現在位置: > > > > > スバルXVハイブリッドのアイドリングストップ用...

『スバルXVハイブリッドのアイドリングストップ用...』:スバル XV

解決済みスバルXVハイブリッドのアイドリングストップ用バッテリーの交換方法は? アクセサリ用バッテリーと同様メモリー対策等が必要ですか?

スバルXVハイブリッドのアイドリングストップ用バッテリーの交換方法は?
アクセサリ用バッテリーと同様メモリー対策等が必要ですか?

ベストアンサーに選ばれた回答

こちら(http://clicccar.com/2013/04/21/218190/)がご参考になると思います。
停車時のエンジン始動は車載電源元の向かって右側の12V鉛蓄電池、走行中のエンジン始動は向かって左側の12V蓄電池のようです。
ご質問の停車時のアイドリングストップ復帰は既存ガソリン車と同様に、向かって右側の12V鉛蓄電池を交換するだけです。
このバッテリーを交換する時には、電装系電源が一時的に切れるのでメモリ消失対策が必要です。

走行中にエンジン再始動を行う12V鉛蓄電池の交換では、車載電源は切れませんから、メモリ消失対策は必要無いでしょう。

(kuruma_zukijijiさんへ)

回答一覧

1件中1件を表示

  • 以前私が回答したコピペですので、質問の意図にそぐわないかもしれませんが。

    修理書なんかだと、バックアップを取らずに作業するのが前提なんですよね。
    で、昨今の車はバッテリーに電流センサーがつけられており、消費電力を監視、積算しています。新品バッテリーに交換したらリセットが必要なのかもしれません。
    XVハイブリッドの修理書を見る限り、マイナス、プラス外した後に、バッテリーセンサーを抜く作業があります。
    抜かずともバッテリーは交換できるのに、あえて抜く工程があるので意味があるのでしょう。
    恐らくは積算リセットと思われます。
    取り付け順序は、センサーコネクタを接続してから、プラス、マイナスの順に取り付け。

    で、取り付け後、いきなり始動せず、キーオンにして10秒くらい待ってブレーキやアクセルの初期学習をさせます。
    この工程は、バッテリーを外すために行うので、バックアップを取るなら不要でしょう。

    バックアップを取りつつ、バッテリーセンサーを外せばリセットされるとは思います。
    でも、修理書にはそこは書かれていないので何とも言えません。
    ハイブリッド車に限定したことでもないので、どっちでも良いかもしれません。

    ちなみに、このバッテリーセンサーは交換時以外外すな。と書かれています。

    あとは自己責任でどうぞ。
    壊れやしませんから心配は無用です。
    バックアップ時はショート厳禁ですよ。

1件中1件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

中古車選びの不安にサヨナラ! Hondaの「U-Select」に注目の理由

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

マイカー登録はこちら

ダイハツロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

中古車スバル XVアクセスランキング
  1. 1位 2.0i-L アイサイト 4WD
    2.0i-L アイサイト 4WD
    1,208,000円(埼玉)
  2. 2位
    2.0 アドバンス 4WD
    2,668,000円(大阪)
  3. 3位
    2.0i-S アイサイト 4WD
    2,498,000円(大阪)
  4. 4位
    1.6i アイサイト 4WD
    2,299,000円(大阪)
  5. 5位
    2.0i-L アイサイト 4WD
    1,418,000円(埼玉)

※2020年4月3日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)