現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > メルセデス・ベンツのコンパクトSUV「GLAクラス」のおススメグレードと購入時の注意ポイント

ここから本文です

メルセデス・ベンツのコンパクトSUV「GLAクラス」のおススメグレードと購入時の注意ポイント

掲載 31
メルセデス・ベンツのコンパクトSUV「GLAクラス」のおススメグレードと購入時の注意ポイント

メルセデス・ベンツの中でも最もコンパクトなボディを持つSUVがGLAクラスです。高級車ブランドの代表格と知られるメルセデス・ベンツの中でも、最も購入層が若いモデルと言われるGLAクラスは、はじめての輸入車としてもベストな1台ですが、購入を検討する際にはどんな点に注意する必要があるのでしょうか?

若い層に人気!メルセデス・ベンツ最小のSUV、それがGLAクラス
GLAクラスが登場したのは2014年のことでした。TVCMには「スーパーマリオ」が起用されるなど、これまでのメルセデス・ベンツのイメージをくつがえす存在として話題になりました。

>>メルセデス・ベンツ GLAのおすすめグレードとユーザーの評価を見てみる

現在販売されているのは、2020年に発売が開始された2代目です。曲線基調のスタイリッシュな都市型SUVというデザインコンセプトはそのままに、対話型インフォテイメントシステムである「MBUX」を搭載し、なおかつ最上級セダンであるSクラスと同等の、最新の安全運転支援システムが採用されるなど、機能面が大きく向上したのが特徴です。

>>メルセデス・ベンツ GLAのカタロググレードをチェックする

GLAクラスのグレードは4種類!
GLAクラスには大きくわけて4つのグレードが用意されています。まず、1.4Lのガソリンエンジン搭載する最もベーシックなグレードである「GLA 180」、次に、2Lのディーゼルエンジンに4WDシステムを組み合わせた「GLA 250 d 4MATIC」、さらに306馬力を発揮する2Lガソリンエンジンを搭載した「Mercedes-AMG GLA 35 4MATIC」、そして、421馬力の最高出力をもつ最強グレードの「Mercedes-AMG GLA 45 4MATIC+」がラインナップされています。

また、それぞれの価格は以下のとおりです。

GLA 180:532万円
GLA 200 d 4 MATIC:556万円
Mercedes-AMG GLA 35 4MATIC:778万円
Mercedes-AMG GLA 45 4MATIC+:952万円

>>メルセデス・ベンツ GLAのカタロググレードをチェックする

「GLA 180」と「GLA 200 d 4 MATIC」で迷うユーザーが多い?
では、それぞれのグレードを選ぶ決め手となるのはどんな点なのでしょうか? まず、「Mercedes-AMG GLA 35 4MATIC」と「Mercedes-AMG GLA 45 4MATIC+」に関しては、価格もパフォーマンスも飛び抜けているため、それぞれの購入を検討するユーザーは、GLAクラスのほかのグレードと比較して検討する可能性は低いでしょう。

一方、「GLA 180」と「GLA 200 d 4 MATIC」は価格が近く、どちらを選ぶか頭を悩ませるかもしれません。

GLA 180はFWD、200d 4MATICは4WDという駆動方式の違いに加えて、パワートレインのパフォーマンスを見ると、「GLA 180」は最高出力136馬力/最大トルク20.4kgmであるのに対し、「GLA 250 d 4MATIC」は最高出力150馬力/最大トルク32.6kgmと大きく上回ります。

一方、「GLA 180」の方がFWDで排気量が小さい分、車両重量も「GLA 250 d 4MATIC」に比べて約200kg軽量となっています。

つまり、「GLA 180」は軽やかでスポーティな走りが楽しめ、「GLA 250 d 4MATIC」ではSUVらしいどっしりとした走りが魅力であることがわかります。

WLTCモード燃費を見ると、「GLA 180」は14.1km/L、「GLA 250 d 4MATIC」は16.5km/Lとなっています。しかも「GLA 180」はハイオク、「GLA 250 d 4MATIC」は軽油を燃料としているため、燃料費では「GLA 250 d 4MATIC」が有利となります。

