現在位置: carview! > 新車カタログ > デイムラー(DAIMLER) > デイムラー > みんなの質問(解決済み) > デイムラー スーパーV8(1999年式)の弱...

デイムラー デイムラー のみんなの質問

解決済み
回答数:
2
2
閲覧数:
4,929
0

デイムラー スーパーV8(1999年式)の弱点は何でしょうか?ミッションはスーパーチャージャー用の強化版らしいので、そんなに弱くないらしいですが。

維持費はモノによって差はあると思いますが、だいたい年間、いくらくらいかかるでしょうか?部品は同年式のジャガーXJより高いと聞きましたが。

補足

ミッションはZFではなく、ドイツ製らしいですね。サスはCATSなしのジャガー用のサスをつければ、高くならないと聞きました。エアコンとABSは、高くつきそうですね?

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。

ベストアンサーに選ばれた回答

・スーパーチャージャー(以下SC)モデル初期のものは、スーパーチャージャー用ベルトのテンショナーから音が出る不具合が多く報告されており、これの対策品が出ています。まともに交換すると工賃含め12万くらいかかります。
・エンジンは、カムチェーンのテンショナーが樹脂製で割れ、最悪の場合チェーンがコマ飛びしてバルブを突きエンジンご臨終となる可能性があります。このテンショナーも対策品に変わっています。これも交換となると20万コースです。
・ウォーターポンプのインペラが樹脂製で、経年劣化により割れて水が回らなくなりオーバーヒートする事があります。
これが部品まで入れても3,4万なので早めに換えておく事をお勧めします。
・ヒーターホースがSCの下を通っていますが、これが古くなると水漏れします。SCを外さないと交換出来ないので工賃はかなりかかります。
・ABSセンサーのモジュールはお約束です。基板のハンダ割れが原因です。修理業者で5万程度、ユニット交換になると30万です。
・ボディプロセッサ(ロックやライトなどを制御しているコンピュータ)もよく死にます。原因はABSセンサーモジュールと同じです。これも新品は15万くらいします。これが死ぬと心霊現象のように訳の分からない警告が出たりエンジンがかからなくなったりします。
・エアコンはDENSO製で非常に信頼性が高いです。ただしごくまれに外気温センサーがダメになる事があります。ただし中古品交換であれば数千円ですむので心配は要りません。
・初期の頃のクーラントは詰まりやすく、ヒーターコアが詰まってヒーターが利かなくなる事例が何件かあったようです。クーラントもアップデートされてます。純正品に拘る必要はありません。定期的に交換した方が良いでしょう。
・フロントのハブベアリングが弱いです。8-10万キロまでに左右どちらか死ぬ可能性が高いです。片側3万くらい見ておけば良いでしょう。
・左右ミラーはいずれ100%死にます。中古品に換えても結局いつか死にます。新品はディーラー価格片側12万という法外な価格です。
・フロントショックアッパーブッシュがアッシー交換になり、両側かえると12万くらい飛びます。社買い交換キットを買えば安くすみます。


大物が死ぬとかなりの出費を強いられますが、それ以外はそんなに壊れる事はありません。
従って年間いくらかかるというのはなかなか言えませんね。どれほど手をかけるかにもよりますし、年間走行距離にもよります。
この先、少なくとも5年以上ずっと乗られるのであれば、上記トラブルに見舞われる可能性は結構高いでしょう。従って、少なくとも月に2,3万はクルマ用に貯金しておく方が無難でしょうね。

質問者からのお礼コメント

2012.2.23 09:19

詳しい回答、ありがとうございます。暖気もマメにしなければいけないらしく、軽軽しく手はだせないモデルですよね。また、他の回答者のかた、ありがとうございます。

その他の回答 (1件)

  • ATは普通のV8と違い作ってる会社も違いトラブルは少ないです
    よく壊れるのがABSやエアコン
    センサー類です
    故障するとほとんど10万からのことが多かったです
    修理に年間20万みておけばいいですよ

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の
「自動車」カテゴリとデータを共有しています。

あわせて知りたい

デイムラー デイムラー 新型・現行モデル

デイムラー デイムラーのみんなの質問ランキング