『ポロGTI試乗~優等生で何が悪い!~』 フォルクスワーゲン ポロ の口コミ・評価 | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!

現在位置: carview! > カタログ > フォルクスワーゲン > ポロ > 口コミ・評価一覧 > ポロGTI試乗~優等生で何が悪い!~

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『ポロGTI試乗~優等生で何が悪い!~』の口コミ

  • ポロGTI試乗~優等生で何が悪い!~

    総合評価: 5.0

    投稿日:2018年9月12日

    投稿者:凌志 さん

    乗車形式:試乗

    メーカー・モデル:フォルクスワーゲン ポロ
    グレード:GTI_RHD(DSG_1.0) (2018年式)

    総評
    GTIシリーズのカタログに、次の記述があった。口惜しいけれど、GTIの魅力がキュッと凝縮された名文だと思う。
    _____________________

    本気を出せばとにかく速い。それが正統ホットハッチ、GTIの魅力。
    しかし、時代もずいぶんと変わりました。
    これからは、ホットハッチも賢くなければ。
    低速域だって、静かで快適に。本気を出したらスポーツモードへ。
    スイッチひとつで、格別なスピード感の世界へ走り出せます。
    ちょい乗り、街乗り、山道、高速、どんな道でも車速域でも、
    高性能を感じるなめらかな走り。
    穏やかなるときも、踏み込んでビュンビュン走るときも。
    あなたのことも、助手席のパートナーも、
    必要以上にドキドキさせたりはしません。
    先進の安全運転支援システムだって、しっかりついていますから。
    _____________________

    従来型ポロよりも、私のゴルフよりもさらに引き締まったドイツ車らしい乗り味。
    フォルクスワーゲンを、優等生だとか、面白みがないとかいう意見があるが、私はそうは思わない。
    私にはVWブランドに対する期待値があり、それを絶えず更新し続ける車づくりの姿勢は、例のディーゼルゲート事件以後もいささか薄れることはないことを実感した。やはりVWは小型車が上手だなというのが素直な実感だった。

    電子式パーキングブレーキでないのが唯一の不満。フェイスリフト時のアップデートに期待したい。
    満足している点
    ノーマルポロ比、乗り心地の粗さや過剰な加速感が皆無なこと。
    不満な点
    ノーマルポロ同様、電子式パーキングブレーキが不採用なこと。

    ダウンサイジング化の波に逆らい、ついに2.0Lになったこと。(時代に媚びない姿勢は、むしろ◎か?)

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする