『マツダ CX-8』 マツダ CX-8 の口コミ・評価 | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!

現在位置: carview! > カタログ > マツダ > CX-8 > 口コミ・評価一覧 > マツダ CX-8

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『マツダ CX-8』の口コミ

  • マツダ CX-8

    総合評価: 5.0

    投稿日:2020年2月28日

    投稿者:タカタカ@インプワゴン さん

    乗車形式:マイカー

    メーカー・モデル:マツダ CX-8
    グレード:25T Lパッケージ_7人乗り_4WD(AT_2.5) (2019年式)

    総評
    CX-8は400万円台の価格を考えると、とってもコストパフォーマンスが高い。

    日本の道路を走る7人乗りSUVとしては、外車を含めて比較してもCX-8が一番バランスが良く優れていると感じる。

    僕は過去において普段乗りとして、スバルランカスター、スバルインプレッサワゴンSTIver.3、ホンダエクストリーム、スバルレガシーワゴン3.0、レクサスLS460、BMW535iと乗ってきたが、CX-8が一番満足度が高い。

    CX-8は遊び心を刺激してくれる。

    外観も内装も乗り心地も質感が高く、高級車と肩を並べられるポテンシャルを持ちながらも、価格は外車等の高級車と比べ半分くらいかそれ以下であることから、カスタム好きにはたまらない素材であると言える。

    弄る(弄れる)幅が高級車に比べ圧倒的に広い。

    高級車だと元の価格が高いので正直カスタムする気はあまり起きない。せいぜいタイヤホイールのチェンジと純正オプションの装着くらいだ(それでもかなりの高額)。

    相当なお金持ちなら何でもいいだろうが、大多数の人にとっては価格はとっても重要である。

    CX-8は決して安い車ではないが、競合する相手が1000万円級の車だと考えれば、カスタムしても十分お釣りがくる。

    そして弄った分だけしっかり個性が出せて、それも嫌味なく上品な感じになる今のマツダデザインはある意味高級車キラーであり、そんな部分に僕の遊び心がビンビン刺激されるのである。

    そんなわけで、高級車を乗ってきた人間でも乗ってみたいと思わせる魅力がCX-8にはある。
    満足している点
    ・ジェントルでヨーロッパ車のようなフォルム。
    ・少しカスタムを加えれば個性が引き立って、それでいながらくどくならないスタイル。
    ・日本の道路、駐車場事情に合った大き過ぎないボディーサイズ。(7人乗りのSUVだと外車はほとんどが幅2M,全長5Mと大き過ぎる)
    ・400万円クラスとは思えない質感の高い内装。
    ・ロングホイールベース由来のゆったりした乗り心地と穏やかで素直なハンドリング。
    ・ガソリンターボならではの伸びやかな加速力に加え、マツダエンジン技術の生み出すディーゼルエンジンのような低速トルクの立ち上がりの良さ。(結構速い)
    ・高級外車に決して引けを取らない静粛性。
    ・7人がしっかり乗れる積載性が生み出す、使い勝手の良さ。
    ・スピーカー交換、デットニングをきっちり施せば、驚くほどパワフルでクリアーな音を鳴らすボーズオーディオシステム。

    など。
    不満な点
    ・ドアクローザーシステムが出来れば欲しい。
    ・高速道路巡行する際、6速だとエンジンブレーキが利きすぎて速度をキープしにくい。出来れば7速が欲しい。
    ・足のダンパーセットでハイスピード領域の縮み側の減衰設定がやや高く伸び側がやや低いと感じる。走行距離が長くなるにつれダンパーの馴染みによる改善はあるだろうが、基本のセットアップでこの辺を詰めてもらうといいと思う。
    スタビレートが車格の割に低い気がする。その分をダンパーで固めようとしているのだろうが、ちょっとバランスが悪い。
    個人的にはスタビレートを少々アップして、バネレートはそのままにダンパーのハイスピード領域の減衰セットを最適化すればもっと乗り心地が良くなると思う。

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする