現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダ「現代版クロスロード」初公開!? タフ感高めの「コスパ高すぎSUV」発表! 新型「WR-V」と「名SUV」の共通点とは

ここから本文です

ホンダ「現代版クロスロード」初公開!? タフ感高めの「コスパ高すぎSUV」発表! 新型「WR-V」と「名SUV」の共通点とは

掲載 25
ホンダ「現代版クロスロード」初公開!? タフ感高めの「コスパ高すぎSUV」発表! 新型「WR-V」と「名SUV」の共通点とは

■現代版「クロスロード」誕生!? コスパ良すぎる「WR-V」登場

「これは、クロスロードの再来では……!?」ホンダが新たに投入する、ブランニューモデルの「WR-V」を見た時、そう感じました。
 
 その正体はフィット系のプラットフォーム(しかしセンタータンクレイアウトではない)を活用した全長4325mm×全幅1790mmのコンパクトSUVです。車体サイズは高さが70mm高いことを除けばヴェゼルとほぼ同じ(全長が5mm短いだけで全幅は同じ)といえば、大きさがイメージしやすいでしょう。

【画像】超カッコイイ!”コスパ高めな”新型「WR-V」を画像で見る(63枚)

 スタイリングの特徴はなんといってもラギッド(いかつい、粗削りな)なこと。ホンダがいま日本で販売しているSUVの「ヴェゼル」や「ZR-V」は滑らかなエレガント系デザインで都会的ですが、ゴツゴツして無骨なWR-Vの雰囲気はそれらとは対極というわけです。

 厚みがあり、大きなフロントグリルを組み合わせたボンネットはまるでアメリカのピックアップトラックのような力強さです。

 そんなWR-Vの実車を見て感じたのが、冒頭の「これはクロスロードの再来ではないのか?」ということ。

 クロスロードとはホンダがかつて販売していたSUV。しかしここで言いたいのは、V8エンジンを搭載する「ランドローバー・ディスカバリー」をOEM販売していた初代ではなく、2007年から2010年にかけて日本で販売していた2代目モデルです。

 2代目のクロスロードの全長は4.3m弱で、WR-Vとほぼ同等。そんなサイズ感もですが、それ以上にWR-Vとイメージをオーバーラップさせるのが「ハマーH4」とも言われたカクカクのスタイルです。

 もちろん細かい部分のデザインを見れば2代目クロスロードとWR-Vはかなり違うのですが、WR-Vは昨今のホンダのSUVにはなかった無骨なスタイルで、水平基調ならではの力強さなど全体的にどことなく共通の雰囲気を感じます。

 ところで、そんな2代目クロスロードですが、商業的には成功とは言えませんでした。なぜなら、登場が早すぎたから。

 全長約4.3mながら3列シートというパッケージングは利便性が高く、コンパクトカーとSUVが販売の中心となっている今なら勝算は大いにアリ(当時に比べて今のSUVの年間販売台数は約4倍)。見るからにSUVらしい力強いスタイルとあわせて今なら人気モデルとなる可能性が高いのです。

 WR-Vはクロスロードとは違って3列シートではありませんし、駆動方式はFFのみで4WDの設定もありません。

 しかし、コンパクトなボディに広い後席&荷室(458Lでクラス最大!)というパッケージングは、クロスロードの「短い全長に3列」と同じベクトル。ホンダの開発陣に初代シビック(言葉として発信されたのは3代目シビック)から受け継がれ、今でも設計思想として根底にある「MM思想」に通じるものを強く感じるのは単なる偶然ではないでしょう。

 MMとは“マンマキシマム・メカミニマム”の略語で、機械部分は最小に抑え、人間のためのスペースを最大限広くするという意味。それがクロスロードにも、WR-Vにも織り込まれているのです。

 ところで、WR-Vにはもうひとつクロスロードと重なる部分があります。それは価格帯。

 クロスロードのFFモデルの価格帯は約193万円から247万円でしたが、WR-Vの価格帯(詳細価格は現時点ではまだ未公表)はボトムグレードが約200万円で最上級タイプは250万円程度とアナウンスされています。

 ヴェゼルのベーシックグレード(1.5リッターガソリンエンジン搭載のFFモデル)が約240万円と聞けば、WR-Vがコストパフォーマンスに優れたモデルだということが感じられるのではないでしょうか。

