現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > こう見えて実は「パトカー」 MGA 1600 デイムラーSP250(1) 路上のわかりやすい抑止力

ここから本文です

こう見えて実は「パトカー」 MGA 1600 デイムラーSP250(1) 路上のわかりやすい抑止力

掲載
こう見えて実は「パトカー」 MGA 1600 デイムラーSP250(1) 路上のわかりやすい抑止力

英国の交通取締りの歴史を語る生き証人

グレートブリテン島の南部、ウェストサセックス州に、アンバリーという自動車博物館がある。ここへ、少し変わったブリティッシュ・スポーツカーにお越しいただいた。

【画像】こう見えて実は「パトカー」 MGA 1600 デイムラーSP250 同時期の多彩な英国車たち 全188枚

1台は、ロンドン警視庁に所属していた、1961年式デイムラーSP250。もう1台は、ランカシャー州警察が使用していた、1959年式MGA 1600 Mk1。それぞれ、ジョン・ドーセット氏とサイモン・ドワイヤー氏が大切にする、クラシック・ロードスターだ。

この2台は、英国における交通取締りの歴史を語る生き証人といえる。市街地の規制速度、時速30マイル(約48km/h)を超えて運転するようなヒルマン・ミンクスのドライバーも、厳しく監視したのだろう。

グレートブリテン島の中西部、ランカシャー州には、かつて英国最大規模の警察部隊が置かれていた。そこへMGAのパトカー仕様が配備されたのは、1955年11月。2シーターのロードスターを女性警官が駆るという組み合わせは、小さくない話題を集めた。

一定の技量試験に合格した警察官が、特徴的な白い制服と帽子で身を包み、真っ白に塗られたMGAのシートに座った。当時の英国のパトカーはブラックが定番で、異例のボディカラーでもあった。

ランカシャー州の巡査長、トーマス・エリック・セント・ジョンストン氏は、ホワイトの方が路上で目立つと考えたらしい。その後、パトロール隊は約50台のMGAを発注。592 KTBのナンバーで登録された今回の車両も、1959年7月8日に配備された。

英国初の高速道路の秩序維持が任務

シャシー番号は、GHN70453。1台あたり約17ポンドだった、オプションのヒーターは装備されず、税金の節約に努められた。そのかわり、隊員には毛布が与えられたそうだが、1962年や1963年の冬は寒さが厳しく、殆ど意味はなかったようだ。

パトカーならではの装備が、マイクと拡声器に、前後へ装備された「POLICE」の行灯、ツインアンテナの無線システム、イエーガー社製の正確なスピードメーターなど。標準仕様だったスミス社製のメーターは、表示が若干怪しかった。

補機バッテリーが2基積まれ、追加された装備に対応。荷室には、無線機のほかに白いコート、ランタン、発煙筒、救急箱、消化器が積まれた。後方車両へ「事故」だと知らせる、警告看板も。

これらの装備はかさばり、リアのバルクヘッドをくり抜いて荷室が拡大されていた。それでも足りず、スペアタイヤが降ろされた。今回のMGAの場合、導入後期の特徴として、フロントフェンダー上にマーカーランプが追加されている。

オーナーのサイモンは、パトカーとしての経歴も調査。ランカシャー州を南北に貫く、プレストン・バイパスと呼ばれた英国初の高速道路での秩序維持が、主な任務だったと考えられる。追加されたツイントーンのホーンと大きなベルが、その理由だという。

警察の厚意で当時の装備品を再実装

1958年のガーディアン紙による取材で、セント・ジョンストン巡査長は次のように答えている。「自動車のドライバーは、パトカーの拡声システムによって、正しい運転をするようアドバイスを受けます」

それでも、中央分離帯を越えてUターンする無謀なドライバーは、少なくなかった。実際のところ、拡声システムの音量はさほど大きくなかった。

英国車の性能が向上する中、MGAは1962年に生産が終了。高速隊の後継車として、ランカシャー州警察は次期モデルのMGBを指定した。

1964年5月29日に、592 KTBのナンバーのMGAは売却。10年ほど所在が不明になるが、1975年にウッドヘッド氏という人物が購入している。その後、所有者が変わりつつ、ボディはグリーン、ブルーへと塗り替えられた。