このように考えると、「GLA 180」と「GLA 250 d 4MATIC」の車両価格の差は、実際にはそれほど問題にならないかもしれません。

>>メルセデス・ベンツ GLAのカタロググレードをチェックする

都会派は「GLA 180」、アウトドア派は「GLA 200 d 4 MATIC」がベスト
「GLA 180」と「GLA 250 d 4MATIC」では、パワートレイン以外の装備にほとんど差はありません。

ほとんど唯一と言って良い違いは、「GLA 250 d 4MATIC」には、「マルチビームLEDヘッドライト」にコーナリングライトが追加されたり、下り坂で事前に設定した2~18km/hの速度をキープする「ダウンヒルスピードレギュレーション」を備えた「オフロードエンジニアリングパッケージ」が標準装備となっていることです。

これらの装備によってSUVらしいオフロード走行を楽しめるため、そうしたシチュエーションで活用する機会がある場合には「GLA 250 d 4MATIC」は良い選択肢かもしれません。もちろん、積雪路面でも活躍してくれるため、寒冷地では「GLA 250 d 4MATIC」を選ぶことをおすすめします。

一方、都市型SUVとしての性格が強いのは「GLA 180」です。フロントが軽いため、キビキビとした軽快な走りが楽しめる「GLA 180」は、都会でのドライビングを楽しいものにしてくれることでしょう。

>>メルセデス・ベンツ GLAのカタロググレードをチェックする

半導体不足による装備の簡素化にも要注意!
このように、「GLA 180」と「GLA 250 d 4MATIC」の関係は、エントリーグレードと上級グレードの関係ではなく、あくまで性格の違いと言えます。4WDを求めるなら「GLA 250 d 4MATIC」を選ぶことになりますが、そうでない場合にはそれぞれの好みで選んでも問題ないでしょう。

ただ、注意しなければならないのは、昨今の半導体不足の影響から、どちらのグレードでも電動パワーシートを選ぶことができないという点です。2021年モデルまではメーカーオプションで設定することができましたが、2022年モデルでは完全に選択不可となっています。そのほか、2022年モデルではいくつかの仕様変更が行われているため、どの点が変わっているかはしっかりと確認するようにしましょう。