 そんなWR-Vは今年末に正式発表され、来年春から納車が始まる予定。手頃で便利なSUVとして、ヒットモデルになりそうな予感しかしません。

こんな記事も読まれています

免許の「更新講習」がオンライン化! 「ゴールド免許」以外でも対象、エリアは? 反響は? 24年末にエリア拡大へ
免許の「更新講習」がオンライン化! 「ゴールド免許」以外でも対象、エリアは? 反響は? 24年末にエリア拡大へ
くるまのニュース
お尻が痛い!バイクのシートを交換する方法とは
お尻が痛い!バイクのシートを交換する方法とは
バイクのニュース
アメリカで拡大目指すMotoGP、NASCARとの協力で『Win-Win』間違いない? トラックハウスの現役ドライバー期待
アメリカで拡大目指すMotoGP、NASCARとの協力で『Win-Win』間違いない? トラックハウスの現役ドライバー期待
motorsport.com 日本版
三菱ふそうが苦肉の策、工場の従業員を“出稼ぎ”でバスの運転手に[新聞ウォッチ]
三菱ふそうが苦肉の策、工場の従業員を“出稼ぎ”でバスの運転手に[新聞ウォッチ]
レスポンス
「美ら海水族館」直結のバイパス道路が実現へ!? 名護東道路「本部延伸」いよいよ概略ルート決定へ 那覇から”信号ゼロ”アクセス図る
「美ら海水族館」直結のバイパス道路が実現へ!? 名護東道路「本部延伸」いよいよ概略ルート決定へ 那覇から”信号ゼロ”アクセス図る
くるまのニュース
アプリリア「RSV4 Factory/トゥオーノV4 Factory」特別仕様車「SE-09 SBK」発表
アプリリア「RSV4 Factory/トゥオーノV4 Factory」特別仕様車「SE-09 SBK」発表
バイクのニュース
マツダの新型セダン、ティザー…間もなく中国で実車発表へ
マツダの新型セダン、ティザー…間もなく中国で実車発表へ
レスポンス
あっと驚く5000万円車もあった! かと思えば200万円台が最高のメーカーも! 日本車の各ブランド「最高額車」を調べてみた
あっと驚く5000万円車もあった! かと思えば200万円台が最高のメーカーも! 日本車の各ブランド「最高額車」を調べてみた
WEB CARTOP
アルファロメオが新型コンパクトクロスオーバーSUVを初公開。車名は「ミラノ」を予定していたが……
アルファロメオが新型コンパクトクロスオーバーSUVを初公開。車名は「ミラノ」を予定していたが……
カー・アンド・ドライバー
【スタッフ通信】シボレーカマロ ファイナルエディションに乗ったゾっと
【スタッフ通信】シボレーカマロ ファイナルエディションに乗ったゾっと
Auto Prove
ゴルフ、50歳の誕生日おめでとう!8世代にわたるVWゴルフの高みと低み、そして新型VWゴルフ8 GTEへの展望
ゴルフ、50歳の誕生日おめでとう!8世代にわたるVWゴルフの高みと低み、そして新型VWゴルフ8 GTEへの展望
AutoBild Japan
5年ぶり開催中国……いきなりスプリント形式は「賢明なことだね!」フェルスタッペン思わず皮肉
5年ぶり開催中国……いきなりスプリント形式は「賢明なことだね!」フェルスタッペン思わず皮肉
motorsport.com 日本版
なぜ? アルファロメオ『ミラノ』の車名を禁じられる…なら『ジュニア』だ!
なぜ? アルファロメオ『ミラノ』の車名を禁じられる…なら『ジュニア』だ!
レスポンス
日産サクラの売れ行きを見れば日本でBEVが売れないなんてことはない! ただし大ヒットの裏で必要な「次の一手」とは
日産サクラの売れ行きを見れば日本でBEVが売れないなんてことはない! ただし大ヒットの裏で必要な「次の一手」とは
WEB CARTOP
東京・北区のコミュニティーバスに乗って、B級グルメ「区役所カレー」を食べに行ったら絶品だった件
東京・北区のコミュニティーバスに乗って、B級グルメ「区役所カレー」を食べに行ったら絶品だった件
Merkmal
ホンダが新型「CBR650R」を6/13に発売! 新技術Eクラッチ仕様車にはグランプリレッドも
ホンダが新型「CBR650R」を6/13に発売! 新技術Eクラッチ仕様車にはグランプリレッドも
WEBヤングマシン
スズキ新型「ジムニー」発売!何が変わった? 約2年ぶり刷新のカクカクSUV… 165万円から、反響は?
スズキ新型「ジムニー」発売!何が変わった? 約2年ぶり刷新のカクカクSUV… 165万円から、反響は?
くるまのニュース
ホンダ「レブル250」をアドベンチャーに! コンプリート車両「VESGRIDE-hygge」登場
ホンダ「レブル250」をアドベンチャーに! コンプリート車両「VESGRIDE-hygge」登場
バイクのニュース

みんなのコメント

25件
  • もなる
    この外観で4WD設定が無いと、見た目だけ合わせたと感じてしまうが。
  • 豆腐メンタル
    四駆じゃないとSUVなんて・・・って層はそもそも買わないでしょう。
    悪路走るわけでもないし、FFで持て余すようなパワーが有るわけでもないし。
    価格見た目荷物の量もそこそこで目線が高くて運転しやすいし、
    高齢者になったら分からないけど車高が低めの車より乗降もしやすいから
    喜ぶ人も結構いると思うよ。ただコスパが良いんじゃなくて余計なものがなくて
    価格相応の車っていうほうが正しいと思うけど。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

193.2291.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

21.0231.4万円

中古車を検索
クロスロードの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

193.2291.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

21.0231.4万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村