現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日本が先行した“早すぎた技術”が見直されるかも! 電気自動車で一気に広まりそうな「4WS」とは?

ここから本文です

日本が先行した“早すぎた技術”が見直されるかも! 電気自動車で一気に広まりそうな「4WS」とは?

掲載 更新 100
日本が先行した“早すぎた技術”が見直されるかも!  電気自動車で一気に広まりそうな「4WS」とは?

自動車関係の用語ではアルファベットの略称を使うことも多いのですが、最近よく目にする「4WS」は、しばしば勘違いしている人を見かける用語かもしれません。

「4WD」は四輪駆動のことですが、4WSは駆動方式とはまったく関係のない用語です。といっても、4W(WはWheel)が「四輪」を示すところまでは共通で、最後のSは「ステアリング」の頭文字、すなわち操舵機構を前後にもったクルマという意味になります。つまり前輪同様に、後輪も向きを変える仕組みをもったクルマということ。

>>メルセデス・ベンツ Sクラスのおすすめグレードとユーザーの評価を見てみる

世界に先駆けて4WSを採用したのは80年代の日本車たち
この4WS自体は目新しいものではなく、日本では世界に先駆けて、1980年代に国産車でブームになったことがありました。「日産 スカイライン」に搭載された「HICAS(ハイキャス)」を筆頭に、「ホンダ プレリュード」や「マツダ カペラ」「三菱 ギャラン」などに採用されていたのです。

筆者はカペラから進化した「マツダ センティア」という4WS搭載車に乗っていた時期がありますが、後輪が前輪と逆方向(逆位相)に動くことにより、大きなボディとは思えないほど小回りが効く様には驚かされました。一方で、縦列駐車などでは不自然な動きもあるなど、違和感を指摘するユーザーから敬遠されるようになり、徐々に廃れていったという経緯があります。

欧州の大型高級車で4WSが見直される
一度は消えた技術となった4WSですが、欧州で再評価されます。ポルシェやルノーなどが4WSを活用して、高速コーナリングでの安定感を増すようなスポーツ性能を高めたのです。

さらに、「メルセデス・ベンツ Sクラス」や「ベントレー フライングスパー」といった超高級車も4WSを採用。とくにSクラスは大柄なボディながら小回り性能を高めたことをアピールしています。クルマの大型化は世界的なトレンドで、特に高級車の場合、ボディをダウンサイジングするというのは商品企画的に難しいものです。そうなると4WS機構によって小回り性能を高めるというのは必然の流れなのかもしれません。

バッテリーが大きな電気自動車で4WSの採用が広まりそう
ところで、こうした最新モデルでは、かつての4WSのように違和感を指摘する声はほとんどなく、違和感などは解決済みの完成された技術として評価されています。このまま4WSは高級車からだんだんと大衆モデルへと広まっていくのでしょうか?

そのヒントは電気自動車(BEV)にあります。BEVは航続距離を稼ぐためには多くのバッテリーを積まなくてはなりません。そして衝突安全性を考えると、バッテリーは前後タイヤの間に配置するのが定石です。

前後タイヤ間の距離のことをホイールベースと呼びますが、このような理由から電気自動車ではホイールベースが長くなりがち。このホイールベースが長くなると回転半径が大きくなってしまうので、電気自動車の時代になると、大衆モデルでも取り回しに難ありというクルマが増えてくることが予想されています。

そうした問題を解決するのが4WS技術です。電子制御を用いて、ハンドル操作に合わせて最適な切れ角で後輪を操舵させることができれば、ホイールベースが伸びてしまったネガは解決できるからです。

タイヤを電気信号とモーターで操舵する技術にも期待
合わせて覚えておきたい技術に「ステアリング・バイワイヤ」があります。

これは、従来のように物理的なステアリングシャフトを介してタイヤを動かすのではなく、ハンドル操作を電気信号に置き換えてモーターでタイヤを操舵する技術で、トヨタ初の量産EVとなる「bZ4X」などが一部地域で採用予定です。

ステアリング・バイワイヤであればハンドル操作に関係なく四輪を自在に制御することができるため、4WSを状況に応じて最適に動かして、操縦性や走行安定性を高めることが期待できるでしょう。

文:山本晋也(自動車コミュニケータ・コラムニスト)
写真:
1、2枚目:メルセデス・ベンツ Sクラス(4WSを搭載)
3、4枚目:トヨタ bZ4X(ステアリング・バイワイヤを一部地域で搭載予定)

