新車価格(税込)

243.3449.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

19.8487.0万円

中古車を検索

グレード情報CR-Z

歴代モデル1件CR-Z

ユーザーレビュー483件CR-Z

CR-Z

  • 燃費が良い
  • 室内空間が広い
  • かっこいい

平均総合評価

4.3
走行性能:
3.7
乗り心地:
3.5
燃費:
4.0
デザイン:
4.6
積載性:
3.7
価格:
3.7

所有者データCR-Z

  • グレード所有ランキング上位3位

    1. アルファ(CVT_1.5)
    2. アルファ(MT_1.5)
    3. アルファ・ブラックレーベル(MT_1.5)
  • 人気のカラー

    1. パール
  • 人気の駆動方式

    AWD
    全輪駆動
    FF
    前輪駆動
    FR
    後輪駆動
    MR
    後輪駆動(ミッドシップエンジン)
    RR
    後輪駆動(リアエンジン)
  • 男女比

    男性
    92.0%
    女性
    5.2%

    その他 2.6%

  • 人気の乗車人数

  • 居住エリア

    1. 関東地方 27.2%
    2. 東海地方 15.4%
    3. 近畿地方 11.4%
  • 年代

  • 年収

車両データと所有者データの数値はマイカーデータとPayPayカードのデータのデータを集計したもの。無回答を除く。

中古車相場 CR-Z

平均値を表示しています。

CR-Z

CR-Zの中古車平均本体価格

79.7万円

平均走行距離89,659km

買取情報CR-Z

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車、今いくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

リセール価値CR-Z

走行距離別リセール価値の推移

CR-Z
グレード:
アルファ(CVT_1.5)

5年後の売却予想価格

新車価格

249.0万円

売却予想価格

28.0万円

新車価格の 11%

年間平均走行距離
  • 5千km
  • 1万km
  • 2万km
年間平均
走行距離
2025年
1年後
2027年
3年後
2029年
5年後
2031年
7年後
5千km 39万円 33万円

28万円

新車価格の
11%

23万円

新車価格の
9%

1万km 38万円 31万円 23万円 16万円
2万km 36万円 25万円 14万円 3万円

リセール価値のデータは、弊社が独自に算出した参考データであり、将来性・正確性等を保証するものではありません。

このクルマについて CR-Z

2012年9月

■2012年9月
ホンダはハイブリッドカーのスポーツモデルであるCR-Zに、内外装のデザインを変更し、走りの機能を向上させるなどのマイナーチェンジを実施し、2012年9月27日から発売した。

外観デザインは、 8連LEDポジションランプや新造形のフロントバンパー/リアディフューザーなどを採用し、洗練されたイメージに仕上げた。内装は素材やデザイン、配色の変更により、質感を向上させている。

大きく変わったのはハイブリッドシステムを支える電池で、これまでのニッケル水素電池からホンダのハイブリッド車として初のリチウムイオン電池に変更した。従来に比べて約1.5倍の電圧を発生することでモーター出力を向上させ、より力強い走りを実現した。

また力強い加速を瞬時に実現できる新開発のPLUS SPORTシステムを採用したほか、高回転・高出力化した1.5リッターのi-VTECエンジンを搭載し、エンジン内部の抵抗の軽減や、発電頻度の低減、CVTの効率向上などによって、23.0km/L(JC08モード)の低燃費を実現した。

このほか、17インチ軽量アルミホイールと、専用サスペンションチューニングにより、コーナリング性能と乗り心地を高い次元で両立させた。


■2013年4月
ホンダはハイブリッドカーのスポーツモデルであるCR-Zに、内外装のデザインを変更し、走りの機能を向上させるなどのマイナーチェンジを実施し、2012年9月27日から発売した。

外観デザインは、 8連LEDポジションランプや新造形のフロントバンパー/リアディフューザーなどを採用し、洗練されたイメージに仕上げた。内装は素材やデザイン、配色の変更により、質感を向上させている。

大きく変わったのはハイブリッドシステムを支える電池で、これまでのニッケル水素電池からホンダのハイブリッド車として初のリチウムイオン電池に変更した。従来に比べて約1.5倍の電圧を発生することでモーター出力を向上させ、より力強い走りを実現した。

また力強い加速を瞬時に実現できる新開発のPLUS SPORTシステムを採用したほか、高回転・高出力化した1.5リッターのi-VTECエンジンを搭載し、エンジン内部の抵抗の軽減や、発電頻度の低減、CVTの効率向上などによって、23.0km/L(JC08モード)の低燃費を実現した。

このほか、17インチ軽量アルミホイールと、専用サスペンションチューニングにより、コーナリング性能と乗り心地を高い次元で両立させた。

2013年4月19日にはブルーのステッチを施した専用ブラック内装などを採用した特別仕様車「アルファ・ドレストレーベルII」を発売した。

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。