現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「プリウスα」はプリウスより上質? モーターもバッテリーも足まわりも違った【10年ひと昔の新車】

ここから本文です

「プリウスα」はプリウスより上質? モーターもバッテリーも足まわりも違った【10年ひと昔の新車】

掲載 更新 7
「プリウスα」はプリウスより上質? モーターもバッテリーも足まわりも違った【10年ひと昔の新車】

「10年ひと昔」とはよく言うが、およそ10年前のクルマは環境や安全を重視する傾向が強まっていた。そんな時代のニューモデル試乗記を当時の記事と写真で紹介していこう。今回は、トヨタ プリウスαだ。

トヨタ プリウスα(2011年:ニューモデル)
プリウスαはプリウスのプラットフォームとパワートレーンをベースとしているが、プリウス比でホイールベースは80mm、全長は155mmも長い。全幅も30mm広く、全高は85mmも高い。つまり、ひとまわり以上も大きくなっている。車両重量も100kgほど重くなっているので、駆動力を高めるためにファイナルドライブを低くし、駆動用モーターは従来の空冷から水冷に変更している。これはTHS-II初の試みだ。

●【くるま問答】ガソリンの給油口は、なぜクルマによって右だったり左だったりするのか

走り出してみると、エンジン出力は同じなので、ファイナルドライブで駆動力を上げてもプリウスほどの発進加速は得られない。それでも市街地などでは少しレスポンスが鈍いかな?と感じる程度で、大きな差はない。長い上り坂などでは、エンジン回転の高いレシオを保つパワーモードを選択すれば問題ない。とはいえ、フル乗車時はやはり苦しい。

快適性は悪くない。ロードノイズをはじめ、風切り音もかなり抑えられており、静粛性は高い。プリウスは意外とロードノイズが大きかったが、それがうまくカットされている。多人数乗車を想定して遮音材を適材適所に配置するという努力が感じ取れる。

乗り心地についても「ばね上振動制御」がピッチングを抑え、ホイールベースの長さも効いている。姿勢安定性が高く、乗り心地はフラットだ。ただし、プリウスで気になったリアからの突き上げ感は解消されていない。コーナリング中のギャップ乗り越しではリアサスのよじれもあって、接地力が一瞬抜ける。プリウスよりも重心高が19mm高いことも不利に働いているようだ。

ハンドリングはベースのプリウスよりもゆったりしているが、ミニバンとして考えれば妥当だ。必要以上に過敏でなく、またアイポイントが高くて心理的にもゆとりを持って走れる。取り回しは、17インチタイヤ装着車の最小回転半径は5.8mあり、プリウスより少し慎重にならざるを得ない。

操作系は、スイッチ類は基本的にプリウスと同じだが、メーターのグラフィックが異なり、プリウスのような冷たい感じは払拭されている。

7人乗りと5人乗りの重量差は意外と少ない
プリウスαには3列7人乗りと2列5人乗りが設定されるが、これは単純にシートを1列増やしたというだけにとどまらない。プリウスでは、ハイブリッド用バッテリーはリアシート下に搭載しているが、3列シートにするとバッテリーの置き場がなくなり、これまでのニッケル水素バッテリーの積載は難しい。そこで、コンパクトで大容量の電気の出し入れが可能なリチウムイオンバッテリーを採用した。

プリウスαの7人乗りはセンターコンソール内にコンパクトなリチウムイオンバッテリーを搭載して3列シートを設置するスペースを確保。5人乗りはプリウスと同じ位置にニッケル水素バッテリーを搭載している。7人乗りはシートが増えたがバッテリーが軽量化されたため、5人乗りと7人乗りで車両重量の差は意外と少ない。

ツーリングセレクションではタイヤは215/50R17となり、段差などの乗り下げでの多少のバタつきと、凹凸での突き上げを感じるが、基本的な乗り心地はサイズの割りには良好で、バネ下の重さはほとんど感じられなかった。

ハンドリングはクイック感がおさえられ、ミニバンらしくハンドル操作に対して過敏に反応しない。それでいてハンドルを切りこんでいくとシッカリとグリップして、思ったとおりのラインをトレースしていく。このバランスの良さは、5人乗りでも7人乗りでも大きく変わらなかった。つまり、両車とも車両重量と重量配分が大きく違わないように作られ、どちらを選んでも1~2列目の乗り心地やハンドリングに違いはない。

Gツーリングセレクションのスカイライトパッケージは樹脂製サンルーフになり、遮熱効果に優れて、しかも従来のガラスルーフより40%も軽い。重量増で重心高が上がり、ハンドリングにも悪影響を与える大きなガラスサンルーフに対し、この樹脂パノラマルーフのアドバンテージは高い。家族と出かけることが多いミニバンならではの快適装備で、予算が許せば検討してみてはいかがだろうか。

■トヨタ プリウスα Gツーリングセレクション スカイライトパッケージ 主要諸元
●全長×全幅×全高:4615×1755×1600mm
●ホイールベース:2780mm
●車両重量:1490kg
●エンジン種類:直4 DOHC+モーター
●排気量:1797cc
●エンジン最高出力:73kW<99ps>/5200rpm
●エンジン最大トルク:142Nm<14.5kgm>/4000rpm
●モーター最高出力:60kW<82ps>
●モーター最大トルク:207Nm<21.1kgm>
●システム最高出力:100kW<136ps>
●トランスミッション:電気式無段変速機
●駆動方式:横置きFF
●JC08モード燃費:26.2km/L
●タイヤサイズ:215/50R17
●当時の車両価格(税込):330万5000円

