現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 全部セダンじゃなかった! クルマ好きでも曖昧な「セダン」「4ドアクーペ」「4ドアハードトップ」って何が違う?

ここから本文です

全部セダンじゃなかった! クルマ好きでも曖昧な「セダン」「4ドアクーペ」「4ドアハードトップ」って何が違う?

掲載 更新 15
全部セダンじゃなかった! クルマ好きでも曖昧な「セダン」「4ドアクーペ」「4ドアハードトップ」って何が違う?

 見た目と実用性を両立した「4ドアクーペ」

 クルマのボディ形状には、ご存じの通り、セダン、クーペ、ステーションワゴン、SUV、ミニバン、さらには軽自動車ではスーパーハイト系など、さまざまな呼び名、カタチがある。自動車の基本と言えるセダンは、たとえばトヨタ・クラウンなどを想像してもらえばいいのだが、ボンネット/キャビン/トランクが独立した3ボックスの乗用車だ。ちなみにセダンはアメリカ、同義語のサルーンはイギリス由来の呼び方である。これがイタリアになるとクワトロポルテとなる。

若者オーナー皆無! キング・オブ・おやじセダンTOP5

 セダンは4ドアであることが必須だが、同じ4ドアでも「4ドアクーペ」なるものがある。セダンとどう違うのかと言えば、プラットフォーム、下半身はほぼセダンなのだが(ベース車と同じという意味)、クーペの流麗なルーフライン、リヤセクションなどをデザイン性で用いつつ、4ドアとしたのが4ドアクーペ。メルセデスベンツのCLSあたりを想像してもらえば分かりやすいと思う。ベースはEクラスセダンで、それにクーペのようなゴージャスな上半身を持つ1台だ。

 ただし、流麗なスタイリングを演出するため、ルーフが低まり、キャビンの頭上方向の余裕、乗降性についてはセダンよりやや後退するのが普通である。また、ホンダ・クラリティも、デザイン的には4ドアクーペと呼んでいいと思われる。

 SUVでも初代ホンダ・ヴェゼルがそうであったように、下半身はSUV、上半身はクーペというエクステリアデザインが、今も世界的に人気絶大であることからも分かるように、クーペ的上半身デザインはさまざまな車種で用いられ、トレンドになっている。

 新しいメルセデスベンツGLAもまさにそうで、GLBのいかにもSUV的なデザインとは一線を画したクーペライクでスタイリッシュかつカジュアル感ある上半身が個性、特徴となっている。

 意外なる4ドアクーペと言えるのが、マツダのスポーツカー、RX-8だろう。カタチは紛れもなくスポーツカーだが、センターピラーレスではあるものの、目立たないようにはデザインされた観音開き式のリヤドアをしっかり備えている。スポーツ4ドアクーペとして分類できそうなクルマと言っていい。

 4ドアクーペは、クーペのようなスタイリングのクルマが欲しいけれど、ファミリーカーとしてリヤドアは不可欠、そんなユーザーに向いている。クーペライクなルーフラインから、全高が低めになっている例も多く、後席乗降性、居住性でやや不満アリの車種もあるにはあるが、全高の低さによるデメリットを感じにくい、前後席ともにゆったりできるモデルも少なくない。

 かつては「4ドアハードトップ」の国産名車も誕生

 ところで、箱型の4ドアながら、セダンとは呼ばれずに、4ドアハードトップと称されるクルマがある。国産車ではもはや絶滅危惧種だが、かつてはトヨタ・クラウンやマークII、チェイサー、クレスタにハードトップモデルが存在し、ハイソカーブームの頃には、若い世代に向けたスタイリッシュな4ドアモデルのトヨタ・カリーナED(全高1300mmちょっとと低全高なのも特徴)が一世を風靡したこともある(流行したのは1980~1990年代初頭)。

 カリーナEDの対抗車として登場したマツダのペルソナに至っては、カペラをベースにした4ドアハードトップだったのだが、女優イングリッド・バーグマンをイメージ!? したというインテリアの一流ホテルやラウンジを思わせるソファ感覚の豪華絢爛な仕立て(本革シート仕様)に弩肝を抜かされたものだった。が、カリーナEDの大ヒットとは違い、1代限りの短命に終わっている。

 4ドアハードトップが、セダンの全高を低めただけならば、低全高セダンと呼んでもいいところだが、ハードトップは独自の構造を持つため、セダンとは分類しなければならない。それは、セダンなら前後ドアのウインドウ部分にサッシュ=窓枠とセンターピラー=Bピラーが付いているのに対して、ハードトップはサッシュ=窓枠、そしてセンターピラー=Bピラーが付いていないのが特徴となるからだ。

 だからハードトップの前後ドアのウインドウを全開にすると、窓枠やピラーがないため、大きな開口部が出現し、解放感が得られるのが魅力。停車時にドアを開けた際も、ウインドウガラスの上部はガラスだけの状態になるわけだ。ただし、Bピラーを目立たないように付けているハードトップモデルもあったりする。その呼び名はピラードハードトップとなる。

 ただし、筆者は4ドアハードトップのカリーナEDを所有していたことがあるのだが、前席はともかく、後席の乗り降り、居住性はセダンと別物で、スタイリッシュさと引き換えに、とくに乗降時、乗車時の頭上方向の窮屈さを感じたものだった。当時としては、前席優先のデートカーとしてブレークしていたと思われる。

 そんなハードトップが今、見られなくなった背景には、衝突安全性やボディ剛性の確保がある。Bピラーレス、サイドウインドウにサッシュ=窓枠がない構造だと、どうしても側面衝突での安全性やボディ剛性で劣ってしまい、今日の厳しい安全基準になかなか対応できず、高いボディ剛性がもたらす走りの質も上げられないからである。ただし、ドイツ車などの輸入車には、依然として4ドアハードトップモデルが存在する。Bピラー&サッシュレスの問題点を解決しているということだろう。

