現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタがEVに本気……専用ファクトリー起ち上げ!! セレナのエンジンが凄いのよ! 2023年最優秀テクノロジー賞

ここから本文です

トヨタがEVに本気……専用ファクトリー起ち上げ!! セレナのエンジンが凄いのよ! 2023年最優秀テクノロジー賞

掲載 11
トヨタがEVに本気……専用ファクトリー起ち上げ!! セレナのエンジンが凄いのよ! 2023年最優秀テクノロジー賞

 トヨタが次世代BEVの全く新しいクルマ作りのために新しくファクトリーまで作るガチっぷり!! もう2024年になったことだし2023年、特に輝いた技術に送る最優秀テクノロジー賞を発表する!!

※本稿は2023年12月のものです
文/佐藤耕一、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2024年1月10日号

トヨタがEVに本気……専用ファクトリー起ち上げ!! セレナのエンジンが凄いのよ! 2023年最優秀テクノロジー賞

■2023最優秀テクノロジーは……トヨタの次世代EVと新たな“モノづくり”

トヨタが新しい生産技術を採用し、2026年に導入予定の次世代BEV「レクサスLF-ZC」

 トヨタが2026年に発売する次世代BEVは、クルマが新しいだけではなく、その“モノづくり”が革命的に新しい。

 専任組織BEVファクトリーを起ち上げ、製造工程2分の1、工場投資2分の1、生産準備リードタイム2分の1というとんでもなく高い目標を掲げているのだ。

 ギガキャストによって車体を前・中・後のモジュールごとの構造とし、それぞれに部品を組み付けてから結合することで作業性を格段に向上させ製造工程を短縮。

 自走組立ラインでベルトコンベアをなくし、工場投資の削減とともに製造工程を最適化する。

 そのような工程はデジタルツインであらかじめシミュレーションを繰り返してネガを洗い出し、生産準備のリードタイムを大幅に短縮する。

 この工法で次世代BEV=レクサスLF-ZCを2026年には発売するというのだ。

 BEVファクトリーのモノづくりが本当に実現したならば、コストは大幅に削減され、トヨタのBEVの競争力が大きく向上することを意味する。

 難易度は相当高いように見えるが、トヨタは高い目標を公言し、本気で取り組んでいる。トヨタの次の10年を占う本気のプロジェクトだ。

 そのほか今年目立った技術発表では、トヨタのバイポーラ次世代バッテリーは充放電効率を向上し重量・体積を削減。

 ソニー・ホンダのアフィーラ共創プログラムは、車内ディスプレイや車両データへのAPIを用意するなどオープンな開発環境を志向しており注目だ。

■市販車技術の最優秀はセレナe-POWERの1.4L

セレナe-POWERに搭載される1.4Lエンジンは、発電用エンジンとして優れた技術を実現

 日産セレナに搭載されたHR14DDeは、発電専用としての性能を高めたエンジンだ。燃費を改善し、3気筒の振動を打ち消す一次バランサーを採用し静粛性を向上。日産ならではの経験値が活かされた技術の結晶だ。

 世界中のメーカーが発電機としてのエンジン性能の向上に取り組むなか、ひとつのスタンダードを提示した点でも意味がある。

 そのほかの市販車の技術として、ボルボEX30のSEAプラットフォームを挙げたい。SEAはボルボの親会社である吉利汽車が開発したプラットフォームで、形を変えた中国メーカーの日本参入という側面でも注目だ。

