新車価格(税込)

1065.02060.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

48.0890.0万円

中古車を検索

グレード情報Sクラス

ユーザーレビュー39件Sクラス

Sクラス

  • 操作しやすい
  • 見た目のデザインが良い
  • 高速走行が快適

平均総合評価

4.4
走行性能:
4.6
乗り心地:
4.6
燃費:
3.0
デザイン:
4.8
積載性:
3.9
価格:
3.4

専門家レビュー3件Sクラス

所有者データSクラス

  • グレード所有ランキング上位3位

    1. S550 ロング_LHD(AT_5.5)
    2. S350 ブルーエフィシェンシーグランドエディション_RHD(AT_3.5)
    3. S350_RHD(AT_3.5)
  • 人気のカラー

    1. シルバー
  • 人気の駆動方式

    AWD
    全輪駆動
    FF
    前輪駆動
    FR
    後輪駆動
    MR
    後輪駆動(ミッドシップエンジン)
    RR
    後輪駆動(リアエンジン)
    AWD
    1.2%
  • 男女比

    男性
    94.3%
    女性
    4.1%

    その他 1.4%

  • 人気の乗車人数

  • 居住エリア

    1. 関東地方 37.5%
    2. 近畿地方 16.6%
    3. 東海地方 13.0%
  • 年代

  • 年収

車両データと所有者データの数値はマイカーデータとPayPayカードのデータのデータを集計したもの。無回答を除く。

中古車相場 Sクラス

平均値を表示しています。

Sクラス

Sクラスの中古車平均本体価格

167.0万円

平均走行距離68,886km

買取情報Sクラス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車、今いくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

リセール価値Sクラス

走行距離別リセール価値の推移

Sクラス
グレード:
S550 ロング_LHD(AT_5.5)

5年後の売却予想価格

新車価格

1410.0万円

売却予想価格

45.2万円

新車価格の 3%

年間平均走行距離
  • 5千km
  • 1万km
  • 2万km
年間平均
走行距離
2025年
1年後
2027年
3年後
2029年
5年後
2031年
7年後
5千km 77万円 61万円

45万円

新車価格の
3%

30万円

新車価格の
2%

1万km 76万円 58万円 41万円 24万円
2万km 74万円 53万円 32万円 12万円

リセール価値のデータは、弊社が独自に算出した参考データであり、将来性・正確性等を保証するものではありません。

このクルマについて Sクラス

2011年7月

■2011年7月
1954年に初代モデルが発売されて以来、世界の自動車の歴史をリードしてきたのがSクラス。2005年10月に現行モデルが登場した。ひと回り大きくなったボディは、ダイナミックでエレガントな外観を与えられ、インパネ周りはウォールナットパネルなど自然素材の採用によって高い品質を表現したほか、ダイヤル式コマンドコントローラーにより、操作系を革新した。当初の搭載エンジンは3.5リッターのV6と5.5リッターのV8、5.5リッターのV12・ツインターボなど。安全システムを総合的したプロセーフという新しい概念を採用した。2006年5月には6.0リッターのV12・ツインターボを搭載するS65 AMGロングを追加。2006年6月には5.5リッターのV12・ツインターボを搭載するS600ロングも追加設定された。同年11月には新しい4WDシステムを持つS550 4MATICを追加。2007年3月にはS65 AMGに加えてS63 AMGを設定した。同年8月にはS65 AMGロング、10月にはS600ロングの装備や仕様を変更。2008年11月には主要グレードにアダプティブブレーキランプやキーレスゴーを設定し、2009年1月にはS350にもこれを採用して全車に適用した。2009年9月には内外装の変更や安全装備の充実化を図ると同時に、輸入車初のハイブリッド車を追加した。2010年11月にはハイブリッドに標準ボディを追加し、S63 AMGのエンジンをV型8気筒5.5リッターツインターボに変更した。 2011年7月には、V型6気筒の3.5リッターエンジンを直噴仕様に変更するなどの改良を加えて燃費と動力性能を大幅に向上したほか、S550系には4.7リッターのV型8気筒ツインターボエンジンを搭載するなど改良加え、これらのグレード名にブルーエフィシェンシーを使うようになった。

■2011年11月
1954年に初代モデルが発売されて以来、世界の自動車の歴史をリードしてきたのがSクラス。2005年10月に現行モデルが登場した。ひと回り大きくなったボディは、ダイナミックでエレガントな外観を与えられ、インパネ周りはウォールナットパネルなど自然素材の採用によって高い品質を表現したほか、ダイヤル式コマンドコントローラーにより、操作系を革新した。当初の搭載エンジンは3.5リッターのV6と5.5リッターのV8、5.5リッターのV12・ツインターボなど。安全システムを総合的したプロセーフという新しい概念を採用した。2006年5月には6.0リッターのV12・ツインターボを搭載するS65 AMGロングを追加。2006年6月には5.5リッターのV12・ツインターボを搭載するS600ロングも追加設定された。同年11月には新しい4WDシステムを持つS550 4MATICを追加。2007年3月にはS65 AMGに加えてS63 AMGを設定した。同年8月にはS65 AMGロング、10月にはS600ロングの装備や仕様を変更。2008年11月には主要グレードにアダプティブブレーキランプやキーレスゴーを設定し、2009年1月にはS350にもこれを採用して全車に適用した。2009年9月には内外装の変更や安全装備の充実化を図ると同時に、輸入車初のハイブリッド車を追加した。2010年11月にはハイブリッドに標準ボディを追加し、S63 AMGのエンジンをV型8気筒5.5リッターツインターボに変更した。 2011年7月には、V型6気筒の3.5リッターエンジンを直噴仕様に変更するなどの改良を加えて燃費と動力性能を大幅に向上したほか、S550系には4.7リッターのV型8気筒ツインターボエンジンを搭載するなど改良加え、これらのグレード名にブルーエフィシェンシーを採用した。2011年11月には追突軽減ブレーキなどをセットにしたレーダーセーフティパッケージをハイブリッド車を除くSクラス全車に標準装備した。

