現在位置: carview! > 新車カタログ > マツダ(MAZDA) > アテンザスポーツ > みんなの質問(解決済み) > 車は大きくわけてATとMTがありますが、 ...

マツダ アテンザスポーツ のみんなの質問

解決済み
回答数:
15
15
閲覧数:
1,631
0

車は大きくわけてATとMTがありますが、 燃費はどっちのほうがいいのでしょうか? 聞いた話ではMTの方が燃費はいいとか でも加速はATの方が燃費がいいとか… 結局、トータルでどっちが燃費がいいのか わかりません

教えて下さい!

また、だいたいでいいのでどれくらい違いが
あるのかも教えて頂けたら幸いです



今のところマツダの車の購入を考えてます
ので、メーカーによって違いがあるのなら
マツダ車での違いを教えて欲しいです

アクセラ、アクセラスポーツ
アテンザスポーツ or ワゴン
を考えています

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。

ベストアンサーに選ばれた回答

日本のカタログ燃費ではAT(特にCVT)がMTを上回る場合がありますが、CVT車で実燃費がカタログ燃費に達することはないでしょう。

カタログ燃費の計測では、ハンドルを切らない(電動パワステなら、ハンドルを切らなければ損失がない)などという実際には不可能な状況で計測してますから。

同じように、MTの計測方法は1速で何千回転まで上げて何秒、2速でも何秒、などど、バカげた計測方法です。
通常、1速なんか、一瞬で通過するのに、数秒間保持しないとダメな計測方法なので、MTが悪くなります。

アクセラのカタログ燃費でATがMTを上回ってますが、アテンザもアクセラも、同じ燃費走行の技術の人が運転すれば、MTが実燃費は上回ります。

計測方法がCVTに有利なようになってますので、CVTの燃費表示が良くなる傾向です。
逆に言うと、一番不利なMT車のカタログ値と実燃費が一番近く、有利なCVTは実燃費と一番離れる傾向にあります。

ただ、現在、MTのグレードとCVTが同じギヤ比ということは無いので、厳密には比べることが難しいと思います。

トランスミッション単体で比較すると、

MT>DCT>ステップAT(多段化 6~8速)>CVT>4AT って感じだと思います。

ステップATよりCVTのほうが燃費良い車が多いですが、6速や7速のステップATとCVTを比べてることはないですよね。

例えば、デミオの場合、ATは4ATとCVTがあり、CVTのほうが燃費良いですが、4ATで古いATな上に、エンジン関係も違いがあります。

伝達効率だけで言えば、MTが間違いなく一番良いのです。

燃費となると、他に色々な条件(ギヤ割、エンジン、駆動系等)がからむので、MTのグレードが良い、とは言い切れませんが。


候補のマツダ車は、どれも6ATで最新のモノですが、それでも同じ運転者なら、6MTのほうが燃費は良いです。

マツダの6ATはDCT並みの伝達効率を目指して、さらに従来のトルコンATのスムーズさも狙った良いものだと思います。


トルコンが小型化されてるので、発進時にトルコンのトルク増幅作用でごまかしにくくなり、逆にエンジンの極低回転トルクをしっかり出してあるとこなんか、運転感覚が良いと思います。

MTも新開発のもので、操作感が軽いのにカッチリしていて、クラッチも軽く、多少の渋滞なら気にならないと思います。

アテンザの場合、ディーゼルとの組み合わせになりますが、大容量タイプのMTと組み合わせてあります、
個人的にはアクセラ1500ccか2000ccのガソリンエンジンは、中容量のMTと組み合わせてあり、回転感覚が軽くてそちらのMTのほうが好きですが。

ディーゼルのトルクフルな感じもとても気持ち良くて楽しいMTだと思います。

質問者からのお礼コメント

2014.4.3 22:49

詳しくありがとうございます。
ベストアンサーをどなたにするか迷いましたが
一番詳しく書かれている方にしました。
他の方のご意見も大変参考になるものでした
ので、検討の材料として使わせて頂きます。

その他の回答 (14件)

  • もう、MTの方が燃費云々は過去の話です。

    「乗る人による」
    それは、質問者さんが乗る車を選んでいる以上無意味な条件付け。
    運転者は質問者さんで同一。条件は一緒です。

    MTを上手く、燃費よく操れる人は、ATに乗ってもやっぱり上手いものです。ATに乗った途端に下手になる事はありません。すぐにアクセル開閉の強制シフトアップやロックアップ維持等、ATで燃費を稼ぐ方法にも気がつきます。
    ですが、その逆はあり得ますから。


    補足:ボンゴのATは…………あれは絶望的にダメですよね………。
    個人的にはボンゴに限って燃費云々以前に精神的肉体的にMTオンリー。ATには乗りたくありません。
    青春を捧げた車なんで、まだまだ頑張って欲しい気持ちもありますが、流石に現代では基本設計が古すぎる………。

  • 私はマツダに23年乗っています
    マツダボンゴ2000ディーゼルMT車では10万kまでギアは12345速と使っていました時は燃費は12kでした
    10万k過ぎてから普通はギアは135速だけ使いましたところが燃費は信じれないくらい伸び燃費は15kになりましたしそれでも無修で20万㌔k走りました5速で走ってる時は時速25キロ下がらないとギアは切り替えません

