現在位置: carview! > 新車カタログ > ホンダ(HONDA) > NSX > ユーザーレビュー・評価一覧 > ホンダの魂の象徴 このNSXはホンダが日本い...

ホンダ NSX 「ホンダの魂の象徴 このNSXはホンダが日本いや世界で「俺たちはここまでやれる」という車でした 日本車は壊れない燃費がいいコンパクトなど大衆車作らせれば」のユーザーレビュー

ニックネーム非公開さん

ホンダ NSX

グレード:3.0(MT) 1997年式

乗車形式:その他

評価

1

走行性能
-
乗り心地
-
燃費
-
デザイン
-
積載性
-
価格
-

ホンダの魂の象徴 このNSXはホンダが日本いや世界で「俺たちはここまでやれる」という車でした 日本車は壊れない燃費がいいコンパクトなど大衆車作らせれば

2011.4.7

総評
ホンダの魂の象徴
このNSXはホンダが日本いや世界で「俺たちはここまでやれる」という車でした
日本車は壊れない燃費がいいコンパクトなど大衆車作らせれば世界でもトップクラス
ですが高級車とかスポーツカー作れば「真似がうまいだけの車後進国」という感じ
私個人的にはR32GT-RとかR34とか世界でも通じる車だと思いますが世界レベルでは
大排気量にV10~12型エンジンにツインターボなんかはスポーツカーの定番
日本基準で3000ccのノンターボでは世界から見れば大したことがない車
ですが
NSXみて乗ってる方ならわかると思います
軽くすることはすごい武器になる
ターボ付けたくらいの武器にもなります
下で私なりの解釈と話をしたいと思います
満足している点
軽い
ハンドリングを重視した車設定
これにつきます
今では280馬力とか当たり前ですがノンターボでその馬力を出すにはすごい技術必要です
ホンダにはRチームがあります(インテグラ、シビック、アコードなど)
Rの車を作るボア一つとっても手作業研磨、職人を感じます
NSXもエンジンからシャーシそしてシートなども軽量化を目指しました
速くしたいが馬力があげられない排気量もと考えたらレースと同じ理屈で「軽量化しかない」となります
サーキットでは当たり前の理屈ですが市販車でそれをやるそこがホンダスピリット
日本製品もここまでやれるという一台です
オールアルミ
アルミですから軽くなります鉄より
ですがアルミはみなさん言ってる「事故したとき直せない」という素材
こういう車買う人はお金持ちでセカンドカーもしくはサードカーですから事故したら買い替え
ですからほしいかっこいいだけで買うと後が大変ですお金たくさんある人用の車です
不満な点
すべてにおいて慎重に
アルミ製ですから整備とかすごい気を使います、たかがオイル交換にも
リフトなどで上げる時もアルミ製ですから少しずれたらかなりやばい
ですが下回りも見なくてはならないためすごい気を使いますね
盗難とかも気を使います
部品は割高
これは乗ってる方々はお金持ちでしょうから気を使わないと思いますが部品は割高
中には割高どころかぼったくりにさえ思う部品もちらほら
でもお金持ちでしょうからいいのでしょうね
総評
当店でも中古新車合わせて過去4台お客様に買ってもらいました
車検整備ではとても気を使う車ですが私個人的には大好きな車
注目度がすごくその点が嫌ですが動力性能と扱いやすさとハンドリングの良さはトップクラス
ポルシェとかはその点では私なりにはNSXの方が扱いやすい
個人的に言わせてもらうとR34とかはじゃじゃ馬を扱い速く走るイメージでNSXは紳士的な優しさと優雅さがある車
元走り屋と元レース屋の自分はR32とか34などの方が走ってる感じが出ていいのですがNSXはもう少し高貴な方々に向いている車ですね
でも目指すところは同じ「いかに早くいかに楽しくいかに扱いやすく」ですからスカイラインもNSXも
好みが分かれる車です
まあミニバンとかより数倍楽しいとは思います、私は消費者ならミニバン600万払うなら中古でNSXを買い普段の足用で軽の安いの買うと思います
ホンダスピリットが分かる方のみ乗ってください。
という一台です
(ちなみに売った方々は私のしつこいくらいの理屈っぽいホンダイズムを語るため(うざい?)いまだに大切に乗っています笑)
デザイン

-

走行性能

-

乗り心地

-

積載性

-

燃費

-

価格

-

故障経験

下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

「みんカラ」から、違反報告をする

ホンダ NSX 新型・現行モデル