きにくいシステムだと思います。 助手席の人がハンドルを押さえていれば運転席を離れて後部座席に荷物を取りに行けます。 金額的にe-POWERを選択できなくてもプロパイロットはオプションとして付けてもらいたいです。 次にe-POWERによる静粛性です。 トヨタのハイブリット同様にエンジンが静かすぎて逆にそれ以外のロードノイズが気になるくらいです。
    不満な点
    個人的に唯一の不満点としてe-POWERはセンターコンソールが高い位置まであり固定式なため前席から後部座席に容易にウォークスルーができないことです。 ミニバンはウォークスルーが出来てなんぼと考えているのでこの点だけは本当に不満です。 それ以外購入する前から分かっていたことで燃費に関してはとりわけ高速道路での燃費があまり良くないです。 ノートと同じ発電モーターで2t近い車体のセレナではシステム的に無理があることは色々な人から聞いていたため不満な点ではないですが下道がリッター20k走るにしては高速が足を引っ張ってしまうため長距離走行でも思ったほど燃費が伸びないというコメントは多いと思います。 実際トヨタのハイブリットも高速走行は貯めたバッテリーを使うことができないので燃費は良くないですが100km~110km辺りで一定のスピードで走ればそこまで悪くならないです。 e-POWERの場合は80kmくらいで走らないと燃費は上がらない気がします。
    乗り心地
    エンジンの静粛性はピカ一です。 逆にロードノイズをどう消そうか今考え中です。 サスペンションは多少硬めですが乗り心地も悪くないです。

    続きを見る

  • パワフルミニバンタクシー

    2022.7.20

    冥界のプリンス 冥界のプリンスさん

    グレード:- 2018年式

    乗車形式:仕事用

    評価

    5

    走行性能
    4
    乗り心地
    5
    燃費
    3
    デザイン
    5
    積載性
    3
    価格
    -
    満足している点
    狭いところでもスイスイと走れる機動性とジャパンタクシーより楽なスライドドア 後席も広くタクシーとしてはGOOD
    不満な点
    車いすが積みにくい 非UD車なので良いんだが 少し重たい
    乗り心地
    タクシーなら最高でしょ

    続きを見る

ユーザーレビュー一覧を見る

専門家レビュー セレナ e-POWER ※掲載内容は執筆日時点の情報です。

  • どの席でも快適な3列シートミニバン

    2021.10.29

    まるも 亜希子
    まるも 亜希子
    自動車ジャーナリスト
    評価

    4

    デザイン
    3
    走行性能
    4
    乗り心地
    4
    積載性
    5
    燃費
    4
    価格
    3
    年式
    2018年3月〜モデル
    満足している点
    セレナは現行モデルの開発当初から、2列目と3列目の快適性の差をなくすことを掲げていて、オプションで3列目にもUSBや折りたたみテーブルがつけられるので、常に7〜8人が乗るという使い方には魅力的です。
    不満な点
    ナビやオーディオのオプションは充実していますが、Nissanコネクトに対応していないのは残念。デイズにも付けられるSOSコールも、セレナに付けられたらより安心なのにと感じます。
    デザイン
    現行モデル登場時は先代のフレンドリーさを引き継ぎつつ精悍なイメージを持たせていましてが、マイナーチェンジでVモーショングリルを強調。押し出しの強さと、e-POWER追加による先進的なイメージもプラスされました。

    続きを見る

  • 隅々まで感じる使い勝手の良さ

    2021.9.30

    伊藤 梓
    伊藤 梓
    自動車ジャーナリスト
    評価

    4

    デザイン
    4
    走行性能
    4
    乗り心地
    4
    積載性
    5
    燃費
    4
    価格
    4
    年式
    2018年3月〜モデル
    満足している点
    日産のコンセプトとして、どんなクルマにでも運転支援機能のプロパイロットやe-powerを搭載するという意思がこのセレナには詰まっている。ミニバンでもこういった最新技術がしっかり搭載されているのは、素晴らしいことだと思う。さらにそういった最新機能などが搭載されても、使い勝手の良さや求めやすい価格が維持されているところも◎。
    不満な点
    最新機能がたくさん搭載されている、デジタル面などはとても充実しているが、クルマ本来の性能である「走る・曲がる・止まる」などは少し弱い印象。ミニバンなので、運転する楽しさがもっとも優先されるものではないということは理解できるが、プロパイロットなどでクルマに運転を任せるようなシーンでも、この基本性能がしっかりしているともっと安心して運転支援機能を使えるだろうなと感じた。
    デザイン
    ミニバンというと、メッキがギラギラで強そうなフロントマスクのモデルが多いイメージだが、セレナはそういった需要を加味しつつも、できるだけ上品なデザインに仕立てられていると感じる。インテリアもきれいにまとめられていて、同じ価格帯のミニバンの中ではもっとも上質で大人っぽいデザインなのではないだろうか。男性と女性、どちらが乗っても似合うデザインであることも好印象。