>>メルセデス・ベンツ GLAのカタロググレードをチェックする
>>メルセデス・ベンツ GLBのカタロググレードをチェックする

文:ピーコックブルー
写真(欧州モデル):
1~3枚目:GLA 250
4~6枚目:GLA 220 d
7~8枚目:メルセデスAMG GLA 35 4マチック

こんな記事も読まれています

欧州1月新車、11%増 EV・HVとも好調
欧州1月新車、11%増 EV・HVとも好調
日刊自動車新聞
日曜朝の気分は爆上げ! 光岡自動車がTV新番組『ブンブンジャー』に車輌協力
日曜朝の気分は爆上げ! 光岡自動車がTV新番組『ブンブンジャー』に車輌協力
レスポンス
なぜ「ユキ」カタカナ表記? 高速道路の電光板で「雪」じゃなく「ユキ」 納得の理由とは
なぜ「ユキ」カタカナ表記? 高速道路の電光板で「雪」じゃなく「ユキ」 納得の理由とは
くるまのニュース
バイクとクルマの2台持ち! どうやって使い分けるのがいいのか?
バイクとクルマの2台持ち! どうやって使い分けるのがいいのか?
バイクのニュース
「あのゴルフが…ワゴンになった。」日本ワゴンブームを後押ししたドイツの刺客【懐かしのカーカタログ】
「あのゴルフが…ワゴンになった。」日本ワゴンブームを後押ししたドイツの刺客【懐かしのカーカタログ】
レスポンス
“最後の”ガルウイングが強烈な個性を発揮! オークションに登場した新品同様メルセデス・ベンツ「SLS AMGブラックシリーズ」 その驚きの落札価格とは?
“最後の”ガルウイングが強烈な個性を発揮! オークションに登場した新品同様メルセデス・ベンツ「SLS AMGブラックシリーズ」 その驚きの落札価格とは?
VAGUE
ハミルトン後継も噂のフェルナンド・アロンソ「僕は交渉で良い立場にある」 まずは序盤戦に集中姿勢
ハミルトン後継も噂のフェルナンド・アロンソ「僕は交渉で良い立場にある」 まずは序盤戦に集中姿勢
motorsport.com 日本版
トヨタ「“V8ターボ搭載”SUV」発表! 700万円超え&MT設定もあり! 3つのボディタイプ用意の「新ランクル」南アで発売
トヨタ「“V8ターボ搭載”SUV」発表! 700万円超え&MT設定もあり! 3つのボディタイプ用意の「新ランクル」南アで発売
くるまのニュース
ルノーのSUVの頂点『エスパス』はハイブリッドのみ
ルノーのSUVの頂点『エスパス』はハイブリッドのみ
レスポンス
EV鈍化やトランプ前大統領再選浮上でどうなる米国市場 マツダは2027年までメキシコのEV生産なし
EV鈍化やトランプ前大統領再選浮上でどうなる米国市場 マツダは2027年までメキシコのEV生産なし
日刊自動車新聞
【VWゴルフの中古車をチェック!】フォルクスワーゲン「ゴルフ5」「ゴルフ6」「ゴルフ7」その現状と市場価格は?
【VWゴルフの中古車をチェック!】フォルクスワーゲン「ゴルフ5」「ゴルフ6」「ゴルフ7」その現状と市場価格は?
AutoBild Japan
F1次期PU開発、アウディやレッドブルら新規メーカーにとっては「大きな挑戦」とフェラーリ。現規定ではホンダが過去に大苦戦……歴史は繰り返される?
F1次期PU開発、アウディやレッドブルら新規メーカーにとっては「大きな挑戦」とフェラーリ。現規定ではホンダが過去に大苦戦……歴史は繰り返される?
motorsport.com 日本版
「えっ…納期は1年以上先!?」 途中で“キャンセル”出来る? 過去には高額キャンセル料トラブルも? 昨今の事情とは
「えっ…納期は1年以上先!?」 途中で“キャンセル”出来る? 過去には高額キャンセル料トラブルも? 昨今の事情とは
くるまのニュース
「実践! 初めてのカーオーディオ」 本格システムの構築をライトに楽しむのもアリ!
「実践! 初めてのカーオーディオ」 本格システムの構築をライトに楽しむのもアリ!
レスポンス
新しい「道の駅」が秋田、長野、熊本、鹿児島で誕生! どこにどんな外観の施設ができる?
新しい「道の駅」が秋田、長野、熊本、鹿児島で誕生! どこにどんな外観の施設ができる?
くるくら
アストンマーティン DB11 クーペ/ヴォランテ【1分で読める輸入車解説/2023年版】
アストンマーティン DB11 クーペ/ヴォランテ【1分で読める輸入車解説/2023年版】
Webモーターマガジン
【新車価格情報】国産車 デビュー&改良情報(ダイジェスト)※2024年2月20日時点
【新車価格情報】国産車 デビュー&改良情報(ダイジェスト)※2024年2月20日時点
カー・アンド・ドライバー
ホンダがレトロ顔の「新型シティ」実車公開!? “丸目二灯”の「80年代デザイン」に注目! 懐かしすぎる「サステナシーC」に反響あり!
ホンダがレトロ顔の「新型シティ」実車公開!? “丸目二灯”の「80年代デザイン」に注目! 懐かしすぎる「サステナシーC」に反響あり!
くるまのニュース

みんなのコメント

31件
  • 日本仕様にGLA250dはない
    200dの間違いだろ
    最低限の知識がないのに記事書くな
  • 乗り出し600万近いクルマで電動シート選べないのか
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

599.0806.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

102.0648.0万円

中古車を検索
GLAクラスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

599.0806.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

102.0648.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村