    30万k乗ろうと思いましたが旧式なのでエアコンのガスが旧式のは無いから
    ボンゴ2500AT車に乗り替えました
    さすが燃費は悪く9~10kぐらいしか走れません排気量は500㏄上がりましたが燃費は5割増です
    同じボンゴで燃費はこれだけ違います今は新車のMT車はなくて残念です

    参考....オイル交換は1年(15,000k)エレメント交換は車検の時(30,000k)です
    もちろん無修理です

  • 下手が乗ればCVTに軍配、
    上手が乗ればMTに軍配。

  • 当然MTですよ。乗る人の技量にもより変わりますが、それはATでも同じですし。
    それにしても、こんな質問が出る時代なんですねぇ。

  • MTとATで燃費や速さを分けることはできません。ATにはCVT、トルコン、DCTがあり、効率や運動性能でまったくの別物です。

    燃費では、
    DCT、CVT、MT、トルコンの順
    運動性能では、
    DCT、MT、トルコン、CVTの順ですが、
    ラフな走り方をした場合はMTの方がCVTより燃費は良くなります。

    皆さんの言うように運転の仕方で大きく変わるものです。上の比較も同条件で運転した場合の比較です。

  • 昔は、MTオンリーの車乗りでしたが、今や、ATというかCVT乗りに特化していますが、結論から言うと、今のATはMTとほとんど変わりない燃費です。急発進や、信号ラリー等を行っておらずに、スムースな運転をしていれば、カタログ燃費位は、達成しますよ。カタログ燃費を100として、ガソリンを満タンにして、燃費を計測して、80%の燃費であれば、合格点、70%だと、一般的な運転者の燃費となります。私の場合は、ゆっくりと加速するので、ほぼ、100%
    以上の燃費です。排気量は、現在は、2500CC、以前は、3500CCのガソリンエンジンで、8.3キロ燃費でした。

  • 少し前まではATよりMTの方が燃費が良い、が常識でした。

    しかし最近のガソリン車はAT技術の向上によりMTの燃費を超える物が増えつつあります。
    例えばアクセラの1.5LはMT(19.2km/l)よりAT(19.4km/l)の方が燃費は良いですね。2.0Lはまだ発売前のため未定となっていますがATが上回ると思っています。
    ちなみにディーゼル車はまだまだMTの方が燃費が良いようです。

    加速に関しては構造上の伝達ロスを考えるとMTの方が早いはずです。但しシフトアップのテクニックにより大きく左右されますので、踏んでいるだけで良いATの方が体感的に早く感じる場合もあるということだと思います。

    車のホームページには必ず「主要諸元」とか「スペック」というページがあるので、そこに燃費が載っています。
    色々見て回ってみるといいでしょう。

  • AT&MTに関わらず運転する人の技量等で燃費は大きく変動します。
    MTは、エンジン特性や走り方のコツを上手く押さて運転でカタログ燃費以上も走りますが、下手糞が運転したらカタログ燃費の半分と云う事も充分有り得ます。
    ATは個人の技量が入る余地が少ないので、MT程運転する人の技量に左右され難いです。
    「結局、トータルでどっちが燃費がいいのかわかりません 」・・・ケースバイケースです、運転技量や状況で幾らでも変わります。(下手糞ならATが燃費の変動が少なく、加速が(手動変速が無い分)良いでしょう)

  • 理論的にはMTの方が燃費は良いです。
    原理的にMTの方が伝達効率が良くなりますので。
    ただし、最近のATはプログラミングが賢くなりましたし、アイドルストップ等を駆使してカタログ燃費はMTを凌駕している車種もあります。
    また、ATの場合、運転者の技術による燃費の差が少ない傾向もありますので、MTの操作に慣れない方にはATをお勧めします。
    MTの場合、一定の技術があれば省燃費走行もスポーツ走行も出来ます。
    大雑把に分かりやすく言えば、カタログ燃費が20km/lの車の場合、ATだと運転者によるぶれ幅が少なく、実燃費が12~16km/lだったとすると、同じ車でMTの場合、運転者によっては8~22km/l位の差が出てくる感じです。
    正直言って、MTで省燃費走行すると神経を使うなんて人は、単なる技術、経験不足です。
    慣れた人は特に考えるまでもなく、自然に操作出来ます。
    最近の省燃費を謳った軽自動車の利用者が、実燃費22km/lだったとか言って感動していたりしますが、20年前の軽自動車でも、MTなら実燃費25km/lオーバーも珍しくありません。

  • 他の回答者の言う通り、MTの方が燃費はイイよ!
    アクセラ、アテンザを狙ってるなら、出来ればディーゼルMTのレーダークルーズをお勧めします。
    MTでも高速なんかは超楽ちんだし、ディーゼルはトルクバンドが広いから、MTレーダークルーズにはピッタリだよ。
    MTだから任意で6速まで入れて、燃費もイイしね!

    各メーカーの1番の違いは、ハンドリングと足回りの味付け、内装の特色が違うね。
    エンジン出力やシートの疲れ具合、遮音性なんかは、メーカーって言うより車それぞれの個性だから、メーカーってのとは違うと俺は思う。
    とーぜん同じ名前を引き継いでる車種は、その車種の味付けを継承してるから、メーカーとも取れるけどね笑

    ワゴンタイプを狙ってるなら、各メーカーのワゴンタイプを試乗して乗り比べれば、何と無く感じれると思うよ

1 2
「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の
「自動車」カテゴリとデータを共有しています。

あわせて知りたい

マツダ アテンザスポーツ 新型・現行モデル

マツダ アテンザスポーツのみんなの質問ランキング