 もうひとつ、メルセデスベンツEQEなどに設定された立体音響ドルビーアトモスを挙げたい。

 車内体験を劇的に変えるので、ぜひ一度体験していただきたい技術。立体音響に対応した映画や音楽の配信も始まっており、気軽に利用できる環境が整ってきた。

こんな記事も読まれています

埼玉の山中に「仮設道路」出現! 山梨目指す「西関東連絡道路」のトンネル工事で建設 開通まで使用
埼玉の山中に「仮設道路」出現! 山梨目指す「西関東連絡道路」のトンネル工事で建設 開通まで使用
乗りものニュース
3度目のインディ500制覇狙う佐藤琢磨、古巣レイホールのマシンは“興味深い”感覚「有望な兆候がある」
3度目のインディ500制覇狙う佐藤琢磨、古巣レイホールのマシンは“興味深い”感覚「有望な兆候がある」
motorsport.com 日本版
1000馬力“4.1L V6”搭載!? 新「GT-R“R36”」まもなく公開!? 「歴代デザイン」採用で製作始まる! 日産「和製スーパーカー」の正体とは
1000馬力“4.1L V6”搭載!? 新「GT-R“R36”」まもなく公開!? 「歴代デザイン」採用で製作始まる! 日産「和製スーパーカー」の正体とは
くるまのニュース
【MotoE第2戦フランス大会】2年目のドゥカティ「V21L」でレコード、最高速も更新。レースはN.スピネッリ選手が2勝
【MotoE第2戦フランス大会】2年目のドゥカティ「V21L」でレコード、最高速も更新。レースはN.スピネッリ選手が2勝
バイクのニュース
ホントに“グーグルマップ”よりも使いやすい!? トヨタが本気で開発した無料の「カーナビアプリ」 使い勝手はどう?
ホントに“グーグルマップ”よりも使いやすい!? トヨタが本気で開発した無料の「カーナビアプリ」 使い勝手はどう?
VAGUE
BMWの車体にベルベット生地、ナオミ・キャンベル仕様の電動SUV『XM』発表
BMWの車体にベルベット生地、ナオミ・キャンベル仕様の電動SUV『XM』発表
レスポンス
今月は自動車税が払えない! 悩める人よ! 自動車税はクレカや決済アプリで払えることを知っているか?
今月は自動車税が払えない! 悩める人よ! 自動車税はクレカや決済アプリで払えることを知っているか?
ベストカーWeb
ホンダワークス「HRC」が進化したシビック・タイプRで2年目のスーパー耐久に挑む! 注目の第1戦で見せたパフォーマンスと課題とは【動画】
ホンダワークス「HRC」が進化したシビック・タイプRで2年目のスーパー耐久に挑む! 注目の第1戦で見せたパフォーマンスと課題とは【動画】
WEB CARTOP
オートポリスは“大分県”のサーキットなんです! スーパーフォーミュラと提携の日田市がアピール……JRP近藤会長も雄大な自然に太鼓判
オートポリスは“大分県”のサーキットなんです! スーパーフォーミュラと提携の日田市がアピール……JRP近藤会長も雄大な自然に太鼓判
motorsport.com 日本版
「3.0フレキシブルとアメニタ、どう違う?」【クシタニ】が発表した自社ジャケットの比較ポイントとは!?  
「3.0フレキシブルとアメニタ、どう違う?」【クシタニ】が発表した自社ジャケットの比較ポイントとは!?  
モーサイ
サイドミラーに雨がつかない! サイドミラー用超撥水コート「ゼロワイパー フィルムタイプ サイドミラー用(C204)」
サイドミラーに雨がつかない! サイドミラー用超撥水コート「ゼロワイパー フィルムタイプ サイドミラー用(C204)」
月刊自家用車WEB
1990年、BNR32スカイラインGT-Rの快進撃が始まる【グループAレースクロニクル1985-1993 JTC9年間の軌跡(7)】
1990年、BNR32スカイラインGT-Rの快進撃が始まる【グループAレースクロニクル1985-1993 JTC9年間の軌跡(7)】
Webモーターマガジン
ホンダ新型「5ドアハッチバック」発表! スポーティな“RS”のみの「シティ」! 精悍顔の「スポーティマシン」比で登場
ホンダ新型「5ドアハッチバック」発表! スポーティな“RS”のみの「シティ」! 精悍顔の「スポーティマシン」比で登場
くるまのニュース
牧野任祐が首位発進。岩佐歩夢、坪井翔が続く|スーパーフォーミュラ第2戦オートポリス:土曜フリー走行タイム結果
牧野任祐が首位発進。岩佐歩夢、坪井翔が続く|スーパーフォーミュラ第2戦オートポリス:土曜フリー走行タイム結果
motorsport.com 日本版
2024年の「楽ナビ」はWi-Fiが使いやすく進化!! ネット対応モデルなら「動画」も「ゲーム」もやり放題だ
2024年の「楽ナビ」はWi-Fiが使いやすく進化!! ネット対応モデルなら「動画」も「ゲーム」もやり放題だ
ベストカーWeb
角田裕毅、RBのホームレース初日を3番手発進!「とてもポジティブな1日。ワクワクしている」|F1エミリア・ロマーニャGP
角田裕毅、RBのホームレース初日を3番手発進!「とてもポジティブな1日。ワクワクしている」|F1エミリア・ロマーニャGP
motorsport.com 日本版
新型モーガン ミッドサマーがエレガントにデビュー!──GQ新着カー
新型モーガン ミッドサマーがエレガントにデビュー!──GQ新着カー
GQ JAPAN
【国内試乗】初の右ハンドル仕様にミッドシップ化。アメリカンスポーツの魂ともいえるクルマだ「シボレー・コルベット」
【国内試乗】初の右ハンドル仕様にミッドシップ化。アメリカンスポーツの魂ともいえるクルマだ「シボレー・コルベット」
LE VOLANT CARSMEET WEB

みんなのコメント

11件
  • *******
    トヨタがEVに本気って今更何言ってんだよ
    トヨタ本気のEVとして発売してた車忘れたのかよ
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

299.8419.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

5.81155.0万円

中古車を検索
セレナ e-POWERの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

299.8419.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

5.81155.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村