マツダ CX-8 専門家レビュー・評価一覧

マイカー登録
マツダ CX-8 新型・現行モデル
4 件中 1~4件を表示

※掲載内容は執筆日時点の情報です。

  • 工藤 貴宏
    工藤 貴宏(著者の記事一覧
    自動車ジャーナリスト
    評価

    4

    デザイン
    5
    走行性能
    5
    乗り心地
    5
    積載性
    5
    燃費
    5
    価格
    4

    2列目の快適性も大きな魅力

    2023.1.11

    年式
    2017年12月〜モデル
    総評
    ハイレベルな居住性を持つ3列SUVとして、国産車では稀有な存在。走りも気持ちよく、ドライバーも後席の同乗者も幸せにするクルマではないでしょうか。
    満足している点
    伸びやかなスタイリング。ハイレベルな居住性。そして3列目を畳めば荷物がたくさん積めること。燃費が良くて力強いディーゼルエンジンが選べるのもいいですね。あと、ベーシックグレードなら意外に安いこと。
    不満な点
    車体が大きいので、狭い道や駐車場ではそれなりに気を遣います。あと、ガソリンターボエンジンは燃費が悪いです。ディーゼルを選べばいいだけですが。
    デザイン
    ひとことでいえばCX-5のホイールベースと全長を伸ばして3列化した“ロング仕様”ですが、CX-5に比べて伸びやかなプロポーションが気に入っています。CX-5も悪くない(というか結構完成されたデザインだと思う)のですが、全長の長いCX-8に比べると真横から見たときに前後の凝縮感というか、言葉を選ばずに言うと“寸詰まり感”みたいのがありますね。いっぽうでCX-8はそれより伸びやかで流麗だと感じます。そうそう、2022年11月の改良ではヘッドライトなどが最新CX-5と同じタイプになるなどリデザインされました。新しさを感じます。

    続きを見る

  • 西川 昇吾
    西川 昇吾(著者の記事一覧
    自動車ジャーナリスト
    評価

    5

    デザイン
    5
    走行性能
    5
    乗り心地
    5
    積載性
    5
    燃費
    4
    価格
    5

    あらゆる性能の高い欲張りSUV

    2022.12.21

    年式
    2017年12月〜モデル
    総評
    モデルライフも長くなってきて、熟成の域に達したと感じさせたのが今回の年次改良であった。元々、走行フィールや質感など、あらゆる部分の性能が高いモデルと感じていたが、今回の年次改良でそれぞれの良さがより一層伸びた印象だ。3列シートが必要だけれども、走りの気持ちよさも捨てたくない、ファミリーチックではなく「いいクルマ」に乗っている感覚がほしい、そんなあらゆる要素を諦めたくない全国のお父さんに声を大にしてオススメしたいモデルだ。3列シート車は考えてないという人でも、SUVを検討しているならば一度実車を見てほしい。
    満足している点
    大柄なSUVとは思えない安定していてシームレスな運転フィーリング、低回転からトルクフルで快適性と経済性に優れたディーゼルエンジン、価格以上の質感の高さなど素晴らしいと感じる点は多くある。3列シートがいらなくても、大柄なSUVが欲しいならば検討して欲しいと感じさせる仕上がりとなっている。
    不満な点
    正直、スキらしいスキがあまり見当たらないとCX-8には感じる。もちろん、細々と挙げていけば色々とあるかもしれないが、それは好みのレベルだと思う。ただ、一般的なユーザーから見るとハイブリッドが無いことに痛手を感じてしまう人はいるかもしれない。そんな人にとっても、マツダが長年進化させ続けているディーゼルエンジンは、ランニングコストや快適性などの面でかなり優れているので、実際に触れてみてほしいと感じる。
    デザイン
    3列シート車とは思えないほどスマートにシルエットがまとまっている。特にルーフからCピラーにかけては不自然な雰囲気が一切なく、アーバンな雰囲気を崩していないのは素晴らしい。SUVとして洗練されたデザインに仕上がっていて、高級感も十分。今回の改良で都会的で洗練されたイメージはより強くなった印象だ。魂動デザインは大柄な車体により映えると感じさせるモデルである。

