現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ロッキーライズの関係はわかる!! でもでもホンダまじか!! 初代クロスロードはなんでディスカバリーのバッジ替えだったん!?!?

ここから本文です

ロッキーライズの関係はわかる!! でもでもホンダまじか!! 初代クロスロードはなんでディスカバリーのバッジ替えだったん!?!?

掲載 14
ロッキーライズの関係はわかる!! でもでもホンダまじか!! 初代クロスロードはなんでディスカバリーのバッジ替えだったん!?!?

 SUVブームのちょっと前2007年にデビューしたホンダ クロスロード。じつはこれ2代目で初代が存在していたのだ。しかもランドローバー初代ディスカバリーのOEMモデル。本家と価格&グレードも同じ!! 顔は少しホンダエッセンスが加わっていたが、これ一体どうして生まれたのよ!!!!!

文:小鮒康一/写真:ベストカーWeb編集部

ロッキーライズの関係はわかる!! でもでもホンダまじか!! 初代クロスロードはなんでディスカバリーのバッジ替えだったん!?!?

■あのクロスロードは2代目だった!! 初代は似ても似つかぬアレ

ちょっと時代が早すぎた……今出せばもしやヒットになったかも!!!

 ホンダ クロスロードといえば2007年に登場したストリームをベースとした3列シートを備えたクロスオーバーSUVを思い浮かべる人が多いだろう。

 まだ今のようにクロスオーバーSUVブームが巻き起こる前に登場したことで、そこまでの人気を獲得することなく2010年に終売してしまったが、現在はその存在が認知されて中古車の価格が高値となっているモデルである。

 しかしそのクロスロードは2代目で、1993年に登場した初代はかの有名なオフローダーであるランドローバー ディスカバリーのOEMモデルだったのである。

■苦肉の策で誕生!? 90年代初頭のホンダSUVは他社製だらけ

 1990年代ごろに巻き起こったRVブームはクロスカントリーモデルや3列シートのミニバンのような、レジャーに供するモデルが人気となっていた。

 しかしホンダはラインナップにそのようなモデルが存在せず、開発するには相当な期間が必要となるため、それまでの間、いすゞからミューをジャズとして。ビッグホーンをホライゾンとしてOEM供給を受け、ラインナップを補完することにしたのである。

 その一環として当時のBL Cars(ブリティッシュレイランド)からディスカバリーもOEM供給を受けたというワケなのだ。

 実はホンダとBL Carsは1979年ごろから業務提携を実施。

 1981年にはホンダ バラード(シビックの兄弟車)をトライアンフ アクレイムとしてOEM供給していたり、ホンダと共同開発したローバー400(コンチェルトの兄弟車)やローバー800(レジェンドの兄弟車)をリリースしたりしていた。

■本家と同じ値段!! そりゃ厳しいぜ……

このカクカクボディがいいのよ!!!!!

 そんな異色のタッグで生まれた初代クロスロードだが、日本でもローバージャパン(当時)がベースとなったディスカバリーを正規販売しておりその差異にも注目が集まっていた。

 だが、結局クロスロードにはディーゼルターボモデルやMTモデルがラインナップされなかっただけで、3.9Lのガソリンエンジンに4速ATという組み合わせでは3ドア/5ドアともにディスカバリーと全く同じ価格という、大人の事情を感じさせるものとなっていたのだった。

 なおホンダは1994年にオデッセイを、翌年にはCR-Vを、そして96年にはステップワゴンと矢継ぎ早にレクリエーションヴィークルをリリースし、クロスロードをはじめとするOEMモデルは役目を終えて徐々にフェードアウト。

