ジープ ラングラー のみんなの質問

解決済み
回答数:
1
1
閲覧数:
35,986
0

ラングラーアンリミテッドサハラの購入を検討しているのですが、2017年モデル若しくは2018年モデルでフルモデルチェンジをするような情報をネットで知りました。詳しい情報が何もなく、1年2年待

って、ネックになっている、燃費が改善され、小回りも多少きくようになれば、それまで待つ価値があるのかなと思います。近所は狭い道が多く、レジャーでの遠出が多いからです。また、モデルチェンジ後はリセールにも影響するのでしょうか?
何か情報をお持ちの方、よろしくお願いいたします。

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。

ベストアンサーに選ばれた回答

jeepラングラーは今年モデルチェンジ予定です。
今はアフリカで最終走行テストをしてるようです。
大きさについては現行より、よりワイド化・低重心化し高速走行性を高めるようです。
燃費もダウンサイジングターボの採用とモノコックボディ構造の採用による400キロ近い減量で圧倒的に向上するようです。

次期jeepラングラーは今のスチール製ラダーフレーム構造から複合素材製モノコックボディ構造に変わります。
これが意味する所は、jeepが普通乗用車に変わるという事です。

モノコック構造はコスト削減や軽量化や精度の高い品質、走行性の高さなど魅力がありますが・・・・
耐久度が低い、強度が弱いと言う弱点があります。
モノコック構造の最大の弱点は車を痛めたら走れる無くなる事、またボディとフレームとシャッシーが一体化してるので修理不能の廃車になる事です。

オフロードに置いてそれは致命的欠陥になります。
僻地を走るオフロードにとって走れ無いと言う事は生きて帰れ無いって事になります。
また発展途上国などや戦場などが主戦場になるオフロードはメンテナンス性が簡易である事、部品調達が難しく無い事が必要になります。
モノコック構造ではこれが不可能になります。

つまり次期jeepラングラーはSUVオフロードで無くなり、乗用車になるって事です。

jeepってのは本格的オフロードだからの魅力なのに・・・・
オフロード性能を失うのです。

果たして、
そんなjeepに価値があるのでしょうか?。

自分は現行のjeepラングラーが最後のjeepだと思ってます。
モノコック化した生産性を優先したjeepはjeepにあらずと評価します。

故にjeepを買うなら最終モデルの現行型をオススメします。

まぁSUVとは燃費も悪く、乗り心地も悪い物です。
道具なのです。
ただ道具ですので、トラブルも多いですが大事にしっかりメンテナンスをしながら扱えば基本構造が単純で強い作りですから一生物となります。
これが唯一無二jeepの魅力だと思っていいです。

質問者からのお礼コメント

2016.1.30 13:18

分かりやすい説明ありがとうございます。
モデルチェンジを待たずに現行のラングラーにしぼりたいと思います。

その他の回答 (0件)

その他の回答はまだありません

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の
「自動車」カテゴリとデータを共有しています。

あわせて知りたい

ジープ ラングラー 新型・現行モデル

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

ジープ ラングラーのみんなの質問ランキング

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離