    続きを見る

  • 西川 昇吾
    西川 昇吾(著者の記事一覧
    自動車ジャーナリスト
    評価

    5

    デザイン
    5
    走行性能
    5
    乗り心地
    5
    積載性
    5
    燃費
    5
    価格
    5

    あらゆる性能に優れたアーバンSUV

    2022.1.21

    年式
    2017年12月〜モデル
    総評
    あらゆる部分の性能が高いモデルと言える。3列シート車としての利便性を考えたらスライドドアミニバンには敵わないが、SUVとしては利便性も高く大柄な車体の割には走りもいい。あらゆる要素を諦めたくない全国のお父さんに声を大にしてオススメしたいモデルだ。3列シート車は考えてないという人でも、SUVを検討しているならば一度実車を見てほしい。
    満足している点
    充実した装備を考えると高いコストパフォーマンス。優れたデザイン、オンロードでの快適性や積載性の高さなど魅力的なポイントは多くある。3列シートはいらないという人も多くいると思うが、3列目を荷室空間として使うとしてもオススメできるモデルである。
    不満な点
    不満点が少ないモデルではあるのだが、しいて言えば3列目の居住性が悪いことだ。これはSUVというボディタイプであるから致し方ないとは思う。メーカーも170cmであれば不満がないとアナウンスしているので、3列目の対応身長はそれまでと考えた方がいい。とはいえ、決してエマージェンシー用などではなく、女性や子供であれば快適と思えるはずだ。
    デザイン
    3列シート車とは思えないほどスマートにシルエットがまとまっている。アーバンなSUVとして洗練されたデザインに仕上がっていて、高級感も十分。魂動デザインは大柄な車体がより映えると感じさせるモデルである。

    続きを見る

  • 伊藤 梓
    伊藤 梓(著者の記事一覧
    自動車ジャーナリスト
    評価

    5

    デザイン
    5
    走行性能
    5
    乗り心地
    5
    積載性
    5
    燃費
    3
    価格
    4

    新しいファミリーカーの形

    2021.3.25

    年式
    2017年12月〜モデル
    総評
    一見イロモノのようにも思える3列シートのCX-8。実際に触れてみると、とても実直に作られていて、扱いやすく心地がいいクルマだということがよく分かった。3列目の衝突安全についてもしっかりと考えられているので、家族でも安心して使えるモデルになっている。「ミニバンはかっこ悪い、でも家族やたくさんの人を乗せたい」という人にとっては、これ以上ないモデルになっていると思う。
    満足している点
    マツダ車は、美しさや走行性能が先に立って、使い勝手や乗り心地などがあまり良くないモデルも見受けられる中、CX-8はすべてバランスよく高い性能を実現できている。特にゆったりした乗り心地と、スムーズなドライビングフィールはピカイチ。常に3列目シートを使う予定がない自分でも、他のSUVモデルより魅力を感じる一台。
    不満な点
    CX-8に関しては、ほとんど不満点は見当たらないが、とても良いモデルなので、よく似ているCX-5ともう少しデザインの差別化を図ってほしいと感じる。
    デザイン
    3列シートのSUVという難しい要件のクルマにも関わらず、美しいデザインに仕立ててあるCX-8。これまで国産車は、3列シートと言えばミニバンしか考えにくかったが、SUVという選択肢を積極的に選びたくなるほど、かっこいいデザインになっている。CX-5と見分けがつきにくいかもしれないが、ロングボディとリアに水平に通されたメッキパーツなどで、存在感はさらに増している。

    続きを見る

1

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。

ユーザーレビューを投稿する

ユーザーレビューを投稿する

※自動車SNSサイト「みんカラ」に遷移します。
みんカラに登録して投稿すると、carview!にも表示されます。

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示
10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!