新車価格(税込)

358.0549.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

105.8389.0万円

中古車を検索

グレード情報GLAクラス

マイナーチェンジ一覧2件2014年5月〜デビュー GLAクラス

ユーザーレビュー54件GLAクラス

GLAクラス

  • 最適なサイズ
  • 運転が楽しい
  • エンジンが良い

平均総合評価

4.2
走行性能:
4.0
乗り心地:
3.8
燃費:
3.5
デザイン:
4.3
積載性:
3.1
価格:
3.7

専門家レビュー4件GLAクラス

所有者データGLAクラス

  • グレード所有ランキング上位3位

    1. GLA220 4マチック_RHD_4WD(AT_2.0)
    2. GLA180_RHD(AT_1.6)
    3. GLA250 4マチック スポーツ_RHD_4WD(AT_2.0)
  • 人気のカラー

    1. シルバー
  • 人気の駆動方式

    AWD
    全輪駆動
    FF
    前輪駆動
    FR
    後輪駆動
    MR
    後輪駆動(ミッドシップエンジン)
    RR
    後輪駆動(リアエンジン)
    FF
    38.3%
  • 男女比

    男性
    88.5%
    女性
    10.5%

    その他 0.9%

  • 人気の乗車人数

  • 居住エリア

    1. 関東地方 45.8%
    2. 近畿地方 14.3%
    3. 東海地方 8.8%
  • 年代

  • 年収

車両データと所有者データの数値はマイカーデータとPayPayカードのデータのデータを集計したもの。無回答を除く。

中古車相場 GLAクラス

平均値を表示しています。

GLAクラス

GLAクラスの中古車平均本体価格

196.3万円

平均走行距離43,492km

買取情報GLAクラス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車、今いくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

リセール価値GLAクラス

走行距離別リセール価値の推移

GLAクラス
グレード:
GLA220 4マチック_RHD_4WD(AT_2.0)

5年後の売却予想価格

新車価格

467.0万円

売却予想価格

28.0万円

新車価格の 6%

年間平均走行距離
  • 5千km
  • 1万km
  • 2万km
年間平均
走行距離
2025年
1年後
2027年
3年後
2029年
5年後
2031年
7年後
5千km 80万円 54万円

28万円

新車価格の
6%

2万円

新車価格の
0%

1万km 79万円 50万円 20万円 0万円
2万km 76万円 41万円 5万円 0万円

リセール価値のデータは、弊社が独自に算出した参考データであり、将来性・正確性等を保証するものではありません。

このクルマについて GLAクラス

2014年5月

■2014年5月
メルセデス・ベンツ日本は、コンパクトSUVのセグメントに新規参入するGLAクラスを2014年5月29日に発売した。

GLAの外観は全高をやや抑えたパッケージングが特徴で、メルセデスのSUVとしてのDNAを備えながら先進性を表現した若々しく彫刻的なデザインとした。フロントビューはボンネットのパワードームがスポーティさと力強さを印象付けている。サイドビューはヘッドライトからリアホイールアーチまで流れるドロッピングラインと、リアドアからCピラーにかけて上昇するベルトライントリムのラインがリアセクションで融合し、ダイナミズムを演出している。

またボディ全周に配されたダークグレーのクラッディングパーツやアンダーガードがSUVらしさを際立たせている。エアロダイナミクスはCd=0.29とセグメントのトップレベルで、燃費向上、風切り音の低減、高速安定性などに貢献している。

インテリアには全席に採用したヘッドレストレイント一体型スポーツシートを始め、チューブデザインのメーターパネルや丸型のエアアウトレットなどを採用している。

搭載エンジンはGLA180系に搭載される直列4気筒1.6リッターの直噴ターボ仕様と、GLA250系に搭載される直列4気筒2.0リッターの直噴ターボ仕様の2機種。GLA180系はFFで、GLA250系は4MATICの4WDとなる。

可変トルク配分型の4WDシステムである4MATICは、通常はほぼ100%前輪駆動で走行し、状況に応じて効率的に後輪にトルクを配分する仕組み。オフロードや雪道などでは瞬時に適切なトルク配分を行い、高い操縦性と走行安定性を確保。オンロードでもコーナリング時に積極的に後輪にトルクを配分し、俊敏なハンドリングと高い安定性を実現する。

急勾配の下り走行の際、アクセルとブレーキを自動制御して車速を自動調整しドライバーがステアリング操作に集中できるDSR(ダウンヒル・スピード・レギュレーション)や、ステアリング舵角、登坂角、車両傾斜角、方角をCOMANDディスプレイに表示し現在の車両状況が一目でわかるオフロードスクリーンを装備し、SUVとしての性能を高めている。

メルセデス・ベンツの基本的な価値である安全性を体現する最新鋭の安全運転支援システムを搭載されている。自動緊急ブレーキで追突を回避または被害軽減を効果的にサポートするCPAプラス(緊急ブレーキ機能)や、長時間走行時のドライバーの疲労や眠気を70以上のパラメーターで検知して注意を促すアテンションアシストを全車に標準装備した。

車間距離を適切に維持するとともに、先行車が停止した場合は減速して停止する渋滞追従機能を備えたディストロニック・プラスや、ドアミラーの死角範囲をレーダーによってモニターして危険性を警告するブラインドスポットアシストなど、先進の安全運転支援システムのレーダーセーフティパッケージをオプション設定し、高い安全性と快適性を実現した。

