現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > すこーし違う顔つきをボンネット移植で再現!フジミ製プラモ「ホンダCR-X」を後期SiR化する【モデルカーズ】

ここから本文です

すこーし違う顔つきをボンネット移植で再現!フジミ製プラモ「ホンダCR-X」を後期SiR化する【モデルカーズ】

掲載 6
すこーし違う顔つきをボンネット移植で再現!フジミ製プラモ「ホンダCR-X」を後期SiR化する【モデルカーズ】

VTEC採用の最強モデル

1980年代におけるホンダ随一のライトウェイトスポーツと言えば、やはり初代および二代目CR-Xであろう。後者はフジミから1/24スケールでプラモデルが発売されているが、このキットは前期型しか存在しない。ここでお目にかけているのは、このフジミ製CR-Xをベースに後期型SiRへと改造した作品である。

個性的なDS19のボディデザインをさらに大胆に表現したデザインセンスが素晴らしい!「シトロエンDS19」【丸餅博士のヴィンテージ・ミニカー・ワールド】

【画像40枚】バンパーを作り替えただけじゃない!後期CR-Xとその工程を見る

この作例は、自動車模型専門誌「モデルカーズ」294号(2020年)の巻頭特集のために制作されたものである。そのときに併せて掲載された、作者・森山氏による解説を、以下お読みいただこう。

「今回の特集はバブル期の国産車、ということで編集部と相談の上、フジミのサイバーCR-Xを後期SiRに改造してみました。キット自体は久しぶりの制作ですが、後期型への改造の場合、変更された箇所をいかに再現できるかがポイントで、今回はフロントバンパーの加工がメインです。

サイバースポーツこと二代目CR-Xのデビューは1987年9月。シビックの兄弟車・バラードの派生車種として登場した初代に対し、この二代目では独立車種(バラードがインテグラ・セダンへ統合された関係から)となり、ショート・ホイールベースの3ドア・クーペという基本コンセプトはそのままに、後方視界の悪さを払拭するためエクストラウィンドウを採用したことが特徴です。先代に設定のあったアウタースライド・サンルーフのほか、ルーフ一面をチタン皮膜コーティングのUVカットガラスとしたグラストップをオプションで設定したのも大きなポイントでしょう。

ボディサイズを拡大し空力特性を向上、更にサスペンションには、当時ホンダが注力していた4輪ダブルウィッシュボーンを採用。DOHCのSiでは200キロオーバーを達成する(自動車誌でのテスト)一方で、ショート・ホイールベースによる回頭性の高さと切れ味のいいハンドリングでジムカーナでも活躍。エンジンは1.3がラインナップから外れ、新開発の1.5L 4バルブSOHCのCVデュアルキャブを搭載する1.5Xと、1.6Lである改良型ZCを積むSiのラインナップ。

1988年8月のマイナーチェンジでは、4wA.L.B(現在のABS)がオプションとなった以外、機構面での変更はなかったのですが、ボンネット形状が改められSiにあったパワーバルジは廃されています。実はこれは、当時のホンダにとって本命とも言える、世界初の可変バルブタイミング・システム搭載のB16型VTECエンジンの搭載を前提としたものでした。

MCから1年1ヶ月後、インテグラでのVTEC登場から5ヵ月後にあたる1989年9月、CR-XのラインナップにSiRが加わります。160PSという、リッターあたり100馬力の性能をNAで達成、更なる高性能化を果たしました。さらに1年後の1990年9月に再度マイナーチェンジ、SiRにビスカスLSDのオプション設定を追加。そして1990年2月にCR-X デルソルへとモデルチェンジされました。

BEEMAXのシビックからボンネットを移植!
そんな歴代CR-Xの中でも最速な二代目SiR、フジミの前期をベースに後期へ変更するのですが、現在発売されているのはアウタースライド式サンルーフ仕様。グラストップ仕様も発売中とカン違いしていたのですが現在は入手困難のようです(注:この記述は2020年当時の状況についてだが、2023年10月現在においても同様である)。

今回はサンルーフ仕様をベースに、手元にあったグラストップの未使用パーツを合わせて制作しました。実車では標準ルーフの設定もあったため、強度が欲しい方はルーフ部を接着、埋めてしまうのもひとつの方法かと思います。また、サンルーフの場合もガラスではなくスチールパネルですので塗装が必要な事も記述しておきます。

ボディカラーについては、個人的なイメージとして黒の印象が強いためブラックとしたのですが……この色、メタリックと言われているのですが、私が実際に見た実車はどうにもメタリックとは思えなかっため、ソリッドのブラックで塗装していますので、ご了承ください。
今回もデカールの作成をして頂きましたSMP24様に、この場をお借りして御礼申し上げます。今回も至らない点もございますが、皆様の制作のヒントが見つかれば幸いです」