こんな記事も読まれています

鬼セマ“酷道”見違える変化!? 「名阪国道」と表裏一体の「非名阪」国道25号が大改良 大型も通れる…!!
鬼セマ“酷道”見違える変化!? 「名阪国道」と表裏一体の「非名阪」国道25号が大改良 大型も通れる…!!
乗りものニュース
マツダが新型「すごいロードスター」発売! 見た目変わった!? 大幅改良の反響は?
マツダが新型「すごいロードスター」発売! 見た目変わった!? 大幅改良の反響は?
くるまのニュース
【PA飯】首都高「八潮PA」の限定メニュー実食 「ちゃんぽん店」の「かつ丼」は「謎味」だった!?
【PA飯】首都高「八潮PA」の限定メニュー実食 「ちゃんぽん店」の「かつ丼」は「謎味」だった!?
バイクのニュース
【IAAE 2024】自動車アフターマーケットの最前線 3月5-7日にビッグサイトで開催
【IAAE 2024】自動車アフターマーケットの最前線 3月5-7日にビッグサイトで開催
レスポンス
インパネシフトはもはや絶滅危惧種!? SUVでも採用続けるクロスビーはやっぱり優秀すぎる
インパネシフトはもはや絶滅危惧種!? SUVでも採用続けるクロスビーはやっぱり優秀すぎる
ベストカーWeb
トヨタ「ハイエース」と日産「キャラバン」を5ナンバー化! 快適車中泊だけじゃない隠れたメリットとは
トヨタ「ハイエース」と日産「キャラバン」を5ナンバー化! 快適車中泊だけじゃない隠れたメリットとは
Auto Messe Web
マナーのつもりでやってる人多数! クルマの通行の邪魔にならないよう歩道に乗り上げての駐停車は違反
マナーのつもりでやってる人多数! クルマの通行の邪魔にならないよう歩道に乗り上げての駐停車は違反
WEB CARTOP
ホンダ、新型二輪車NX400 4月18日発売
ホンダ、新型二輪車NX400 4月18日発売
日刊自動車新聞
ルノーの新型最上位SUVクーペ『ラファール』に「アルピーヌ」仕様設定
ルノーの新型最上位SUVクーペ『ラファール』に「アルピーヌ」仕様設定
レスポンス
ホンダ「最強5ドアスポーツカー」実車公開! 市販化決定の超軽量仕様! 迫力エアロ装備で超カッコイイ「シビック タイプR“フル無限仕様”」とは
ホンダ「最強5ドアスポーツカー」実車公開! 市販化決定の超軽量仕様! 迫力エアロ装備で超カッコイイ「シビック タイプR“フル無限仕様”」とは
くるまのニュース
欧州1月新車、11%増 EV・HVとも好調
欧州1月新車、11%増 EV・HVとも好調
日刊自動車新聞
日曜朝の気分は爆上げ! 光岡自動車がTV新番組『ブンブンジャー』に車輌協力
日曜朝の気分は爆上げ! 光岡自動車がTV新番組『ブンブンジャー』に車輌協力
レスポンス
バイクとクルマの2台持ち! どうやって使い分けるのがいいのか?
バイクとクルマの2台持ち! どうやって使い分けるのがいいのか?
バイクのニュース
なぜ「ユキ」カタカナ表記? 高速道路の電光板で「雪」じゃなく「ユキ」 納得の理由とは
なぜ「ユキ」カタカナ表記? 高速道路の電光板で「雪」じゃなく「ユキ」 納得の理由とは
くるまのニュース
「あのゴルフが…ワゴンになった。」日本ワゴンブームを後押ししたドイツの刺客【懐かしのカーカタログ】
「あのゴルフが…ワゴンになった。」日本ワゴンブームを後押ししたドイツの刺客【懐かしのカーカタログ】
レスポンス
“最後の”ガルウイングが強烈な個性を発揮! オークションに登場した新品同様メルセデス・ベンツ「SLS AMGブラックシリーズ」 その驚きの落札価格とは?
“最後の”ガルウイングが強烈な個性を発揮! オークションに登場した新品同様メルセデス・ベンツ「SLS AMGブラックシリーズ」 その驚きの落札価格とは?
VAGUE
ハミルトン後継も噂のフェルナンド・アロンソ「僕は交渉で良い立場にある」 まずは序盤戦に集中姿勢
ハミルトン後継も噂のフェルナンド・アロンソ「僕は交渉で良い立場にある」 まずは序盤戦に集中姿勢
motorsport.com 日本版
トヨタ「“V8ターボ搭載”SUV」発表! 700万円超え&MT設定もあり! 3つのボディタイプ用意の「新ランクル」南アで発売
トヨタ「“V8ターボ搭載”SUV」発表! 700万円超え&MT設定もあり! 3つのボディタイプ用意の「新ランクル」南アで発売
くるまのニュース

みんなのコメント

15件
  • あれ?昔2ドアセダンありましたよ?
  • ハードトップとはもともとオープンカーにつける「硬い屋根」ことだ
    だから装着してもドアを開けると窓枠はない
    このイメージで固定屋根の4ドア車を作ったのが「4ドアハードトップ」

    「クーペ」はイタリア語で英語の「カット」、リアエンドをズバッと切り落とした形状の車のこと
    その形状のバランスをとるためにルーフが低くなだらか
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

599.0806.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

102.0648.0万円

中古車を検索
GLAクラスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

599.0806.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

102.0648.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村