■2012年5月
1954年に初代モデルが発売されて以来、世界の自動車の歴史をリードしてきたのがSクラス。2005年10月に現行モデルが登場した。ひと回り大きくなったボディは、ダイナミックでエレガントな外観を与えられ、インパネ周りはウォールナットパネルなど自然素材の採用によって高い品質を表現したほか、ダイヤル式コマンドコントローラーにより、操作系を革新した。当初の搭載エンジンは3.5リッターのV6と5.5リッターのV8、5.5リッターのV12・ツインターボなど。安全システムを総合的したプロセーフという新しい概念を採用した。2006年5月には6.0リッターのV12・ツインターボを搭載するS65 AMGロングを追加。2006年6月には5.5リッターのV12・ツインターボを搭載するS600ロングも追加設定された。同年11月には新しい4WDシステムを持つS550 4MATICを追加。2007年3月にはS65 AMGに加えてS63 AMGを設定した。同年8月にはS65 AMGロング、10月にはS600ロングの装備や仕様を変更。2008年11月には主要グレードにアダプティブブレーキランプやキーレスゴーを設定し、2009年1月にはS350にもこれを採用して全車に適用した。2009年9月には内外装の変更や安全装備の充実化を図ると同時に、輸入車初のハイブリッド車を追加した。2010年11月にはハイブリッドに標準ボディを追加し、S63 AMGのエンジンをV型8気筒5.5リッターツインターボに変更した。 2011年7月には、V型6気筒の3.5リッターエンジンを直噴仕様に変更するなどの改良を加えて燃費と動力性能を大幅に向上したほか、S550系には4.7リッターのV型8気筒ツインターボエンジンを搭載するなど改良加え、これらのグレード名にブルーエフィシェンシーを採用した。2011年11月には追突軽減ブレーキなどをセットにしたレーダーセーフティパッケージをハイブリッド車を除くSクラス全車に標準装備した。2012年5月には、S550ブルーエフィシェンシーロング、S63AMGロングの特別仕様車、デジーノ リミテッドを限定発売した。

■2012年8月
1954年に初代モデルが発売されて以来、世界の自動車の歴史をリードしてきたのがSクラス。2005年10月に現行モデルが登場した。ひと回り大きくなったボディは、ダイナミックでエレガントな外観を与えられ、インパネ周りはウォールナットパネルなど自然素材の採用によって高い品質を表現したほか、ダイヤル式コマンドコントローラーにより、操作系を革新した。当初の搭載エンジンは3.5リッターのV6と5.5リッターのV8、5.5リッターのV12・ツインターボなど。安全システムを総合的したプロセーフという新しい概念を採用した。2006年5月には6.0リッターのV12・ツインターボを搭載するS65 AMGロングを追加。2006年6月には5.5リッターのV12・ツインターボを搭載するS600ロングも追加設定された。同年11月には新しい4WDシステムを持つS550 4MATICを追加。2007年3月にはS65 AMGに加えてS63 AMGを設定した。同年8月にはS65 AMGロング、10月にはS600ロングの装備や仕様を変更。2008年11月には主要グレードにアダプティブブレーキランプやキーレスゴーを設定し、2009年1月にはS350にもこれを採用して全車に適用した。2009年9月には内外装の変更や安全装備の充実化を図ると同時に、輸入車初のハイブリッド車を追加した。2010年11月にはハイブリッドに標準ボディを追加し、S63 AMGのエンジンをV型8気筒5.5リッターツインターボに変更した。 2011年7月には、V型6気筒の3.5リッターエンジンを直噴仕様に変更するなどの改良を加えて燃費と動力性能を大幅に向上したほか、S550系には4.7リッターのV型8気筒ツインターボエンジンを搭載するなど改良加え、これらのグレード名にブルーエフィシェンシーを採用した。2011年11月には追突軽減ブレーキなどをセットにしたレーダーセーフティパッケージをハイブリッド車を除くSクラス全車に標準装備した。2012年5月には、S550ブルーエフィシェンシーロング、S63AMGロングの特別仕様車、デジーノ リミテッドを限定発売した。2012年8月には、上質感とスポーティさを一層引き立てた特別仕様車「S350 ブルーエフィシェンシーグランドエディション」「S550  ブルーエフィシェンシーロンググランドエディション」を発売した。

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。