現在位置: > > > > > 国産車だと純正品じゃなくて、社外品というものが...

『国産車だと純正品じゃなくて、社外品というものが...』:メルセデス・ベンツ Vクラス

解決済み国産車だと純正品じゃなくて、社外品というものがありふれて使えますが、ドイツ車(主にメルセデスベンツ、BMW)でも純正品じゃなくて社外品てあるのでしょうか?

国産車だと純正品じゃなくて、社外品というものがありふれて使えますが、ドイツ車(主にメルセデスベンツ、BMW)でも純正品じゃなくて社外品てあるのでしょうか?ベンツやBMWなどの高級車に乗ってる人って結構ディーラーに持ってってなんでもやってもらうイメージ多いのでお金がかかりそうで…

ベンツの中ではS、G、Vクラス。
BMWでは6、7シリーズが気になっておりますが自分でいじったりできるものでしょうか?
高級車って無駄にエンジンカバーデカくてボンネット開けても何も見えないイメージなので!

当方整備資格などなくど素人ですがオイル交換、ブレーキパッド交換くらいならできます。
素人がブレーキをいじることに関してはわかっているのでコメントしないでください。

ベストアンサーに選ばれた回答

輸入車をDIY整備しています。ドイツ車は世界的に出回っていますので社外品の心配はありません。OEM品質の物から、大丈夫?のchina製まで色々と揃います。購入先はebay(主にOEM) aliexpress(chinaメイン) amazon japan(OEMもchinaも)、また楽天等で買える部品も多いです。質問者様のイメージどおりで日本の人は自分で整備、修理しません。逆に海外の方は良くDIY修理されていますので、困ったら英語で検索して海外サイトを頼っています。少し前china製サーモスタットをアマゾンで890円で購入しDIY修理、今も元気に走っています。大体の修理はやる気があれば自分で出来ます。

回答一覧

8件中1~8件を表示

  • むしろ海外の方が社外品多いと思いますよ。
    ポルシェの部品探すと社外品が何社も出てきます。

  • ありますよ。
    有名所ではBOSCHなどもフィルター類などの社外品を扱ってます。
    もちろんBOSCHが純正指定というメーカーもありますけど…。
    他にも消耗品とかなら数社が有るし今は品質は怪しいけど中国製など安価な社外互換部品もeBayなどで入手できます。
    安く上げたいと言うならこれらを使うって手もあるけど、正直品質はマチマチです。

  • 社外品を使ってDIYオイル交換とかしています。

    最近のドイツ車はオイルパンがプラスチック製が多くなりました。
    オイルドレンボルトも当然プラです。
    このドレンが高いですね。
    我が家の2018年AMG-Eもプラスチックドレンボルト。
    1個1700円だったかな、、、。
    アホ臭いので、Oリングを社外品で購入して、ドレンボルトは使いまわしています。
    そうすると1700円が100円程度に。(Oリング材質はNRはダメ。NBRもイマイチダメです。フッ素ゴムが良いです)
    その点、2019年911ターボは他のモデルがプラスチックのオイルパンなのと違い、
    アルミのオイルパンですのでワッシャ交換で出来ています。
    それもスズキ用を流用です。
    ポルシェはパーツ製造メーカー自身の部番も付いて居るものが有りますので、
    それを基に社外品を買うと安上がりです。(マーレ社のフィルターとか)


    いじるといってもどこまでなのかで変わりますが、
    前のAMGではサブコン入れてブーストアップしていました。
    英国製でした。

    いずれにしても外車の場合は英語が出来ないと部品の取り寄せ・取り付けは難しいかと思います。
    古いBMWオートバイのレギュレータをICレギュレータの交換しようとアメリカから取り寄せましたが、取説ナシ。
    先方のエンジニアとメールでやり取りして配線が判ったなんてのは、
    日常茶飯事です。

  • 安物中華製の電子部品は前後の部品まで壊す物が有るので
    使うには怖い存在ですので
    ついつい高目のOEM品になりがちですね。
    それでも純正部品い比べたら3~4割は安いですよ。

    それともう1つ気になるのは純正部品でも
    新車装着品よりも補修部品の方が圧倒的に短命ですね。
    多分、複数社購買しているために新車時採用品と
    違う下請け工場の物なのでしょう。

  • ドイツの事情を知らないのですね

    ドイツでは車を買うと
    その車種の分厚い説明書を本屋で買うものなのです
    ファイルみたいになっていて
    パーツごとにページを外すことができます

    本にはパーツ1つ1つの構成図が記載されていて
    どこになにが使われているが
    みんな勉強するものなのです

    自分が乗ってる車を一番知らないのが日本人

    ドイツは昔から本格修理じゃなければ
    自分でできるのが普通なので
    パーツも自分で買ってきます

  • E320乗ってました。
    足回りは社外品、ブレーキパッドもそうでした。
    ベンツのブレーキダストは酷いので改善されるものに。
    ホイールも社外品にしてました(ロリンザー)。
    価格は国産同価格帯の車をいじるのと変わりはありません。
    オーディオは日本製と外国製を組合せて。

  • その手の、現地代理店や、簡単な物ならEbayとかで手配かければ、ベンツやBMW・アウディ等のサードパーティ部品やOEMパーツなんて、国産車以上に見つかります。
    リビルト品なども、入手ルートを見つければ比較的簡単に手に入ります。
    しかし、輸入車修理で食ってる皆さん、ルートは素人に教えませんから、いろいろ伝手や人脈駆使して部品入手できれば、スキルによってはV10のBMW維持するのも結構現実的にできちゃいます。

  • 世界的にみりゃむしろドイツ車の方が社外品は多いが。なんせ部品が高いから。あと偽物もね、当然の流れだけど。

8件中1~8件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

中古車選びの不安にサヨナラ! Hondaの「U-Select」に注目の理由

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

マイカー登録はこちら

ダイハツロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

中古車メルセデス・ベンツ Vクラスアクセスランキング
  1. 1位 V220 d アバンギャルド ロング AMGライン ディーゼルターボ
    V220 d アバンギャルド ロング AMGライン ディーゼルターボ
    8,500,000円(東京)
  2. 2位
    V220 d アバンギャルド ロング AMGライン ディーゼルターボ
    8,900,000円(千葉)
  3. 3位
    ブラバス D30 新車 4x4
    17,900,000円(東京)
  4. 4位
    V220 d アバンギャルド ロング ディーゼルターボ
    12,500,000円(大阪)
  5. 5位
    ブラバス D30 新車 4輪駆動
    17,900,000円(東京)

※2020年4月3日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)