新車価格(税込)

244.6348.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

39.8209.8万円

中古車を検索

グレード情報CX-5

ユーザーレビュー474件CX-5

CX-5

  • コストパフォーマンスが良い
  • エンジンが良い
  • 室内空間が広い

平均総合評価

4.6
走行性能:
4.6
乗り心地:
3.9
燃費:
4.1
デザイン:
4.4
積載性:
4.0
価格:
4.2

専門家レビュー7件CX-5

所有者データCX-5

  • グレード所有ランキング上位3位

    1. XD Lパッケージ(AT_2.2)
    2. XD Lパッケージ_4WD(AT_2.2)
    3. XD プロアクティブ(AT_2.2)
  • 人気のカラー

  • 人気の駆動方式

    AWD
    全輪駆動
    FF
    前輪駆動
    FR
    後輪駆動
    MR
    後輪駆動(ミッドシップエンジン)
    RR
    後輪駆動(リアエンジン)
    AWD
    39.8%
  • 男女比

    男性
    91.2%
    女性
    7.2%

    その他 1.4%

  • 人気の乗車人数

  • 居住エリア

    1. 関東地方 31.4%
    2. 東海地方 14.2%
    3. 近畿地方 14.0%
  • 年代

  • 年収

車両データと所有者データの数値はマイカーデータとPayPayカードのデータのデータを集計したもの。無回答を除く。

中古車相場 CX-5

平均値を表示しています。

CX-5

CX-5の中古車平均本体価格

96.7万円

平均走行距離77,151km

買取情報CX-5

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車、今いくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

リセール価値CX-5

走行距離別リセール価値の推移

CX-5
グレード:
XD Lパッケージ(AT_2.2)

5年後の売却予想価格

新車価格

326.0万円

売却予想価格

33.6万円

新車価格の 10%

年間平均走行距離
  • 5千km
  • 1万km
  • 2万km
年間平均
走行距離
2025年
1年後
2027年
3年後
2029年
5年後
2031年
7年後
5千km 69万円 51万円

34万円

新車価格の
10%

16万円

新車価格の
5%

1万km 68万円 47万円 27万円 6万円
2万km 65万円 39万円 13万円 0万円

リセール価値のデータは、弊社が独自に算出した参考データであり、将来性・正確性等を保証するものではありません。

このクルマについて CX-5

2015年1月

■2015年1月
マツダはSUVモデルのCX-5に内外装のデザインの変更を始め、装備の充実化、走行性能の向上など、大幅な改良を加え、2015年1月7日に発売すると発表した。

外観デザインは精悍で引き締まったデザインのフロントグリル採用するとともに、シグネチャーLEDランプを採用したLEDヘッドランプとLEDリアコンビランプを採用した。

インテリアはヒューマン・マシン・インターフェイス思想に基づくドライバーオリエンテッドなコクピット空間と、SUVならではの機能性や力強さを備えたデザインとした。さらに 電動パーキングブレーキの全車標準装備により、すっきりしたセンターコンソールを作っている。

快適装備はスマートフォンと連携して、インターネット接続やコミュニケーションの機能をクルマでの移動中にも手軽に利用できるマツダコネクトを採用し、運転姿勢を崩すことなく操作ができるコマンダーコントロールと合わせて全車に標準装備した。

先進安全装備のi-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)を進化させ、日本の自動車メーカーとして初のLEDアレイ方式防眩ハイビームを備えた新世代ヘッドライトシステムのアダプティブ・LED・ヘッドライトを搭載したのを始め、リア・ビークル・モニタリングシステムの検知範囲を広げ、後方だけでなく側方から接近する車両も検知するブラインド・スポット・モニタリングとして搭載した。後退時に接近する車両を検知して警告するリア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)も備えている。

マツダ初採用のレーンキープ・アシスト・システムや高速走行時に適度な休憩を促す「ドライバー・アテンション・アラートを採用したほか、スマート・シティ・ブレーキ・サポートには後退時にも対応する機能を追加し、大きな相対速度差に対応できるスマート・ブレーキ・サポートを搭載した。

このほか走りの気持ち良さを、新構造の前後ダンパーやフロントロアアームのブッシュ形状最適化などによりスムーズでフラットな乗り心地を実現し、振動や騒音も低減させている。またガソリン車には、走行モードの切り替えが可能なドライブセレクションを採用した。

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。