 クロスロードもわずか500台弱を販売するだけに終わってしまっている。

こんな記事も読まれています

新型「小さな高級車」公開! 全長4m級ボディの新“5ドア”モデル! 丸目の「旧車デザイン」&青内装がカッコイイ「MINI」登場
新型「小さな高級車」公開! 全長4m級ボディの新“5ドア”モデル! 丸目の「旧車デザイン」&青内装がカッコイイ「MINI」登場
くるまのニュース
ミツビシ、受注5万台超えの『デリカミニ』を一部改良。兄弟車『ekスペース』には新色設定
ミツビシ、受注5万台超えの『デリカミニ』を一部改良。兄弟車『ekスペース』には新色設定
AUTOSPORT web
さよならフィアット「500」アバルト「595/695」。いまが新車購入のラストチャンス! そしてEVモデルよ、こんにちは【週刊チンクエチェントVol.39】
さよならフィアット「500」アバルト「595/695」。いまが新車購入のラストチャンス! そしてEVモデルよ、こんにちは【週刊チンクエチェントVol.39】
Auto Messe Web
東京から「標高2450mの雲の上」まで連れていく高速バス、今年も運行! 所要10時間超 ただし帰りは区間短縮に
東京から「標高2450mの雲の上」まで連れていく高速バス、今年も運行! 所要10時間超 ただし帰りは区間短縮に
乗りものニュース
TokyoCamp × OPTION の「CB缶カバー/コンパクトストーブ用防炎マット」が6/28発売!
TokyoCamp × OPTION の「CB缶カバー/コンパクトストーブ用防炎マット」が6/28発売!
バイクブロス
全長4m切りの新型「5ドアスポーツカー」世界初公開! 「斬新“X型”ライト」×旧車デザインがカッコイイ! 伝説の“5 TURBO”風「A290」仏で発表
全長4m切りの新型「5ドアスポーツカー」世界初公開! 「斬新“X型”ライト」×旧車デザインがカッコイイ! 伝説の“5 TURBO”風「A290」仏で発表
くるまのニュース
BMW のナビゲーションに マップメーカー・TomTom(トムトム)が技術提供
BMW のナビゲーションに マップメーカー・TomTom(トムトム)が技術提供
バイクブロス
スズキ『KATANA』ファン注目!恒例の「カタナミーティング2024」今年は9月8日開催へ
スズキ『KATANA』ファン注目!恒例の「カタナミーティング2024」今年は9月8日開催へ
レスポンス
スマホの熱暴走を防ぐ冷却ホルダー「ビークルスマクール」が発売!
スマホの熱暴走を防ぐ冷却ホルダー「ビークルスマクール」が発売!
バイクブロス
持続可能な社会と豊かな生活を両立する1台──新型レンジローバー オートバイオグラフィP550e試乗記
持続可能な社会と豊かな生活を両立する1台──新型レンジローバー オートバイオグラフィP550e試乗記
GQ JAPAN
プッシュさせるか、2番手キープか……トヨタ内でも意見が分かれたル・マン24時間最終盤。小林可夢偉代表が振り返る「壮絶でした」
プッシュさせるか、2番手キープか……トヨタ内でも意見が分かれたル・マン24時間最終盤。小林可夢偉代表が振り返る「壮絶でした」
motorsport.com 日本版
前期型オーナーが悔しがる⁉️ 乗れば納得のマイナーチェンジ【ホンダ ヴェゼル】
前期型オーナーが悔しがる⁉️ 乗れば納得のマイナーチェンジ【ホンダ ヴェゼル】
グーネット
純正ルームミラーの上から後付け簡単設置! 必要な機能だけにこだわったシンプルな「デジタルミラー」が登場
純正ルームミラーの上から後付け簡単設置! 必要な機能だけにこだわったシンプルな「デジタルミラー」が登場
VAGUE
「エンジンブレーキ」使ってる? “フットブレーキ踏みすぎ”なぜNG? エンブレの効果的な使い方とは
「エンジンブレーキ」使ってる? “フットブレーキ踏みすぎ”なぜNG? エンブレの効果的な使い方とは
くるまのニュース
大幅にパワーアップした歴代スープラ乗り比べイベント「Supra Summer Festival」第2弾が開催
大幅にパワーアップした歴代スープラ乗り比べイベント「Supra Summer Festival」第2弾が開催
@DIME
モトグラフィックスの BMW M1000XR(24)用タンクパッドがネクサスから発売!
モトグラフィックスの BMW M1000XR(24)用タンクパッドがネクサスから発売!
バイクブロス
イノベーションの袋小路【池田直渡の5分でわかるクルマ経済】
イノベーションの袋小路【池田直渡の5分でわかるクルマ経済】
グーネット
タイカヤバ KYB「アジャスタブル リアサスペンション」に PCX/AEROX155用が登場!
タイカヤバ KYB「アジャスタブル リアサスペンション」に PCX/AEROX155用が登場!
バイクブロス

みんなのコメント

14件
  • Yurc
    ホンダベルノでジープチェロキーとラングラーを販売していた時期もあった。
  • rbx********
    自社生産しないことがディスカバリーだったのでは。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

193.2291.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

39.8231.4万円

中古車を検索
クロスロードの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

193.2291.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

39.8231.4万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村