新車価格(税込)

1293.02040.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

855.02160.0万円

中古車を検索

グレード情報Sクラス

ユーザーレビュー28件Sクラス

Sクラス

  • 操作しやすい
  • 見た目のデザインが良い
  • 高速走行が快適

平均総合評価

4.4
走行性能:
4.4
乗り心地:
4.7
燃費:
3.8
デザイン:
4.2
積載性:
4.0
価格:
3.0

専門家レビュー3件Sクラス

所有者データSクラス

  • グレード所有ランキング上位3位

    1. S400d 4マチック_RHD_4WD(AT_3.0)
    2. S500 4マチック(ISG搭載モデル)_RHD_4WD(AT_3.0)
    3. S400d 4マチック_RHD_4WD(AT_3.0)
  • 人気のカラー

    1. シルバー
  • 人気の駆動方式

    AWD
    全輪駆動
    FF
    前輪駆動
    FR
    後輪駆動
    MR
    後輪駆動(ミッドシップエンジン)
    RR
    後輪駆動(リアエンジン)
  • 男女比

    男性
    88.9%
    女性
    8.5%

    その他 2.4%

  • 人気の乗車人数

  • 居住エリア

    1. 関東地方 51.3%
    2. 近畿地方 22.5%
    3. 東海地方 7.9%
  • 年代

  • 年収

車両データと所有者データの数値はマイカーデータとPayPayカードのデータのデータを集計したもの。無回答を除く。

中古車相場 Sクラス

平均値を表示しています。

Sクラス

Sクラスの中古車平均本体価格

1266.2万円

平均走行距離15,449km

買取情報Sクラス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車、今いくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

このクルマについて Sクラス

2021年1月

■2021年1月
メルセデス・ベンツ日本は、フラッグシップセダン「Sクラス」を2021年1月28日にフルモデルチェンジ、同日より販売を開始した。

8年ぶりのフルモデルチェンジでは「センシュアル ピュリティ(官能的純粋)を追求したデザイン」、「人間中心の最新技術」、「安全性のさらなる追求」などをテーマに、「現代に求められるラグジュアリー」を再定義し、新型はそれらの充実を図った意欲的なモデルとした。

エクステリアはラインやエッジを大幅に削減した、シンプルかつクリーンな面構成を特徴とする。ヘッドライトは先代よりも上下に薄く、メルセデス・ベンツ車では初となる格納型のドアハンドルを採用。ボディサイズは全長5180(5290・ロング)㎜×全幅1920㎜×全高1505㎜、ホイールベース3105(3215)㎜。新型の前面投影面積はわずかに拡大しているが、Cd値は0.22と世界最高水準のエアロダイナミクスを実現しており、省燃費性能も追求されている。

インテリアはデジタルとアナログの調和を図り、センターコンソール上部に縦型12.8インチの「有機ELメディアディスプレイ」を装着。「アンビエントライト」は先代に対してLED光源数を40個から標準ボディで247個、ロングボディで263個に増加。周囲の明るさに応じて日中モードと夜間モードが自動で切り替わり、手動で64色、20段階で調節可能だ。

対話型インフォテインメントシステム「MBUX」はさらに進化して、音声認識だけではなく、今回初めて前後席4席のどの席から発話されているかを聞き分け、アンビエントライトでその席をハイライトし、発話者のゾーンのみ温度設定を変更したり、エンターテインメントシステムを操作するなど、それぞれの席に紐付いたコマンドを実行することが可能という。

さらに手のジェスチャーでさまざまな操作が可能となり、たとえばVサインによってお気に入りの機能のショートカットが有機ELメディアディスプレイに表示できたり、リーディングライトやサーチライトのオン・オフ、パノラミックスライディングルーフとサンシェードの開閉、ドライバーがバックギヤにシフトしてうしろを振り返るとリヤウィンドウの電動ブラインドが自動で開くといった利便性の高さも見逃せない。シートポジションの設定もドライバーの顔、指紋、声の3種類いずれかの生体認証、もしくはPINコードによる計4種類の認証が可能。助手席や後席左右についても声、もしくはPINコードによる認証により、、シートポジションなどの読み込みが可能となっている。

ナビゲーションについても有機ELメディアディスプレイだけではなく、フロントウィンドウに投影する世界初の「AR(拡張現実)ナビゲーション」をメーカーオプションとして用意。従来、目的地を設定すると地図上に進むべき道路が表示されるが、新型Sクラスではフロントウィンドウにも表示され、進むべき道路が約10m先の景色に重ねて矢印で表示される。また、インストルメントクラスターは、速度計などの表示が立体的に見える「3Dコックピットディスプレイ」を設定した。

パワーユニットは最高出力320kW(435ps)/6100rpm、最大トルク520Nm/1800~5800rpmを発生する3.0リッター直6ガソリンターボを「S400」と「S500」に、さらに最高出力243kW(330ps)/3600~4200rpm、最大トルク700Nm/1200~3200rpmを発生する3.0リッター直6ディーゼルターボを「S400d」と「S500d」に搭載する。ガソリン車はISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)」や「48V電気システム」の組み合わせで高効率な走りを追求した。トランスミッションはいずれも9速ATの「9Gトロニック」を採用し、全モデルが四輪駆動の「4マチック」となる。後輪操舵システム「リア・アクスルステアリング」も採用されており、低速走行時には小回り性が向上し、高速走行時には走行安定性を高めてくれる。

安全運転支援システムは新たな機能も追加。「アクティブステアリングアシスト」は、必要な車線認識を従来のステレオマルチパーパスカメラだけではなく、360度カメラシステムも使用することで対応可能なカーブが増え、高速道路ではいままで以上に精密な車線中央を維持することが可能となった。また、「アクティブエマージェンシーストップアシスト」は、アクティブディスタンスアシスト・ディストロニックとアクティブステアリングが使用されていない状態でも作動するようになっている。安全装備については、世界初の後席用エアバッグをロングボディにオプション設定とした。

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。