トヨタ プリウス のみんなの質問

解決済み
回答数:
14
14
閲覧数:
63,155
0

ハイブリッド車のバッテリーについて。プリウス、アクアは10万kmも走ったらガソリン車と変わらない燃費になるのでしょうか?

HVバッテリー交換費用で低燃費はチャラになってガソリン車と変わらない、あるいは悪いという意見があります。

トヨタ製ハイブリッド車の多くは3回目の車検(7年目)を受けず 廃棄されているらしい。
その理由として、車検費用にニッケル水素バッテリーの代金+交換工賃の支払いが
重たいから(もっとも安いアクア用でも12.9万円で交換工賃別))だと説明しています。

※トヨタでは「ニッケル水素バッテリー」の保証を「5年未満、5万キロ」として、以後の
交換は有償であるとの記載。

走行距離にもよると思いますが、最新のハイブリッド車でも記事のとおり3回目程度の車検で「ニッケル水素バッテリー」の交換が必要なのでしょうか?
個人的には10万キロ弱くらいはバッテリー交換なしだと考えていたのですが・・・

実際のところ、どうなのでしょうか?HVは楽しめますが、長期的に見れば損ですか?
3代目プリウスのHVバッテリーの交換費用が高くて売ってしまった人はいますか?

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。

ベストアンサーに選ばれた回答

駆動用バッテリーの寿命は、車両の寿命程あります。
普通の乗り方なら、廃車する時までバッテリーは持ちます。
SOC制御により、廃車する頃でもバッテリーの利用可能容量は半分程度はありますから、バッテリーの交換は事故等で損傷した場合でしょう。
駆動用バッテリーの保証は各メーカー概ね5年間もしくは10万kmの早い方となっています。
海外では、もっと長く保証しています。
運が悪く故障すれば損ですが、普通に使えば損にはならないでしょう。
ハイブリッド車はリセールバリューも高いので、損よりも得の面が多いと思います。

(chairman2014さんへ)

その他の回答 (13件)

  • 燃費がガソリン車並になると言うのも3回目の車検でバッテリー交換もどちらもデマですよ

    走行用のバッテリーはエンジンと同じ車の寿命まで交換不要で燃費の悪化もガソリン車と同じです
    保証が切れる=車検で交換しないといけないなら普通のエンジン等のパーツもだいたい5年で保証が切れるので3回目の車検で車自体を代えないといけないことになります

  • >交換が必要?
    別に→走らなくなる」ワケじゃない
    (・ω・)ノはぃ☆

    携帯だって…
    使えなくなる」ワケじゃない
    でしょ?
    (`・ω・´)うむ☆
    同じよ

    劣化して→容量が減る?だけ→充電回数が増える?
    (・ω・)ノはぃ☆
    つまり…
    エンジン発電が増える→燃費低下

    モーター出力→低下
    EV走行時間→減少
    ε=ε=┏( ・_・)┛GO☆
    だが→充電する☆から
    問題ない

    最後にゃ…
    満足に充電できず→エンジンで走る車
    ε=ε=┏( ・_・)┛GO☆
    走らなくなる?ワケじゃ☆ない
    1.8Lもあれば…
    とりあえず☆走る
    (`・ω・´)うむ☆
    問題ない

    10年…20年…30年☆
    \(◎o◎)/おぉ~☆
    乗ろうと思えば→いけますよ

    初代インサイト」は…
    10年落ちを購入→交換したら
    動きも燃費」も→よくなりました
    ☆:*(人´ω`*)幸せ
    交換しなくても→走ります

    今のが→どんくらい?保つかは
    わからんけど

    ま…エンジンも…
    オーバーホール」した方が→快調☆
    だしな
    (`・ω・´)うむ☆
    古くなりゃ→悪くもなる☆さ

  • ハイブリッドバッテリーは正確には5年10万キロの保証だったと思います。

    ハイブリッドがまだ主流で無かった時代は、そのような事がいわれていましたが、今はそんなことないと思いますよ。

    多分、プリウス30系のタクシーは20~30万とか走ってるとおもいますがHVバッテリー交換してないタクシーがほとんどだとおもいます。

    故障しない保証は無いけど、確率的には故障しない方が圧倒的に高いと思います。

1 2
「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の
「自動車」カテゴリとデータを共有しています。

あわせて知りたい

トヨタ プリウス 新型・現行モデル

トヨタ プリウスのみんなの質問ランキング