1994年、デビッド・コックス氏が入手すると、パトカー本来のホワイトで再塗装。ランカシャー州警察の厚意により、当時の装備品の再実装も叶った。

現オーナーのサイモンが入手したのは、2003年12月。くたびれた見た目を回復するべく、2013年にレストアされている。近年は、クラシックカー・イベントのグッドウッド・リバイバルでコース監視任務を担当しており、マニアの間では知られた存在だ。

「前オーナーが、グッドウッド・リバイバルでの監視を頼まれたようです。それから25年間、ずっと継続しています」。サイモンが、誇らしそうに話す。

手頃な価格と不足ない速さ 路上の抑止力

他方、ブラックのデイムラーSP250は、1938年にロンドン郊外にオープンした「エース・カフェ」の常連だった。第二次大戦を挟んで、英国では自動車やバイクが急増。レザージャケットを着た多くのライダーがカフェに集ったが、交通事故も多発していた。

1959年には、12万8614名のライダーが事故で負傷。1680名の命が失われた。1961年のデイリー・ミラー紙は「自殺クラブ」という鮮烈なタイトルを付け、状況の悪化を報じている。

ロッカーズやトンアップ・ボーイズと呼ばれた若いライダーたちは、そんな報道にお構いなしだったが、ロンドン警視庁は事故対策へ動いた。それでも、ヘルメットは1973年まで義務化されず、酷い年には毎週3名のライダーが死亡事故に巻き込まれたのだが。

視覚的にわかりやすい、路上の抑止力として高速隊へ選ばれたのが、デイムラーSP250。比較的手頃な価格と、当時のパトカーで一般的だったウーズレー6/99を凌駕する速さが組み合わされ、最良な選択肢だと判断されたようだ。

SP250の発表は、1959年のアメリカ。ニューヨーク・モーターショーで、2シーターのスポーツカーがお披露目された。一癖あるスタイリングは物議を醸したが、技術者のエドワード・ターナー氏が設計した、2.5L V8エンジンがマニアの注目を集めた。

本格的な生産は、1960年に開始。最高速度は、201km/hが主張された。

1961年4月には、調整式ステアリングコラムとバンパーを標準装備した、Bスペック仕様が導入。ハードコーナリング時にボディが変形し、ドアが開いてしまうのを防ぐ、高剛性なシャシーも与えられた。