こんな記事も読まれています

レンジローバーのV8を「3モーター」に交換! 感動モノの速さと洗練性 JIAチーフテン EVへ試乗
レンジローバーのV8を「3モーター」に交換! 感動モノの速さと洗練性 JIAチーフテン EVへ試乗
AUTOCAR JAPAN
19歳女子レーサーが初愛車トヨタ「86」のブレーキパッド選び「エンドレス」にブレーキの基本のキから聞いてみました【令和女子旧車に乗る_番外編】
19歳女子レーサーが初愛車トヨタ「86」のブレーキパッド選び「エンドレス」にブレーキの基本のキから聞いてみました【令和女子旧車に乗る_番外編】
Auto Messe Web
アロンソ9位「SCを待ったが狙いどおりにならず」ストロールは最後方から入賞:アストンマーティン/F1第1戦決勝
アロンソ9位「SCを待ったが狙いどおりにならず」ストロールは最後方から入賞:アストンマーティン/F1第1戦決勝
AUTOSPORT web
首都高どうした!? 「僕を無視しないで!」笑撃のショート動画を公表した、ちょっと心配な背景
首都高どうした!? 「僕を無視しないで!」笑撃のショート動画を公表した、ちょっと心配な背景
乗りものニュース
ノリス6位「最善の結果。1年前と比べると間違いなく進歩した」マクラーレン/F1第1戦決勝
ノリス6位「最善の結果。1年前と比べると間違いなく進歩した」マクラーレン/F1第1戦決勝
AUTOSPORT web
2024年版 使い勝手良し、走り良し!「最強」電動SUV 10選 カテゴリー別ランキング
2024年版 使い勝手良し、走り良し!「最強」電動SUV 10選 カテゴリー別ランキング
AUTOCAR JAPAN
「学生フォーミュラ日本大会2024」に106チームがエントリー!「Aichi Sky Expo」で9月9日~14日に開催される大会の内容とは
「学生フォーミュラ日本大会2024」に106チームがエントリー!「Aichi Sky Expo」で9月9日~14日に開催される大会の内容とは
Auto Messe Web
サルーンボディを切り貼り! フォード・ゼファー MkII ファーナム・エステート(1) 生き残りをかけたワゴン
サルーンボディを切り貼り! フォード・ゼファー MkII ファーナム・エステート(1) 生き残りをかけたワゴン
AUTOCAR JAPAN
「英国王室」御用達ワゴン フォード・ゼファー MkII ファーナム・エステート(2) 汚れた荷物は積みたくない
「英国王室」御用達ワゴン フォード・ゼファー MkII ファーナム・エステート(2) 汚れた荷物は積みたくない
AUTOCAR JAPAN
車のトラブル“非JAF会員”はかなり高く!? ロードサービスの料金を大幅改定 会員向けは拡充
車のトラブル“非JAF会員”はかなり高く!? ロードサービスの料金を大幅改定 会員向けは拡充
乗りものニュース
メルセデス、冷却レベルを誤り、2台がオーバーヒートに苦しむ「トラブルだらけのレース」とハミルトン/F1第1戦
メルセデス、冷却レベルを誤り、2台がオーバーヒートに苦しむ「トラブルだらけのレース」とハミルトン/F1第1戦
AUTOSPORT web
ハイエースより万能? 日本上陸した欧州の「ド定番商用バン」使い道は変幻自在! キャンピングカー界から飛躍なるか
ハイエースより万能? 日本上陸した欧州の「ド定番商用バン」使い道は変幻自在! キャンピングカー界から飛躍なるか
乗りものニュース
MINIクーパー3ドアが10年ぶりにフルモデルチェンジ|MINI
MINIクーパー3ドアが10年ぶりにフルモデルチェンジ|MINI
OPENERS
280馬力超え&MT設定あり! 新型「爆速ミニバン」初公開!ド派手カラー設定+専用エアロでもはや“ファミリーカー”感なし! 「MS-RT」英に登場
280馬力超え&MT設定あり! 新型「爆速ミニバン」初公開!ド派手カラー設定+専用エアロでもはや“ファミリーカー”感なし! 「MS-RT」英に登場
くるまのニュース
“スーパー”なステーションワゴンだった──新型アウディRS6アヴァントパフォーマンス試乗記
“スーパー”なステーションワゴンだった──新型アウディRS6アヴァントパフォーマンス試乗記
GQ JAPAN
フランス発ルーフトップテント「ナイトアップ」日本上陸!大人2人から使えるスタイリッシュ仕様
フランス発ルーフトップテント「ナイトアップ」日本上陸!大人2人から使えるスタイリッシュ仕様
グーネット
悲願の初勝利へ“言い訳無用”のチーム体制強化【2024全チームプレビュー/Kids com Team KCMG】
悲願の初勝利へ“言い訳無用”のチーム体制強化【2024全チームプレビュー/Kids com Team KCMG】
AUTOSPORT web
ルノー 「カングー」で楽しむキャンプライフ提案! アウトドアデイジャパン東京2024
ルノー 「カングー」で楽しむキャンプライフ提案! アウトドアデイジャパン東京2024
グーネット

みんなのコメント

100件
  • いらない
    重くなるだけだ
  • BM試乗したらハンドリングが鋭過ぎて驚いて店員さんに聞いたら4WSって言ってたわ。もう当たり前過ぎて売り文句にしてないってさ。
    日本車は熟成や継続を嫌う。パクれば良いってメーカーが主流ばかり。中国とそう変わらない。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1518.02233.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.12580.0万円

中古車を検索
Sクラスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1518.02233.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.12580.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村