ホンダ クロスロード 「ボクシーでコンパクトな3列シート車」の専門家レビュー ※掲載内容は執筆日時点の情報です。

まるも 亜希子
まるも 亜希子(著者の記事一覧
自動車ジャーナリスト
評価

4

デザイン
4
走行性能
4
乗り心地
3
積載性
3
燃費
3
価格
3

ボクシーでコンパクトな3列シート車

2021.10.29

年式
2007年2月〜モデル
総評
コンパクトなクロスオーバーSUVに3列シートが備わるクルマは、最近では見かけなくなってきました。年に1〜2回でも帰省した際に両親を乗せる、友人たちと出かけるといった、3列シート需要があるファミリーにはぴったりです。
満足している点
最近はエンジンのダウンサイジングが進み、こうしたコンパクトクラスに1.8Lや2.0Lエンジンが搭載されることはほとんどなくなってきました。高速道路での余裕のクルージングなど、良さが味わえるところもあります。
不満な点
インパネまわりのデザインはそれほど古さを感じさせないシンプルさですが、もともとの質感がそれほど高くないので、経年劣化は覚悟したいところ。USBなどの現代的な装備も当然ながらなく、アクセサリー対応が必要です。
デザイン

4

全長4.2m強のコンパクトサイズに3列シートで、サイコロのようなボクシーなスタイルはシンプルで、丸目のヘッドライトが特徴のフロントマスクも余計なものがなく、今見るとオシャレ。インテリアも可愛いです。
走行性能

4

スクエアでスッキリとした視界の広さと、最小回転半径5.3mという小回り性能で、市街地での運転しやすさ抜群。2.0Lガソリンエンジンは十分なパワーですが、5速ATなのでちょっとギクシャクする場面もあります。
乗り心地

3

1人で乗っている時はちょっと弾むような乗り味になる場面もありますが、3〜4人で乗っているとリアが落ち着きを取り戻し、乗り心地も快適になってきます。ただ3列目シートはちょっとクッションが薄く感じます。
積載性

3

3列目シートを使用する状態だと、ほんの少ししか荷物は積めないので、普段は格納した状態で使うのがベター。ラゲッジのフロアも少し高めですが、開口部は広く、大きな荷物の積み下ろしもしやすくなっています。
燃費

3

ベースとなっているのはストリームで、1.8Lと2.0Lのガソリンモデル。カタログ数値の燃費が10・15モードで最高13.8km/Lは、現代の感覚ではもうちょっと伸びてほしいところです。7人乗るとさらに悪化します。
価格

3

新車当時で380万円ほどでしたが、現在の中古車市場では2007年式で50万円〜100万円程度。ボディカラーを変えたりルーフキャリアを装着したりすると、なかなかワイルドでカッコよくなり、カスタムベースとして人気です。
まるも 亜希子
まるも 亜希子
自動車ジャーナリスト
映画声優、自動車雑誌編集者を経て独立。雑誌、ラジオ、TV、トークショーなどメディア出演のほか、モータースポーツ参戦や安全運転インストラクターなども務める。2006年より日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員日本自動車ジャーナリスト協会会員。YouTube「クルマ業界女子部チャンネル」、「おっさん on boad」にも出演中。
ホンダ クロスロード 新型・現行モデル

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。