サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 名車「プリメーラ」に激レアモデルが存在!「オーテック」と「トミーカイラ」が手がけたコンプリートカーとは?

ここから本文です
欧州志向の初代P10にあった2台のコンプリートカー

 1990年代の傑作スポーツセダンとして、今なお語り継がれる初代P10プリメーラ。登場の背景には、日産の1990年にハンドリング世界一を目指した「901活動(運動)」が大きく関与していること。その結果、日産ブルーバード、トヨタ・コロナ、マツダ・クロノス、ホンダ・アコード、三菱ギャランなど既存のミドルセダンとは一線を画し、欧州志向のドライビングファーストなクルマであったのはこれまで数多くの自動車媒体で伝えられているとおりだ(※バブル期はいろいろな形で欧州志向のクルマが企画提案された時代でもある)。

おすすめのニュース

サイトトップへ