現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダ初の「V8エンジン」搭載! めちゃパワフルな「大型SUV」に驚きの声集まる!「ホンダ市販車史上唯一」の称号を持つモデルとは

ここから本文です

ホンダ初の「V8エンジン」搭載! めちゃパワフルな「大型SUV」に驚きの声集まる!「ホンダ市販車史上唯一」の称号を持つモデルとは

掲載 27
ホンダ初の「V8エンジン」搭載! めちゃパワフルな「大型SUV」に驚きの声集まる!「ホンダ市販車史上唯一」の称号を持つモデルとは

■ホンダ史上唯一の「V8エンジン搭載車」に驚きの声

 かつてホンダは、自動車メーカーの中でも「エンジン屋」という印象が強く、現在においてもクルマやバイク、耕運機や発電機、さらに航空機など、エンジンを搭載した様々な商品をラインナップしています。

【画像】めちゃカッコいい! 迫力デザインのホンダ「クロスロード」を画像で見る(76枚)

 また、スポーツ性の強い高回転エンジン「VTEC」などをはじめとした高い技術力や頑丈さも特徴として語られていました。

 しかしそんなエンジン屋イメージのホンダですが、同社では唯一の「V型8気筒エンジン」搭載車がラインナップに存在していたことはあまり知られていません。

 一昔前のホンダと言えば、高回転型エンジンによって高出力を叩き出すモデルを多く展開しており、近年では小排気量でもダウンサイジングターボを搭載することでトルクを稼ぎ、加速力やトータルバランスの高いモデルを取り揃えています。

 一方で、昔から今に至るまでエンジンを多気筒化することには消極的なように見え、ライバルメーカーが高級志向のモデルに8気筒エンジンを採用するようなクラスでも、ホンダは6気筒エンジンを搭載し勝負しているモデルが多くありました。

 しかし、そんなホンダにも実は1車種だけ「V型8気筒」の大排気量エンジンを搭載したモデルをラインナップしていたことがあったのです。

 そのモデルが、1993年に発売された初代「クロスロード」です。

 初代クロスロードは、当時の本格四輪駆動車ブームに間に合わせるためにホンダが急ピッチで用意したモデルで、現代風に言えば「本格クロスオーバーSUV」。

 ボディサイズは3ドア車と5ドア車が存在し、全長4465-4535mm×全幅1800mm×全高1950mmにホイールベースは2540mmと、ミドルサイズの全長に対してワイドな全幅と高めの全高が際立つ設計です。

 初代クロスロードの特徴でもあるV型8気筒エンジンは、3.9リッターの大排気量で、最大出力180馬力・最大トルク31.8kgmを発揮。

 これにラダーフレームと4輪リジッド式のサスペンション、4輪を駆動するフルタイム4WDを組み合わせて高い悪路走破性を誇りました。

 実はこのクロスロード、ホンダブランドの車種ではありますが完全オリジナル車というわけではなく、イギリスの自動車メーカー「ランドローバー」からOEM供給を受けホンダで販売されていたもので、中身は基本的に本家の「ディスカバリー」そのまま。

 フロントマスクとエンブレムだけがホンダ独自のデザインを採用していました。

 これは当時のホンダがSUVを生産していなかったための苦肉の策であり、1995年に自社製SUVの初代「CR-V」が誕生するまでの“つなぎ”ととして用意されたような存在だったのです。

 そして後に登場した初代CR-Vが販売好調となったことや、ホンダとランドローバー(当時はローバーグループ)との提携解消などを要因として、クロスロードは1998年に販売を終えました。

※ ※ ※

 この初代クロスロードについてはSNSでも様々な投稿が見られ、「こんなモデルあったんだ…知らなかった」と、初めて存在を認識したという人のほか、「元が外車だからメンテナンスが大変だった」「このクルマは特殊だったから整備できるディーラーが限られていたね」といった、実際に初代クロスロードを所有していたというコメントも。

 また、「この時代は国内メーカーのディーラーで色々な外車が買えて面白かったなぁ…」「当時はマツダのお店で“ランチア”や“シトロエン”も売っていた」など、当時国内メーカーの販売チャネル展開がユニークで、なかには国外メーカーモデルがラインナップされていたことを懐かしむ声もありました。

 そのほか、「本当にホンダが作ったV8エンジンを搭載したクルマが見たい!」「昔は開発しているってニュース見たことあるけどお蔵入りしたのかな?」「スポーツカーで出して下さい」と、ホンダ内製の多気筒エンジンの登場に期待する投稿も多く寄せられました。

 たとえOEM共有のモデルだとしても、初代クロスロードの『ホンダ市販車史上における唯一のV8エンジン搭載車』という称号は揺るがぬもの。

 今後クルマの電動化が進むと、ますますエンジン搭載車は減少し開発もされなくなると予想されるため、初代クロスロードのこの称号はこのまま唯一無二となる可能性は高いと言えるでしょう。

