現在位置: > > > > > 2010年式パレットX2WDについてのレポー...

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『2010年式パレットX2WDについてのレポートです。 設計面でスペーシアより古いものの、両側スライドドアの軽ワゴンが欲しい方にはまだまだ魅力的な車で』の口コミ

  • 2010年式パレットX2WDについてのレポートです。 設計面でスペーシアより古いものの、両側スライドドアの軽ワゴンが欲しい方にはまだまだ魅力的な車で

    総合評価:10点満点中8点

    投稿日:2014年3月3日

    投稿者:やっちゃそ さん

    乗車形式:レンタカー

    メーカー・モデル:スズキ パレット
    グレード:-

    総評
    2010年式パレットX2WDについてのレポートです。
    設計面でスペーシアより古いものの、両側スライドドアの軽ワゴンが欲しい方にはまだまだ魅力的な車です。
    また、ワゴンRに対しては両側スライドドアと室内高、エブリイに対してはフロアの低さによる乗降性のよさで優れています。
    多少のエンジン音は気にしない、レーダーブレーキはなくてもいい、型が古くても車としての基本ができていればいい、という方には、パレットも魅力的な選択であることは間違いないでしょう。
    スピードが遅めなのはご愛嬌ですが、景色がよく見えて車内は広々しており、ドライブの道中が楽しくなる車です。
    満足している点
    広い室内。平地の1時間以内移動で、手荷物程度なら、
    成人男性4人でも苦にならない。
    高い室内高。自転車や小さめのソファなら、ホームセンターのトラックを借りずに帰れる。
    乗用車同様のフロアの低さ。私見では、MRワゴンよりもフロア高、シート高が低く、乗り降りしやすかった。
    前述の理由+両側スライドドアにより、後部座席へのアクセスが容易。某車のように左と右で乗降性が著しく異なる事もない。
    ベルトラインが低く水平で、ガラス面積が大きいため、全方位とも視界良好で運転がとてもしやすい。
    小収納が充実しており、財布や電話、筆記用具などの小物の置き場に困ることがない。
    乗り心地が意外とよい。段差通過時でも、何度もバウンドすることなく、1回ほどで済む。
    使用状況や環境次第だが、車重の割によく走る。満タン法の区間燃費で、21.0㎞/l(郊外一般道、渋滞なし、一人乗り)、同条件で複数乗車でも17.5㎞/lの数値が出た。
    出だしこそ遅いが、流れにのれば、重量級軽ながらもそこそこ楽しいドライブが満喫できる。
    不満な点
    ゼロ発進からの出だしや、減速からの復帰が遅い。恐らく、K6Aエンジンの特性ではなく、CVTの変速プログラムによるものと思われる。
    ノイジーに感じるエンジン音。R06Aエンジン車と比べて、2割増しで音が大きい。特に登坂では音楽の音量を上げたくなる。
    NAノンターボで乾燥重量930㎏のため、俊敏には走れないことを自覚して左レーンキープを励行すべし。
    リヤシートを床下収納する際に引っ張るストラップが、スライドドア側の床面にあり、分かりづらい。
    後席カップホルダーの位置、後席の位置・角度調整方法など、アメニティ面でスペーシアより古いと思わせる部分がある(仕方ない)。

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする

口コミを書く

口コミを投稿する(外部サイト)

※自動車SNSサイト「みんカラ」に遷移します。
みんカラに登録して投稿すると、carview!にも表示されます。

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)