現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トムスが手がけたプリウスαは、キュートさと卓越した運動性能を併せ持っていた【10年ひと昔の新車】

ここから本文です

トムスが手がけたプリウスαは、キュートさと卓越した運動性能を併せ持っていた【10年ひと昔の新車】

掲載 1
トムスが手がけたプリウスαは、キュートさと卓越した運動性能を併せ持っていた【10年ひと昔の新車】

「10年ひと昔」とはよく言うが、およそ10年前のクルマは環境や安全を重視する傾向が強まっていた。そんな時代のニューモデル試乗記を当時の記事と写真で紹介していこう。今回は、トムスが手がけたプリウスαだ。

TOM'S プリウスα(2012年:チューンドカー)
今年(編集部註:2012年)の東京オートサロンのトヨタ ブースに、やや異色と思えるクルマがあったのをご存じだろうか? 室内から外装まで見慣れない派手なデコレートを行い、けれどもどことなくホンモノ感が漂うプリウスα。これを造り上げたのは、レースからチューニングカーまで幅広く手がける、あのトムスである。

ホンダCR-Zはかつてないスポーツカー。CR-Xのスタイリングを意識したものではなかった【10年ひと昔の新車】

フォーミュラニッポン(編集部註:現在のスーパーフォーミュラ)やスーパーGTに参戦する一方で、レクサスをはじめとするトヨタ系のクルマに対して硬派なチューニングを行ってきたトムス。同社が造り出すチューニングカーは、飛び道具的なパワーでもなく、はたまた見た目重視のクルマでもなかった。ひと言でいえば、質実剛健。通には響くが押しが弱い、そんな感覚だ。

派手であること、そして突き抜けたスペックこそ注目されるチューニングカーの祭典であるオートサロンでは、そんなトムスの真面目なクルマ造りが注目されることは少なかったのだという。

そこで行き着いたのが、ジェリーラバーズというブランドが生み出したジェルストーン。これは、さまざまな色が用意される粒状のストーン(塩化ビニル樹脂製)を組み合わせて貼り付けることで、オリジナリティあふれる内外装デザインを可能にする。ちなみにデモカーのデコレーション費用は約30万円。これだけ派手に貼り付けると、剥がれてしまうことが心配だが、洗車も大丈夫なほどの耐久性を持つ。実用性も確保するあたりは、さすがはトムスが選んだ逸品だ。

硬派なトムスの新たなる可能性を秘めた1台か
チューニングはトムスの方程式に則ったもので、ボディ各部にブレースバーを奢り剛性を向上。その上で乗り心地と走りを両立するアドヴォックスと呼ばれるサスペンションを組み合わせているところが特徴的。さらに軽量・高剛性のホイールに変更しているところもポイントだ。

また、吸排気系についても変更を行っているが、今回はプリウスα 7人乗り用にマフラーのチューニングを行っているところも目新しい。プリウスαは荷室下部にバッテリーを搭載していないことから、マフラーの音が車室内に侵入しやすいという特徴がある。そこで音が入り過ぎないようにチューニングを行ったという。それぞれのクルマに対してきちんとした仕様のパーツを造り出すあたりがトムス流といっていいだろう。

試乗してみると、無駄なピッチングやロールを見事に抑えながらも、乗り心地が良好なところが光っている。ステアリング操作に対するレスポンスも良好で、ハンドリングが洗練されたことがきちんと伝わってくる。また、マフラーのサウンドが適度にスポーティなところもマル。乗員に不快な思いをさせることなく、いざとなればスポーツドライビングを楽しめる仕様としたところが嬉しい。これぞトムスならではのマジメな造り込みだ。

一見するとドレスアップカーに感じるクルマだが、中身もしっかりと奢られたところがこのクルマの良さ。質実剛健ぶりは、やはり相変わらずといっていいだろう。

ボディから足まわり、そしてマフラーやステアリングに至るまで、官能性能をトコトンまで追求するトムス。同社が今回デコレートした訳は、おそらく目立ちたかったからというだけではない。視覚で楽しめる世界を模索し始めたということではないだろうか? 新たなるチューニングを探求しようという、その姿勢が興味深い。

トヨタ プリウスα G(ベース車両) 主要諸元


●全長×全幅×全高:4615×1775×1575mm
●ホイールベース:2780mm
●車両重量:1480kg
●エンジン:直4 DOHC+モーター
●総排気量:1797cc
●最高出力:73kW(99ps)/5200rpm
●最大トルク:142Nm(14.5kgm)/4000rpm
●モーター最高出力:60kW<82ps>
●モーター最大トルク:207Nm<21.1kgm>
●システム最高出力:100kW<136ps>
●トランスミッション:電気式無段変速機
●駆動方式:横置きFF
●燃料・タンク容量:レギュラー・45L
●JC08モード燃費:26.2km/L
●タイヤサイズ:205/60R16
●当時の車両価格(税込):300万円

[ アルバム : TOM'S プリウスα はオリジナルサイトでご覧ください ]