こんな記事も読まれています

神奈川キャンピングカーフェア、川崎競馬場に130台が集結 4月20-21日
神奈川キャンピングカーフェア、川崎競馬場に130台が集結 4月20-21日
レスポンス
女性のためのキャンピングカー「ノマドラックス」誕生!5月3日、町田で初披露!
女性のためのキャンピングカー「ノマドラックス」誕生!5月3日、町田で初披露!
グーネット
ヤマハ『トレーサー9 GT+』の先進技術を試乗で体感、5月よりYSPキャラバン 車種拡大も
ヤマハ『トレーサー9 GT+』の先進技術を試乗で体感、5月よりYSPキャラバン 車種拡大も
レスポンス
5速MT搭載! 日産が「4ドアコンパクトセダン」を実車展示! めちゃスポーティな“画期的モデル”が登場! 隠れ名車「プリメーラ」を披露
5速MT搭載! 日産が「4ドアコンパクトセダン」を実車展示! めちゃスポーティな“画期的モデル”が登場! 隠れ名車「プリメーラ」を披露
くるまのニュース
【2024年版】ポルシェ 911 VS ポルシェ ボクスターを徹底比較
【2024年版】ポルシェ 911 VS ポルシェ ボクスターを徹底比較
グーネット
スズキ、『Vストローム250』の2024年モデルを発表。価格を改定し4月17日に発売開始
スズキ、『Vストローム250』の2024年モデルを発表。価格を改定し4月17日に発売開始
AUTOSPORT web
日産サクラがEV販売ナンバー1を獲得。ユーザーが気に入っている点は?
日産サクラがEV販売ナンバー1を獲得。ユーザーが気に入っている点は?
driver@web
標的は愛車?! ライフル型高圧洗浄機がクラファンで販売開始
標的は愛車?! ライフル型高圧洗浄機がクラファンで販売開始
レスポンス
ホンダ「ベンリイ」のルーツは1950年代!? 125ccでも免許不要で乗れる「便利」なバイクだった
ホンダ「ベンリイ」のルーツは1950年代!? 125ccでも免許不要で乗れる「便利」なバイクだった
バイクのニュース
【北京モーターショー2024】日産 中国市場向けのNEVに位置付けられるコンセプトカーを複数出展
【北京モーターショー2024】日産 中国市場向けのNEVに位置付けられるコンセプトカーを複数出展
Auto Prove
F1マシン、かくあるべし。空力の鬼才エイドリアン・ニューウェイが語る理想と現実|インタビュー
F1マシン、かくあるべし。空力の鬼才エイドリアン・ニューウェイが語る理想と現実|インタビュー
motorsport.com 日本版
RBコラム:幸運にも恵まれ、鈴鹿で大きな意味を持つ10位入賞。エンジニアリングの課題を解決すべく組織改革も進む
RBコラム:幸運にも恵まれ、鈴鹿で大きな意味を持つ10位入賞。エンジニアリングの課題を解決すべく組織改革も進む
AUTOSPORT web
めちゃ“黒い”トヨタ「ハイエース」登場! もはや「スーパーカー」!? 突き出し顔&斬新マフラーの“クセ強”1BOXバンがカッコ良すぎた!
めちゃ“黒い”トヨタ「ハイエース」登場! もはや「スーパーカー」!? 突き出し顔&斬新マフラーの“クセ強”1BOXバンがカッコ良すぎた!
くるまのニュース
「チッピング」「テアー」「ピンチカット」の意味わかる? タイヤはナマモノ、キズだけでなく賞味期限で交換しましょう
「チッピング」「テアー」「ピンチカット」の意味わかる? タイヤはナマモノ、キズだけでなく賞味期限で交換しましょう
Auto Messe Web
時間貸駐車場を選ぶ時に重視する条件TOP3、3位広さ、2位目的地までの距離、1位は?
時間貸駐車場を選ぶ時に重視する条件TOP3、3位広さ、2位目的地までの距離、1位は?
@DIME
テスラ・モデルYはナゼ“地球上で最も売れた”のか?乗って分かる満足感の正体
テスラ・モデルYはナゼ“地球上で最も売れた”のか?乗って分かる満足感の正体
グーネット
ヒョンデ、高性能EV「アイオニック5N」でパイクスピーク参戦 クラス新記録目指す
ヒョンデ、高性能EV「アイオニック5N」でパイクスピーク参戦 クラス新記録目指す
日刊自動車新聞
ランボルギーニ ウラカンの最終モデル「ウラカン STJ」が登場。限定台数は10台!
ランボルギーニ ウラカンの最終モデル「ウラカン STJ」が登場。限定台数は10台!
Webモーターマガジン

みんなのコメント

6件
  • tri********
    俺もsir乗ってたからフジミのプラモで同じこと考えてた。俺は途中で挫折してしまったけど。
    sirのプラモ出してくれ。
  • aoi
    Siの方が80Kgくらい軽くってハンドリングは良かったんだよね
    でもあの時代のNAでリッター100馬力は強烈だったよ
    最初馬力みたときはターボにしちゃったんだと思ったからね
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

126.0158.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

129.3298.0万円

中古車を検索
CR-Xの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

126.0158.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

129.3298.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村