こんな記事も読まれています

約345万円! 日産「新型コンパクト“セダン”」実車公開! 全長4.5m以下ボディ&迫力顔が“超スポーティ”な「SR」伯に登場
約345万円! 日産「新型コンパクト“セダン”」実車公開! 全長4.5m以下ボディ&迫力顔が“超スポーティ”な「SR」伯に登場
くるまのニュース
ケータハム 新型「スーパーセブン600」にクラシック感満載の日本限定モデルが登場
ケータハム 新型「スーパーセブン600」にクラシック感満載の日本限定モデルが登場
グーネット
ケータハム「スーパーセブン600/2000」発売 70~80年代の人気車を現代風にアレンジ
ケータハム「スーパーセブン600/2000」発売 70~80年代の人気車を現代風にアレンジ
グーネット
シエンタ、スイフト用を販売開始、ブリッツの車高調キット「DAMPER ZZ-R」シリーズ
シエンタ、スイフト用を販売開始、ブリッツの車高調キット「DAMPER ZZ-R」シリーズ
レスポンス
102回目の「パイクスピーク」にヒョンデが大挙襲来! 「アイオニック5N」のパフォーマンスはいかに?
102回目の「パイクスピーク」にヒョンデが大挙襲来! 「アイオニック5N」のパフォーマンスはいかに?
Auto Messe Web
マセラティ MC20のスペシャルシリーズ「イコナ」と「レジェンダ」を限定販売
マセラティ MC20のスペシャルシリーズ「イコナ」と「レジェンダ」を限定販売
Webモーターマガジン
S30型ダットサン240Zをオマージュした日産Zの特別仕様車「Zヘリテージエディション」が米国でデビュー
S30型ダットサン240Zをオマージュした日産Zの特別仕様車「Zヘリテージエディション」が米国でデビュー
カー・アンド・ドライバー
ホンダ「新型ヴェゼル」登場! “3年ぶり刷新”でどんな人が買ってる!? イチバン人気は「最上級仕様」! 購入ユーザーの特徴は
ホンダ「新型ヴェゼル」登場! “3年ぶり刷新”でどんな人が買ってる!? イチバン人気は「最上級仕様」! 購入ユーザーの特徴は
くるまのニュース
写真から車種や価格わかる…Yahoo!ブラウザーで「クルマ検索」の提供開始
写真から車種や価格わかる…Yahoo!ブラウザーで「クルマ検索」の提供開始
レスポンス
55年に渡るGT-Rの歴史にある「空白の16年」! スポーツグレードは存在したのに日産がGT-Rを「名乗らせなかった」理由とは
55年に渡るGT-Rの歴史にある「空白の16年」! スポーツグレードは存在したのに日産がGT-Rを「名乗らせなかった」理由とは
WEB CARTOP
サインツJr.の移籍先、決断はもうすぐ「決める時期は来ている」ザウバー/アウディとウイリアムズどちら?
サインツJr.の移籍先、決断はもうすぐ「決める時期は来ている」ザウバー/アウディとウイリアムズどちら?
motorsport.com 日本版
単に「ヤナセで買いました」の誇示じゃない! 黄色に青文字の「YANASEステッカー」がもつ重要な意味とは
単に「ヤナセで買いました」の誇示じゃない! 黄色に青文字の「YANASEステッカー」がもつ重要な意味とは
WEB CARTOP
ホンダのATVで最大排気量、675cc単気筒エンジン搭載の『ルビコン4X4オートマチック』
ホンダのATVで最大排気量、675cc単気筒エンジン搭載の『ルビコン4X4オートマチック』
レスポンス
日産、中国江蘇州の常州工場を閉鎖 生産車種はキャシュカイ 生産能力は中国全体の1割にあたる13万台
日産、中国江蘇州の常州工場を閉鎖 生産車種はキャシュカイ 生産能力は中国全体の1割にあたる13万台
日刊自動車新聞
名門アルピナが放つ「流麗な4ドアクーペ」の魅力とは? 529psの“直列6気筒ツインターボ”を搭載! 新しい「B4 GTグランクーペ」は何が進化した
名門アルピナが放つ「流麗な4ドアクーペ」の魅力とは? 529psの“直列6気筒ツインターボ”を搭載! 新しい「B4 GTグランクーペ」は何が進化した
VAGUE
スズキ新型「コンパクトSUV」発表! 全長4m以下の「カクカクボディ」が超カッコイイ! MTもある待望の「“5ドア”ジムニー」尼に登場
スズキ新型「コンパクトSUV」発表! 全長4m以下の「カクカクボディ」が超カッコイイ! MTもある待望の「“5ドア”ジムニー」尼に登場
くるまのニュース
トーヨータイヤの「OPEN COUNTRY R/T」がみんカラ「PARTS OF THE YEAR 2024上半期大賞」タイヤ(SUV/4X4)部門で5年連続1位を受賞
トーヨータイヤの「OPEN COUNTRY R/T」がみんカラ「PARTS OF THE YEAR 2024上半期大賞」タイヤ(SUV/4X4)部門で5年連続1位を受賞
レスポンス
“謎の何か”が毎晩監視している、M・ナイト・シャマラン監督の娘イシャナが贈る衝撃ホラー『ザ・ウォッチャーズ』
“謎の何か”が毎晩監視している、M・ナイト・シャマラン監督の娘イシャナが贈る衝撃ホラー『ザ・ウォッチャーズ』
バイクのニュース

みんなのコメント

27件
  • ホンダがエンジン屋?ないない笑
  • ランドローバーのV8って世界一燃費が悪いと言われていたけどこのエンジンもそうだったのだろうか。

    若い方は知らないと思うけどホンダは昔、確かにエンジン屋でした。F1で大活躍しましたし、ZCやNAのVTECは素晴らしかった。
    バイクではレーシングバイクに250ccの6気筒エンジンを載せていた。楕円ピストンなんかもあった。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

193.2291.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

39.8231.4万円

中古車を検索
クロスロードの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

193.2291.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

39.8231.4万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村