トヨタ プリウスα 「7人乗りプリウス」の専門家レビュー ※掲載内容は執筆日時点の情報です。

栗原 祥光
栗原 祥光
自動車ジャーナリスト
評価

3

デザイン
2
走行性能
3
乗り心地
3
積載性
3
燃費
5
価格
5

7人乗りプリウス

2022.1.25

年式
2011年5月〜モデル
総評
発売当初は人気があったが、シエンタなど3列目シート対応ミニミニバンの登場により不人気車に。ゆえに中古相場では球数が多く比較的安価で狙える。
満足している点
3列シートモデルのほか、2列目シートモデルがあり、ステーションワゴン的な使い方ができる。2列目シートモデルならオプションでAC100Vを取り付け可能。
不満な点
3列目の乗降性は悪く、また荷室も狭くなる。運転支援系などに古さを覚えるのは仕方ないところ。
デザイン

2

3代目プリウスをベースにホイールベースを伸長させることで3列シートを実現した1台(5人乗り仕様もあり)。よってフロントマスクまわりに古さを感じる。
走行性能

3

必要にして十分なパワーはあるものの、スポーティーな走りを求めると物足りなさを覚える。
乗り心地

3

大人数での重量増に対応するためか、3代目プリウスより硬めの印象。
積載性

3

7人乗りゆえ、荷室は狭くなってしまうのは仕方のないところか。
燃費

5

燃費は25km/リッターを超えてくる。かなり優秀。
価格

5

球数は多いためか、中古相場や安めの印象。
栗原 祥光
栗原 祥光
自動車ジャーナリスト
東京都出身。中央大学理工学部卒業後、電気回路エンジニアへ。30歳を前にオーディオ専門誌とタウン情報誌、同Webサイトの編集者へと転身。現在はフリーのカメラマンとライターとして、年間100台近い自動車・バイク取材のほか、モータースポーツや各種イベントの取材を精力的に行っている。好きなクルマはライトウェイトスポーツと大型SUV。
トヨタ プリウスα 新型・現行モデル