サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 新型アウディA1の1.5Lターボ版は初代よりも簡素でダイレクト感のある走り味

ここから本文です

新型アウディA1の1.5Lターボ版は初代よりも簡素でダイレクト感のある走り味

新型アウディA1の1.5Lターボ版は初代よりも簡素でダイレクト感のある走り味

A1 スポーツバック 35 TFSI アドバンス

ミニを意識していた初代とは明らかに違う

久々にマジでアウディ欲しいと思いましたわ。それは新型A1。初代は今から8年前の2011年に日本に上陸したプチアウディで、走りはもちろん内外装ともに上質だったんですが、若干小さすぎ&凝りすぎ。A1の名に恥じない全長4m以下のサイズでしたが、特に最初に出た3ドアはリアの狭さもあって実質クーペ的。一方エクステリアは、当時のアウディデザインもあって丸さを強調、可愛らしさが先立ってました。

小沢的には当時バカ売れのミニを意識し、敢えてデザインも濃厚にしたと勝手に分析。もっともその分、個性的な女性に受けそうな気がしましたし、実際世界で90万台、国内で3万台を販売とコンスタントにヒット。特に国内では後に追加された5ドアモデルが売れていたはず。ところが、今回もベースのプラットフォームはVWポロと共通なんですが、かなりのイメチェン。思いっきりグローバル展開するMQB採用なこともあってか非常にジェネラル。幅広いファン層に受けるテイストに仕上がってます。

ボディは5ドアハッチバックのみ。全長×全幅×全高は4040×1740×1435mmと思ったより大きくなってませんが、先代比で55mm長く、10mm高く、全幅はキープ。居住性に大きく関係するホイールベースは2465mmから2560mmに伸びてます。そしてなによりデザインテイストが全然違う。初代は小沢の心の師匠が「ゴディバのチョコレートだ!」と言いましたが、今回はプチアウディクワトロ風。それも1980年代にWRCで活躍した硬派なスポーツクワトロがモチーフ。全体はそれなりに丸みを帯びてカワイイのですが、要所要所にエッジが効いててボクシー。

具体的には鋭利さを感じさせるシャープな6角形グリルはもちろん、左右に睨みの効いたLEDヘッドライトが付き、その上には3つのスリットが。完璧にラリー車のディテールで、前後フェンダーの張り出し、Cピラーの太さもスポーツクワトロのイメージ。女性にも好かれると思いますが、男性を意識したデザインに仕上がってます。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します