新車価格(税込)

279.9486.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

93.3368.0万円

中古車を検索

グレード情報ポロ

ユーザーレビュー172件ポロ

ポロ

  • 頑丈なボディ
  • 室内空間が広い
  • 荷物がたくさん積める

平均総合評価

4.4
走行性能:
4.2
乗り心地:
3.8
燃費:
3.7
デザイン:
4.3
積載性:
3.5
価格:
3.6

専門家レビュー3件ポロ

所有者データポロ

  • グレード所有ランキング上位3位

    1. TSI ハイライン_RHD(DSG_1.0)
    2. TSI コンフォートライン_RHD(DSG_1.0)
    3. GTI_RHD(DSG_2.0)
  • 人気のカラー

  • 人気の駆動方式

    AWD
    全輪駆動
    FF
    前輪駆動
    FR
    後輪駆動
    MR
    後輪駆動(ミッドシップエンジン)
    RR
    後輪駆動(リアエンジン)
  • 男女比

    男性
    78.5%
    女性
    20.1%

    その他 1.2%

  • 人気の乗車人数

  • 居住エリア

    1. 関東地方 41.9%
    2. 近畿地方 17.9%
    3. 東海地方 12.7%
  • 年代

  • 年収

車両データと所有者データの数値はマイカーデータとPayPayカードのデータのデータを集計したもの。無回答を除く。

中古車相場 ポロ

平均値を表示しています。

ポロ

ポロの中古車平均本体価格

190.4万円

平均走行距離20,614km

買取情報ポロ

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車、今いくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

リセール価値ポロ

走行距離別リセール価値の推移

ポロ
グレード:
TSI ハイライン_RHD(DSG_1.0)

5年後の売却予想価格

新車価格

275.0万円

売却予想価格

72.3万円

新車価格の 26%

年間平均走行距離
  • 5千km
  • 1万km
  • 2万km
年間平均
走行距離
2025年
1年後
2027年
3年後
2029年
5年後
2031年
7年後
5千km 109万円 90万円

72万円

新車価格の
26%

54万円

新車価格の
20%

1万km 107万円 85万円 63万円 41万円
2万km 103万円 73万円 43万円 13万円

リセール価値のデータは、弊社が独自に算出した参考データであり、将来性・正確性等を保証するものではありません。

このクルマについて ポロ

2022年6月

■2022年6月
フォルクスワーゲンジャパンは、コンパクトハッチバックの「ポロ」を2022年6月23日にマイナーチェンジ、同日より販売を開始した。

今回のマイナーチェンジではエクステリアデザインを刷新。新デザインの前後バンパーにより、全長は従来型に対して+10~25㎜の4085㎜となった。フロントグリルやLEDヘッドライトのデザインも変更され、新たにマトリックスヘッドライト“IQライト”を設定。ウインカーは光が流れるように点滅するダイナミックターンインジケーターを採用し、リヤは立体的な新デザインのLEDテールランプを装備した。

パワーユニットは最高出力70kW(95ps)/5000~5500rpm、最大トルク175Nm/1600~3500rpmを発生する1.0リッター3気筒ターボのみ。 先代と同じ排気量ながらミラーサイクル燃焼プロセスやバリアブルターボジオメトリー機構などの採用により、高い環境性能と経済性を両立。WLTCモードは16.8km/Lから17.1km/Lに向上している。

グレード構成は見直され、レーンキープアシストシステム、LEDヘッドライト、電動格納式ドアミラーなどを装備する「TSIアクティブベーシック」、2ゾーンエアコンディショナー、デジタルメータークラスター「デジタルコクピットプロ」、15インチアルミホイールなどが装備される「TSIアクティブ」、同一車線内全車速運転支援システム「トラベルアシスト」、全車速追従機能付きのアダプティブクルーズコントロール、レーンチェンジアシストシステム、パークディスタンスコントロールを装備する「TSIスタイル」、スポーティな内外装と専用スポーツサスペンションなどを装備する「TSI Rライン」の4グレードが設定されている。

ボディカラーは新色の「ヴァイブラントヴァイオレットメタリック」をはじめ、「キングズレッドメタリック」、「アスコットグレー」、「リーフブルーメタリック」など、合計7色を用意する。

■2022年11月
フォルクスワーゲンジャパンは、2022年6月にマイナーチェンジをしたコンパクトハッチバック「ポロ」にパフォーマンスモデルの「ポロ GTI」をラインナップに追加して、同年11月21日に発売した。

新型「ポロ GTI」」は、最新の2.0TSIエンジンを搭載。最高出力207PS、最大トルク320Nmを1,500~4,500回転の広範囲で発生させ、0-100km/h加速は6.5秒(欧州測定値)と公表されている。また、シャシーも専用セッティングが施され、ノーマルモデルに対して15mm(欧州測定値)低いローダウンスポーツサスペンションを採用。さらに、高速でのコーナリング時にトラクション性能を最適化する電子制御式ディファレンシャルロック“XDS”や、自分好みの走りを選択できるドライビングプロファイル機能を標準装備している。その他、スポーツモードとノーマルモードの切り替えを可能とするアクティブダンパーを備えた“Sport Select”シャシー付スポーツパフォーマンスキットと18インチアルミホイールがセットになった“Sport Select”パッケージをオプションで設定した。

エクステリアは、ハニカム形状のフロントグリルや左右のヘッドライトをつなぐ車幅灯とともに、ヘッドライト内部まで赤いアクセントラインを走らせたデザインを採用。インテリアでは、ブラック、レッド、グレー、クロームを基調に随所に赤いアクセントを施している。フロントシートは、伝統のチェック柄を配したファブリックのトップスポーツシートを装備した。また、GTI専用のマルチファンクションステアリングホイールや専用表示のデジタルメータークラスターなどを備えている。

運転支援システムについては、LEDマトリックスヘッドライト“IQ.LIGHT”や同一車線内全車速運転支援システム“Travel Assist”などの安全装備を標準装備した。

ボディーカラーは、ピュアホワイトやディープブラックパールエフェクトに新色となるキングズレッドメタリック、スモーキーグレーメタリックを加えた全4色展開になっている。


■2024年4月
フォルクスワーゲンジャパンは2024年4月25日、「ポロ GTI」の限定車「ポロ GTI エディション25」を発売した。全世界2500台限定で、日本市場にはそのうち227台が導入される。

今回の限定車は、コンパクトハッチバック「ポロ」のスポーツモデル「ポロ GTI」の誕生25周年を記念したモデルだ。初めての「ポロ GTI」は第3世代の「ポロ」をベースに1998年に登場した。

今回の記念限定車は、18インチアルミホイールを特別装備したほか、ルーフやドアミラーをブラックアウトすることで、エクステリアをスポーティな印象に仕上げている。インテリアは「エディション25」専用スポーツレザーシートやレザーマルチファンクションステアリングホイールに、「GTI」を象徴するレッドのアクセントを取り入れている。また、限定生産車であることを示す「One of 2500」のレタリングが施されたドアシルプレートも装着される。

さらに、ノーマルモデルで人気のオプションである「Sport Selectシャシー付スポーツパフォーマンスキット」を標準装備しており、スポーツモードとノーマルモードの切り替えが可能なアクティブダンパーにより、ダイナミックな走りと快適な乗り心地を両立することが可能だ。このほか、通常はオプションの純正インフォテイメントシステム「Discover Pro」も標準装備している。

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。