こんな記事も読まれています

F1 Tokyo Festivalが今年も開催! 六本木ヒルズアリーナで4月2日から2日間……日本GP直前に、東京もF1色に染まる
F1 Tokyo Festivalが今年も開催! 六本木ヒルズアリーナで4月2日から2日間……日本GP直前に、東京もF1色に染まる
motorsport.com 日本版
ホンダ「CBR400R」 外観を一新し装備を充実させた新型モデル発売
ホンダ「CBR400R」 外観を一新し装備を充実させた新型モデル発売
バイクのニュース
トヨタ「スペシャリティカー」実車展示! 高級“2ドア”クーペに2.8L直6搭載!? 1000万円級個体も存在、ソアラの反響は?
トヨタ「スペシャリティカー」実車展示! 高級“2ドア”クーペに2.8L直6搭載!? 1000万円級個体も存在、ソアラの反響は?
くるまのニュース
樹脂パーツの救世主! DIYで使える強力補修剤とは?~Weeklyメンテナンス~
樹脂パーツの救世主! DIYで使える強力補修剤とは?~Weeklyメンテナンス~
レスポンス
スポーティな2ドアも加えて新時代の高級車像を確立!「230セドリック/グロリア」新発売!【53年前の今日、こんなことが…】
スポーティな2ドアも加えて新時代の高級車像を確立!「230セドリック/グロリア」新発売!【53年前の今日、こんなことが…】
LE VOLANT CARSMEET WEB
ロータス エレトレ【1分で読める輸入車解説/2023年版】
ロータス エレトレ【1分で読める輸入車解説/2023年版】
Webモーターマガジン
最新ハイブリッドも発売目前!? カワサキが大阪・東京・名古屋モーターサイクルショーの出展概要を発表
最新ハイブリッドも発売目前!? カワサキが大阪・東京・名古屋モーターサイクルショーの出展概要を発表
WEBヤングマシン
まもなく発売開始!? カワサキが新しいオフロードバイク「KLX230」を実車展示! 林道ツーリングに最適な注目モデルの魅力とは?
まもなく発売開始!? カワサキが新しいオフロードバイク「KLX230」を実車展示! 林道ツーリングに最適な注目モデルの魅力とは?
VAGUE
【最新モデル試乗】優れた走りとスペース性。新世代Kカーの「ど真ん中」、新型スズキ・スペーシアの優位ポイントを探る
【最新モデル試乗】優れた走りとスペース性。新世代Kカーの「ど真ん中」、新型スズキ・スペーシアの優位ポイントを探る
カー・アンド・ドライバー
ホンダ「新型スーパーカー」登場へ まさかの「NSX復活」!? 「プレリュード」に続く流麗ボディ×エモーショナルな「フラッグシップスポーツカー」登場なるか
ホンダ「新型スーパーカー」登場へ まさかの「NSX復活」!? 「プレリュード」に続く流麗ボディ×エモーショナルな「フラッグシップスポーツカー」登場なるか
くるまのニュース
【SCOOP!!】FX? はたまたゼファー?! カワサキ新型「Z400RS」に車名変更の可能性アリ?!
【SCOOP!!】FX? はたまたゼファー?! カワサキ新型「Z400RS」に車名変更の可能性アリ?!
WEBヤングマシン
全長5m超! 日産「新型エルグランド」見えたか! ド迫力の「新型車」を世界初公開! 伝統の「エルグラ顔」採用したモデルとは
全長5m超! 日産「新型エルグランド」見えたか! ド迫力の「新型車」を世界初公開! 伝統の「エルグラ顔」採用したモデルとは
くるまのニュース
クシタニが2024SSのおススメガーメントを発表!常に進化しながら安全な世界を創造
クシタニが2024SSのおススメガーメントを発表!常に進化しながら安全な世界を創造
バイクのニュース
ホンダ「PCX160」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
ホンダ「PCX160」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
「あおりハンドル」しちゃう人必見!! 大型車では気になる内輪差だけど普通車はどうなのよ!?
「あおりハンドル」しちゃう人必見!! 大型車では気になる内輪差だけど普通車はどうなのよ!?
ベストカーWeb
【大分日田市】何体の巨人と会える?進撃の巨人ゆかりの地巡り!〈文化に触れるドライブ旅〉
【大分日田市】何体の巨人と会える?進撃の巨人ゆかりの地巡り!〈文化に触れるドライブ旅〉
グーネット
井戸田潤、ナイトドライブでGT-Rを堪能!“街乗り最強”の一台とは?
井戸田潤、ナイトドライブでGT-Rを堪能!“街乗り最強”の一台とは?
グーネット
小は大を兼ねる!?  やっぱり日本人には「5ナンバー」が絶対いい! 
小は大を兼ねる!?  やっぱり日本人には「5ナンバー」が絶対いい! 
ベストカーWeb

みんなのコメント

1件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

256.5355.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.0319.0万円

中古車を検索
プリウスαの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

256.5355.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.0319.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村