    続きを見る

専門家レビュー一覧を見る

動画レビュー セレナ e-POWER

  • NISSAN SERENA NISMO 日産 セレナ ニスモ 内外装&乗り味を徹底チェック E-CarLife with YASUTAKA GOMI 五味やすたか

    E-CarLife with 五味やすたか

    大人気ミニバンのスポーツモデル、日産セレナNISMOになります。ミニバンでも走りを求める方にオススメ?!?その実力は?数々のモータースポーツで培ったテクノロジー。エアロダイナミクス、ボディ剛性、足回り、そしてECMチューニングをNISMOが行ってます。

  • 日産セレナe-POWER試乗

    LOVECARS!TV!

    日産セレナにも「e-POWER」が追加された。日産ノートを日本一の販売台数へと導く要因となったe-POWERが、日本でもっとも売れるミニバンのセレナに搭載されたわけだ。これによってセレナは日本で一番売れるミニバンになる? 搭載エンジンは1.2Lの3気筒。しかしながら駆動はせず、リーフ譲りのモーターで走るというユニークなレイアウトを持った1台である。果たしてその走りは? LOVECARS!TV!キャスター/自動車ジャーナリストの河口まなぶが本庄サーキットで試した。

  • 日産セレナe-POWERを公道試乗

    LOVECARS!TV!

    話題の日産セレナe-POWERをついに公道で試乗。果たして好印象だったサーキットから一転、実際の道路ではどのように感じられるか? LOVECARS!TV!キャスター/自動車ジャーナリストの河口まなぶが横浜で試した

みんなの質問 69 Yahoo!知恵袋で質問してみる セレナ e-POWER ※「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。

みんなの質問の一覧を見る

リセール価値 セレナ e-POWER

走行距離別リセール価値の推移

グレード
e-POWER ハイウェイスター V(1.2)
新車価格
340.0万円
年間平均走行距離
  • 5千km
  • 1万km
  • 2万km
年間平均
走行距離
2023年
1年後
2025年
3年後
2027年
5年後
2029年
7年後
5千km 252万円 224万円 195万円
新車価格の
57%
167万円
新車価格の
49%
1万km 248万円 212万円 177万円 141万円
2万km 241万円 190万円 139万円 88万円

※リセール価値のデータは、弊社が独自に算出した参考データであり、将来性・正確性等を保証するものではありません。

所有者データ セレナ e-POWER

  • 人気のカラー

    1. 45.5%
    2. 16.7%
    3. パール
      7.0%
  • 人気の乗車人数

    4
    0.4%
  • 居住エリア

    1. 関東地方
      41.9%
    2. 近畿地方
      18.9%
    3. 東海地方
      10.4%
  • 男女比

    男性
    90.4%
    女性
    8.6%
    その他
    0.8%
  • 年代

  • 年収

※車両データと所有者データの数値はマイカーデータとYahoo! JAPANカードのデータを集計したもの。無回答を除く。

中古車アクセスランキング セレナ e-POWER

中古車相場 セレナ e-POWER

日産 セレナ e-POWER
平均価格 243.2万円
平均走行距離 36,861km

平均値を表示しています

もっと詳しく見る

査定を依頼する

複数社の査定額を比較して愛車を最高額で売却!

愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

  1. STEP1

    お見積り依頼

  2. STEP2

    買取店から
    電話・メールでご連絡

  3. STEP3

    査定実施

  4. STEP4

    査定額を比較し
    売却先を決定

  • メーカー

  • モデル

  • 年式

  • 走行距離(km)

歴代モデル一覧 セレナ e-POWER

セレナ e-POWERを見た人はこんな車と比較しています

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。

/