現在位置: carview! > 新車カタログ > ホンダ(HONDA) > CR-X > ユーザーレビュー・評価一覧 > これぞコーナリングマシン! 平成元年式CR-...

ホンダ CR-X 「これぞコーナリングマシン! 平成元年式CR-X Si (EF7)に乗っています。 走行距離138,000kmですが,エンジンを3回オーバーホールし,絶」のユーザーレビュー

ニックネーム非公開さん

ホンダ CR-X

グレード:1.6 Si(MT) 1988年式

乗車形式:マイカー

評価

5

走行性能
-
乗り心地
-
燃費
-
デザイン
-
積載性
-
価格
-

これぞコーナリングマシン! 平成元年式CR-X Si (EF7)に乗っています。 走行距離138,000kmですが,エンジンを3回オーバーホールし,絶

2010.10.9

総評
これぞコーナリングマシン!
平成元年式CR-X Si (EF7)に乗っています。
走行距離138,000kmですが,エンジンを3回オーバーホールし,絶好調です。
ミニサーキットを走ることを趣味の一つにしていますが,コーナリングがとてもクイックで,圧倒的なパワーを持つ他の車よりも速く走れます。
コーナーが楽しい,走らせて楽しい車です。
満足している点
・ハンドリング:トレッドの割にホイールベースが短く,とてもクイックなハンドリングで意のままに曲がれます。もっとも最初のうちはサーキットでよくスピンをしていましたが・・・。
私は元々FR乗りで,「スポーツカーはFRしか認めない。」と考えていましたが,FFスポーツの楽しさに目覚めてしまいました。これぞコーナリングマシンだと思います。
・エンジン:ZCエンジンは名機だと思います。
まず,シンプルで丈夫,信頼性の高いエンジンです。
パワーは130馬力しかありませんが,低回転域から高回転域までトルクを保ったままきれいに気持ち良く回ります。
回さなければパワー・トルクが出ない4AGとは楽しさが全く違います。
また,エンジン本体は小さくて軽く,大人二人なら楽々運べます。
・車体の軽さ:900kg(カタログデータ)という,最近の軽自動車並みの車重とワイドトレッド・ショートホイールベースのおかげで現在の車にはない楽しさが味わえます。
・スタイル:無限エアロフルキットを装着しており,現代でも決して古くさく感じさせないカッコ良さがあります。
・ライトウェイトスポーツ:現代では死語となってしまったこの言葉がそのまま当てはまる名車です。
不満な点
・パーツ供給:22年前という古い車のため,とうとうホンダからのパーツ供給がなくなってしまいました・・・。残念です。。。
・快適性:サーキットをターゲットとして,パワステ・エアコンも撤去するなど相当手を入れたため,快適性はなくなってしまいました。
このため,快適で楽しく速い新車が欲しくなり,時間をかけて色々検討した結果,アウディTTクーペを追加購入しました☆
デザイン

-

走行性能

-

乗り心地

-

積載性

-

燃費

-

価格

-

故障経験

下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

「みんカラ」から、違反報告をする

ホンダ CR-X 新型・現行モデル