トヨタ GRヤリス のみんなの質問

解決済み
回答数:
6
6
閲覧数:
278
0

GRヤリスの四輪制御技術は、その昔ランエボの開発陣がトヨタに転職して大元を作ったってほんとですか?

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。

ベストアンサーに選ばれた回答

過去に三菱からトヨタへ転職した人がおり、三菱で得られた知見を手土産に入社したが吐いた後はお払い箱になったという、業界ではよくある辞めた側の愚痴話なのでしょうか?

現行のGRヤリスに三菱の血が混ざっていると思いたいのは、現行車に乗り換え候補がない三菱ファンのやりきれない気持ちを考えると理解できます

その他の回答 (5件)

  • 事の真偽は定かではありませんが、こんな話は自動車業界に限らず当たり前にされていることですし・・なんでこんなに騒ぐのでしょうか。
    今は復活していますが、三菱は一時期ラリーアートを解体しています。
    そうなればそこのエンジニア達は転属になります、純粋にラリーをやりたいエンジニアが働き場を求めて転職を考え、その一部がWRCに参戦しているトヨタの門を叩いたとしてもおかしくはありません。

  • まさかGTなんとかっていうYouTubeチャンネルのネタですかね?なんかそれっぽい事言ってましたよね。信じるかどうかはあなた次第って。私は信じてませんが笑笑

  • >ランエボの開発陣がトヨタに転職して大元を作った
    AIは「正確な情報だ」と書いていますが、それは「大ウソ」でしょう。(笑)

    「ランエボの開発陣」の中で「トヨタに移った」というのは、ランエボ6でWRCでシリーズチャンピオンを獲得したドライバーの「トミ・マキネン氏」のことでしょう。
    「開発陣」ではないです。

    トヨタのモータースポーツ参戦の責任者となった「トヨタジュニア」の章男氏が、「ドライビングの師匠」として呼んだトミ・マキネン氏と「意気投合」して(と言われていますが、実際には「金を積んで」かもしれません(笑))、トヨタのラリー車の開発を丸投げしたのです。

    トヨタ自身は、以前「セリカGT-Four」でWRCを制覇した経験がありますから、「システムの大元」自体は元から持っていたと言ってもいいでしょう。
    それを「現代のWRCで勝てるレベル」にまで磨き上げたのが、かつてランエボで世界を制覇したトミ・マキネン氏だったということです。

  • GRヤリスの四輪制御技術は、その昔ランエボの開発陣がトヨタに転職して大元を作ったってほんとですか?
    大きく異なる・

  • はい、その情報は正確です。トヨタのGRヤリスは、かつて三菱のランサーエボリューションを開発していたエンジニアがトヨタに移籍し、その経験と技術を活かして開発されました。その結果、GRヤリスには高度な四輪駆動システムが搭載され、優れた走行性能を発揮しています。

    ※この回答は生成AIで作成したものであり、最新の情報や完全な正確性等を保証するものではありません。

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の
「自動車」カテゴリとデータを共有しています。

あわせて知りたい

トヨタ GRヤリス 新型・現行モデル

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

トヨタ GRヤリスのみんなの質問ランキング

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離