[ アルバム : トヨタ プリウスα はオリジナルサイトでご覧ください ]

こんな記事も読まれています

クシタニが2024SSのおススメガーメントを発表!常に進化しながら安全な世界を創造
クシタニが2024SSのおススメガーメントを発表!常に進化しながら安全な世界を創造
バイクのニュース
全長5m超! 日産「新型エルグランド」見えたか! ド迫力の「新型車」を世界初公開! 伝統の「エルグラ顔」採用したモデルとは
全長5m超! 日産「新型エルグランド」見えたか! ド迫力の「新型車」を世界初公開! 伝統の「エルグラ顔」採用したモデルとは
くるまのニュース
ホンダ「PCX160」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
ホンダ「PCX160」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
「あおりハンドル」しちゃう人必見!! 大型車では気になる内輪差だけど普通車はどうなのよ!?
「あおりハンドル」しちゃう人必見!! 大型車では気になる内輪差だけど普通車はどうなのよ!?
ベストカーWeb
【大分日田市】何体の巨人と会える?進撃の巨人ゆかりの地巡り!〈文化に触れるドライブ旅〉
【大分日田市】何体の巨人と会える?進撃の巨人ゆかりの地巡り!〈文化に触れるドライブ旅〉
グーネット
井戸田潤、ナイトドライブでGT-Rを堪能!“街乗り最強”の一台とは?
井戸田潤、ナイトドライブでGT-Rを堪能!“街乗り最強”の一台とは?
グーネット
小は大を兼ねる!?  やっぱり日本人には「5ナンバー」が絶対いい! 
小は大を兼ねる!?  やっぱり日本人には「5ナンバー」が絶対いい! 
ベストカーWeb
クラウンエステート復活記念!ボディバリエーションで振り返るクラウンヒストリー
クラウンエステート復活記念!ボディバリエーションで振り返るクラウンヒストリー
グーネット
開幕前最後のテストでもドゥカティ優勢。ヤマハとホンダは『リヤグリップ』の課題が続く/MotoGPカタール公式テスト
開幕前最後のテストでもドゥカティ優勢。ヤマハとホンダは『リヤグリップ』の課題が続く/MotoGPカタール公式テスト
AUTOSPORT web
渋滞や災害など乗車中の“もしも”対策に!車載用防災セット新登場 東海電子
渋滞や災害など乗車中の“もしも”対策に!車載用防災セット新登場 東海電子
グーネット
新型クラウンエステートも登場!4つのクラウンを体験できるイベントが愛知/横浜/福岡で開催
新型クラウンエステートも登場!4つのクラウンを体験できるイベントが愛知/横浜/福岡で開催
グーネット
F1バーレーンテスト2日目:積極的にアタックしたサインツJr.が最速。レッドブルのペレス2番手
F1バーレーンテスト2日目:積極的にアタックしたサインツJr.が最速。レッドブルのペレス2番手
motorsport.com 日本版
雨の鈴鹿で明暗分かれたF2出身ルーキー。「すごくポジティブ」な岩佐と「簡単なことではない」プルシェール
雨の鈴鹿で明暗分かれたF2出身ルーキー。「すごくポジティブ」な岩佐と「簡単なことではない」プルシェール
AUTOSPORT web
フォーミュラE、日本初の本格公道レース『東京E-Prix』のボランティアスタッフ募集を開始
フォーミュラE、日本初の本格公道レース『東京E-Prix』のボランティアスタッフ募集を開始
AUTOSPORT web
Juju、2度のコースオフも「クラッシュしないように走ろうと思ったらタイムは出ない」「まだまだ伸びしろはある」
Juju、2度のコースオフも「クラッシュしないように走ろうと思ったらタイムは出ない」「まだまだ伸びしろはある」
AUTOSPORT web
新開発「スポーツe:HEV」がヤバすぎ!! 今春ついに販売開始の新型アコードは和製アルテオンだッ!
新開発「スポーツe:HEV」がヤバすぎ!! 今春ついに販売開始の新型アコードは和製アルテオンだッ!
ベストカーWeb
Green Braveがふたたびエントラント名を変更。埼玉を盛り上げるべく『埼玉Green Brave』に
Green Braveがふたたびエントラント名を変更。埼玉を盛り上げるべく『埼玉Green Brave』に
AUTOSPORT web
初日首位の牧野任祐が感じた新型ウエットタイヤの“キャラ変”。「すごく敏感」ながらもロングランは良好?
初日首位の牧野任祐が感じた新型ウエットタイヤの“キャラ変”。「すごく敏感」ながらもロングランは良好?
AUTOSPORT web

みんなのコメント

7件
  • 実用車としとは良く出来た車、セカンドカーとしてなら是非欲しい1台。
  • プリウスに上質もクソもあるか。バカが乗る車だろ。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

256.5355.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.0319.0万円

中古車を検索
プリウスαの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

256.5355.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.0319.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村