アウディ A1 スポーツバック 「コンパクトでもしっかりアウディ」の専門家レビュー ※掲載内容は執筆日時点の情報です。

栗原 祥光
栗原 祥光
自動車ジャーナリスト
評価

5

デザイン
5
走行性能
3
乗り心地
4
積載性
4
燃費
4
価格
5

コンパクトでもしっかりアウディ

2022.1.25

年式
2019年11月〜モデル
総評
プレミアムコンパクトを望むなら好適の1台。都市型コンパクト、ダウンサイザーを求める人に相応しい。走りも十分に愉しいのもアウディの魅了だ。
満足している点
コンパクトな使い勝手のよさの中にアウディらしさが凝縮。アウディ上級モデルからのダウンサイジングに好適だ。
不満な点
VWの「UP!」がベースなので、どうしても後席は狭い。
デザイン

5

アウディのエントリーモデルでありながら、一目でアウディとわかるエクステリア。インテリアもカジュアルさ、若々しさを感じさせながらもアウディらしさがシッカリと残っている。
走行性能

3

1リッター直噴3気筒ターボで最高出力116ps、最大トルク200Nmを発生、なかなかに骨太なエンジンで力強さを感じさせる。やや振動が大きいのは3気筒ゆえか。
乗り心地

4

しっかりバネを感じさせる足回り。しっとりとした乗り味はアウディならでは。
積載性

4

コンパクトカーゆえ、荷室は狭め。後席も狭いので多くの人はリアシートを倒して使うのでは?
燃費

4

15.3km/Lという値は、軽自動車には劣るものの、軽自動車とは異なる室内空間とパワーの前では、むしろ高燃費と思える。
価格

5

300万円からアウディが手に入る。しかも街乗りに適したコンパクトボディ。正直安いのでは?
栗原 祥光
栗原 祥光
自動車ジャーナリスト
東京都出身。中央大学理工学部卒業後、電気回路エンジニアへ。30歳を前にオーディオ専門誌とタウン情報誌、同Webサイトの編集者へと転身。現在はフリーのカメラマンとライターとして、年間100台近い自動車・バイク取材のほか、モータースポーツや各種イベントの取材を精力的に行っている。好きなクルマはライトウェイトスポーツと大型SUV。
アウディ A1 スポーツバック 新型・現行モデル