GLAクラスにもパフォーマンスモデルのGLA45AMGが設定された。ローダウンされたボディはエアロパーツをまとうほか、19インチのツインスポークアルミホイールやレッドのブレーキキャリパーなどが装着されて外観を引き締めている。

インテリアも専用の本革シートやスポーツステアリング、メーターパネル、デジーノのレッドシーベルトなどが標準となる。

搭載エンジンは専用にチューンされた直列4気筒2.0リッターの直噴ターボ仕様で、265kW(360標準)/450N・mの圧倒的なパワー&トルクを発生し、スピードシフトDCTと組み合わされる。

機能装備はAMGスポーツサスペンション、AMG強化ブレーキシステム、パフォーマンスエグゾーストシステムなどが標準だ。

あわせてGLAの発売を記念して、専用のエクステリアとインテリアを採用した特別仕様車「GLA250 4マチック エディション1」と「メルセデスAMG GLA45 4マチック エディション1」を発売した。

2015年4月1日には価格改定を行った。



■2016年1月
メルセデス・ベンツ日本は、コンパクトSUVのセグメントに新規参入するGLAクラスを2014年5月29日に発売した。

GLAの外観は全高をやや抑えたパッケージングが特徴で、メルセデスのSUVとしてのDNAを備えながら先進性を表現した若々しく彫刻的なデザインとした。フロントビューはボンネットのパワードームがスポーティさと力強さを印象付けている。サイドビューはヘッドライトからリアホイールアーチまで流れるドロッピングラインと、リアドアからCピラーにかけて上昇するベルトライントリムのラインがリアセクションで融合し、ダイナミズムを演出している。

またボディ全周に配されたダークグレーのクラッディングパーツやアンダーガードがSUVらしさを際立たせている。エアロダイナミクスはCd=0.29とセグメントのトップレベルで、燃費向上、風切り音の低減、高速安定性などに貢献している。

インテリアには全席に採用したヘッドレストレイント一体型スポーツシートを始め、チューブデザインのメーターパネルや丸型のエアアウトレットなどを採用している。

搭載エンジンはGLA180系に搭載される直列4気筒1.6リッターの直噴ターボ仕様と、GLA250系に搭載される直列4気筒2.0リッターの直噴ターボ仕様の2機種。GLA180系はFFで、GLA250系は4MATICの4WDとなる。

可変トルク配分型の4WDシステムである4MATICは、通常はほぼ100%前輪駆動で走行し、状況に応じて効率的に後輪にトルクを配分する仕組み。オフロードや雪道などでは瞬時に適切なトルク配分を行い、高い操縦性と走行安定性を確保。オンロードでもコーナリング時に積極的に後輪にトルクを配分し、俊敏なハンドリングと高い安定性を実現する。

急勾配の下り走行の際、アクセルとブレーキを自動制御して車速を自動調整しドライバーがステアリング操作に集中できるDSR(ダウンヒル・スピード・レギュレーション)や、ステアリング舵角、登坂角、車両傾斜角、方角をCOMANDディスプレイに表示し現在の車両状況が一目でわかるオフロードスクリーンを装備し、SUVとしての性能を高めている。

メルセデス・ベンツの基本的な価値である安全性を体現する最新鋭の安全運転支援システムを搭載されている。自動緊急ブレーキで追突を回避または被害軽減を効果的にサポートするCPAプラス(緊急ブレーキ機能)や、長時間走行時のドライバーの疲労や眠気を70以上のパラメーターで検知して注意を促すアテンションアシストを全車に標準装備した。

車間距離を適切に維持するとともに、先行車が停止した場合は減速して停止する渋滞追従機能を備えたディストロニック・プラスや、ドアミラーの死角範囲をレーダーによってモニターして危険性を警告するブラインドスポットアシストなど、先進の安全運転支援システムのレーダーセーフティパッケージをオプション設定し、高い安全性と快適性を実現した。

GLAクラスにもパフォーマンスモデルのGLA45AMGが設定された。ローダウンされたボディはエアロパーツをまとうほか、19インチのツインスポークアルミホイールやレッドのブレーキキャリパーなどが装着されて外観を引き締めている。

インテリアも専用の本革シートやスポーツステアリング、メーターパネル、デジーノのレッドシーベルトなどが標準となる。

搭載エンジンは専用にチューンされた直列4気筒2.0リッターの直噴ターボ仕様で、265kW(360標準)/450N・mの圧倒的なパワー&トルクを発生し、スピードシフトDCTと組み合わされる。

機能装備はAMGスポーツサスペンション、AMG強化ブレーキシステム、パフォーマンスエグゾーストシステムなどが標準だ。

あわせてGLAの発売を記念して、専用のエクステリアとインテリアを採用した特別仕様車「GLA250 4マチック エディション1」と「メルセデスAMG GLA45 4マチック エディション1」を発売した。

2015年4月1日には価格改定を行った。

2016年1月19日には180スポーツをベースに、ナイトパッケージやレーダーセーフティパッケージ、メモリー付電動パワーシート[助手席]などを装備した特別仕様車「180スポーツ ホワイト&ブラックエディション」を220台限定で発売した。

同年6月1日には価格改定を行った。

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。