この続きは、MGA 1600 デイムラーSP250(2)にて。

こんな記事も読まれています

夢を叶え、歴史を作った男に万雷の拍手。初の中国人F1ドライバーとして母国GP戦った周冠宇、感極まる「これだけの熱気や愛に触れたのは初めて」
夢を叶え、歴史を作った男に万雷の拍手。初の中国人F1ドライバーとして母国GP戦った周冠宇、感極まる「これだけの熱気や愛に触れたのは初めて」
motorsport.com 日本版
現行カイエンに「GTS」シリーズを追加! 新型「カイエンGTS」「カイエンGTSクーペ」の予約受注を開始
現行カイエンに「GTS」シリーズを追加! 新型「カイエンGTS」「カイエンGTSクーペ」の予約受注を開始
月刊自家用車WEB
全固体電池の量産化も見えた! 日産の次世代バッテリー生産最前線を取材、不可能を可能にしたブレイクスルーを解説
全固体電池の量産化も見えた! 日産の次世代バッテリー生産最前線を取材、不可能を可能にしたブレイクスルーを解説
AUTOCAR JAPAN
サーキット・オブ・ジ・アメリカズ(COTA)、リバティ傘下のF1とMotoGPの同時開催は“可能”。しかし実現の「可能性は低い」と推測
サーキット・オブ・ジ・アメリカズ(COTA)、リバティ傘下のF1とMotoGPの同時開催は“可能”。しかし実現の「可能性は低い」と推測
motorsport.com 日本版
「淡路島最長のトンネル」ついに貫通 かつて電車も走ってた中心地の渋滞解消へ「洲本バイパス」 ただし全通は延期に
「淡路島最長のトンネル」ついに貫通 かつて電車も走ってた中心地の渋滞解消へ「洲本バイパス」 ただし全通は延期に
乗りものニュース
レクサスGX550、まずは100台限定販売 1235万円で抽選受付 通常モデルは2024年秋
レクサスGX550、まずは100台限定販売 1235万円で抽選受付 通常モデルは2024年秋
日刊自動車新聞
まもなく世界初公開!“第3の新世代ミニ”は 全長4.1mの5ドアコンパクト 新型「ミニ・エースマン」ってどんなクルマ?
まもなく世界初公開!“第3の新世代ミニ”は 全長4.1mの5ドアコンパクト 新型「ミニ・エースマン」ってどんなクルマ?
VAGUE
未経験でもプロを目指せる!? 「競輪選手」という生き方
未経験でもプロを目指せる!? 「競輪選手」という生き方
バイクのニュース
ノリス、中国2位は超予想外! 「フェラーリの“35秒後ろ”ってエンジニアと賭けてたんだ」
ノリス、中国2位は超予想外! 「フェラーリの“35秒後ろ”ってエンジニアと賭けてたんだ」
motorsport.com 日本版
ステッカーすぐ読めるヤツおる? TURBOや救急車の反転した[鏡文字]はなぜ生まれたのか?
ステッカーすぐ読めるヤツおる? TURBOや救急車の反転した[鏡文字]はなぜ生まれたのか?
ベストカーWeb
EVに逆風! 2024年度の補助金が発表。トヨタ「bZ4X」とスバル「ソルテラ」は兄弟車でも金額が違うのはなぜ?【Key’s note】
EVに逆風! 2024年度の補助金が発表。トヨタ「bZ4X」とスバル「ソルテラ」は兄弟車でも金額が違うのはなぜ?【Key’s note】
Auto Messe Web
60秒で10℃まで冷却する熱中症対策アイテム「冷暖 ボディコンディショニング ペルチェベスト」が LINKS から発売!(動画あり)
60秒で10℃まで冷却する熱中症対策アイテム「冷暖 ボディコンディショニング ペルチェベスト」が LINKS から発売!(動画あり)
バイクブロス
【CBTR2024】のエントリー開始は5月14日に決定!琵琶湖一周ツーリングの開催概要が発表された!  
【CBTR2024】のエントリー開始は5月14日に決定!琵琶湖一周ツーリングの開催概要が発表された!  
モーサイ
780万円超えも!? トヨタ新型「カクカクSUV」発売! 待望の「ランクル250」はどんなクルマ? 徹底解説
780万円超えも!? トヨタ新型「カクカクSUV」発売! 待望の「ランクル250」はどんなクルマ? 徹底解説
くるまのニュース
新しいトヨタ・カムリ、登場へ──GQ新着カー
新しいトヨタ・カムリ、登場へ──GQ新着カー
GQ JAPAN
ディクソンが見事なレース運びで優勝。戦略異なるライバルを下す|インディカー第2戦ロングビーチ
ディクソンが見事なレース運びで優勝。戦略異なるライバルを下す|インディカー第2戦ロングビーチ
motorsport.com 日本版
アロンソ予選3番手「一瞬諦めかけたけれど、プッシュし続けてよかった」アストンマーティン/F1中国GP
アロンソ予選3番手「一瞬諦めかけたけれど、プッシュし続けてよかった」アストンマーティン/F1中国GP
AUTOSPORT web
audisonのパワーアンプ「SRシリーズ」に6chモデル新製品「SR6.600」登場
audisonのパワーアンプ「SRシリーズ」に6chモデル新製品「SR6.600」登場
レスポンス

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1690.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

50.0980.0万円

中古車を検索
デイムラーの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1690.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

50.0980.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村