新車価格(税込)

241.7330.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.0300.9万円

中古車を検索

グレード情報プリウスα

歴代モデル1件プリウスα

ユーザーレビュー334件プリウスα

プリウスα

  • 燃費が良い
  • 荷物がたくさん積める
  • 操作しやすい

平均総合評価

4.3
走行性能:
3.6
乗り心地:
3.8
燃費:
4.2
デザイン:
4.1
積載性:
4.4
価格:
3.8

専門家レビュー3件プリウスα

所有者データプリウスα

  • グレード所有ランキング上位3位

    1. S_5人乗り(CVT_1.8)
    2. G_5人乗り(CVT_1.8)
    3. S ツーリングセレクション_5人乗り(CVT_1.8)
  • 人気のカラー

    1. パール
  • 人気の駆動方式

    AWD
    全輪駆動
    FF
    前輪駆動
    FR
    後輪駆動
    MR
    後輪駆動(ミッドシップエンジン)
    RR
    後輪駆動(リアエンジン)
  • 男女比

    男性
    88.3%
    女性
    10.1%

    その他 1.4%

  • 人気の乗車人数

    7
    26.6%
  • 居住エリア

    1. 関東地方 29.0%
    2. 近畿地方 17.6%
    3. 東海地方 15.8%
  • 年代

  • 年収

車両データと所有者データの数値はマイカーデータとPayPayカードのデータのデータを集計したもの。無回答を除く。

中古車相場 プリウスα

平均値を表示しています。

プリウスα

プリウスαの中古車平均本体価格

112.5万円

平均走行距離81,524km

買取情報プリウスα

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車、今いくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

リセール価値プリウスα

走行距離別リセール価値の推移

プリウスα
グレード:
S_5人乗り(CVT_1.8)

5年後の売却予想価格

新車価格

257.0万円

売却予想価格

16.3万円

新車価格の 6%

年間平均走行距離
  • 5千km
  • 1万km
  • 2万km
年間平均
走行距離
2025年
1年後
2027年
3年後
2029年
5年後
2031年
7年後
5千km 52万円 34万円

16万円

新車価格の
6%

0万円

新車価格の
0%

1万km 51万円 30万円 9万円 0万円
2万km 47万円 20万円 0万円 0万円

リセール価値のデータは、弊社が独自に算出した参考データであり、将来性・正確性等を保証するものではありません。

このクルマについて プリウスα

2011年5月

■2011年5月
ハイブリッド車の大ヒットモデルであるプリウスをベースに、荷物の積載性を高めたり、多人数乗車を可能とするなど、新しい魅力を追加したモデルとしてプリウスαが登場した。プリウスの基本プラットフォームをベースにルーフを後方に延長したやや大きなボディを与えることで、プリウスに比べて大きな室内空間を作っている。その室内は2種類が用意されていて、ステーションワゴンとして使える2列シート車とミニバンとして使える3列シートが設定されている。外観デザインはぱっと見た感じはプリウスだが、良く見ると微妙な違いがあってプリウスαの独自性も表現されている。パワートレーンは1.8リッターのアトキンソンサイクルエンジンと電気モーターを組み合わせたTHS-Ⅱで、基本的にプリウスと共通。ただ、搭載電池に違いがある。5人乗り仕様はリヤのラゲッジスペース下にニッケル水素電池を搭載するが、7人乗り仕様はフロントのセンターコンソール部分にリチウムイオン電池を搭載する。電池の搭載量も異なるが、引き出せる性能はどちらもほぼ同じになるように設定されている。ステアリング制御の入った横滑り防止装置のS-VSCやトラクションコントロールは全車に標準で装備され、プリクラッシュセーフティシステム+レーダークルーズコントロールのセットは上級グレードにオプション設定されている。全車オーディオレスが標準で、主要グレードにG-BOOK対応のHDDナビゲーションがオプション設定となる。

■2012年10月
トヨタはプリウスαの7人乗り仕様車に新グレードを設定して2012年10月22日から発売した。7人乗り仕様車に搭載されるリチウムイオン電池の生産能力が向上したのに合わせ、新グレードを設定して7人乗りのバリエーションを充実させ、ユーザーニーズに応えようとしたもの。追加されたのは、これまで5人乗り仕様だけしか設定されていなかった「G ツーリングセレクション」、「S ツーリングセレクション」、「S Lセレクション」の3グレードで、それぞれ装備の内容などは基本的に5人乗りと同じ。価格差も5人乗りに対して20万円高の設定で共通している。

■2013年8月
トヨタはプリウスαの7人乗り仕様車に新グレードを設定して2012年10月22日から発売した。7人乗り仕様車に搭載されるリチウムイオン電池の生産能力が向上したのに合わせ、新グレードを設定して7人乗りのバリエーションを充実させ、ユーザーニーズに応えようとしたもの。追加されたのは、これまで5人乗り仕様だけしか設定されていなかった「G ツーリングセレクション」、「S ツーリングセレクション」、「S Lセレクション」の3グレードで、それぞれ装備の内容などは基本的に5人乗りと同じ。価格差も5人乗りに対して20万円高の設定で共通している。

2013年8月1日には「S」「G」をベースに、ブラックの内外装を特別装備して質感を向上した特別仕様車“チューン ブラック”を発売した。また同時に、特別仕様車を含む5人乗り全車両に、インストルメントパネルとラゲージスペースにAC100V電源を1500Wまで使用可能とするアクセサリーコンセントをオプション設定した。

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。