現在位置: > > > > > シエンタをレンタル

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『シエンタをレンタル』の口コミ

  • シエンタをレンタル

    総合評価:10点満点中6点

    投稿日:2019年9月15日

    投稿者:parl-siro さん

    乗車形式:レンタカー

    メーカー・モデル:トヨタ シエンタ
    グレード:X_7人乗り(CVT_1.5) (2018年式)

    総評
    本体価格(1,816,560円)に、Toyota Safety Sense(81,000円)とスマートエントリーパケージ(39,960円)のメーカーオプションを追加。カーナビ・バックカメラ・ETCは、社外品が装着されていました。

    登録後半年経過、走行距離5,000kmを超えたところでちょうど慣らしは終わった頃合い。

    今回は鹿児島の旅のお供として380kmほど使用。本来は他車をお借りする目論見は見事に破れ、予想外のクルマとなった次第。
    8月の販売台数において軽自動車を除いた月間一位となったクルマという事で、時事ネタに乗れたかなと思い直すことに。


    そんな事情も背景にしたレビューということで。

    全体的に新車価格の上昇が著しい近年においては、他車比で相対的にリーズナブルだと感じます。ルーミー/タンクとノア3兄弟の中間サイズながら、価格設定は前者に近いところにあり。

    また、この空間に魅力を感じる方、必要とされる方がいることも理解します。だから決して存在は否定しません。
    しかしながら、このクルマが月間ベストセラーともなると、皆がこの広大な空間を本当に必要としているのかな、と疑問を感じるのも事実。「大は小を兼ねる」の感覚で空間を求めると、クルマの性能の各所にはその代償が生じることは揺るがなく。今回は大人二人の旅行のお供ということで、この空間を使いこなすことはなく常に余らせたこともそんなことを感じさせた理由。クルマ単体で評価すると、とても厳しい制約の中でここまで作り込んでいることに感心するという書き方も出来ますけれど。
    皆が買うなら私がお勧めしなくても、という思いもあって、私からのおすすめ度は★3つとします。

    シエンタの中では、両側パワースライドとオートエアコンに価値を見出すことから、お勧めはもう一つ上のG。動力性能・燃費の両面からハイブリッドに魅力は感じつつも、価格差も大きいことから、ここでは判断を見送ります。
    満足している点
    全長4,260mm×全幅1,695mm×全高1,675mmというスペックで構成されるボディサイズに4人+荷物を余裕をもって運べる空間が確保できたのは最大級に評価すべきところ。さすがにサードシートはオケージョナルの域ですが、あれば便利と考える方も少なくないのでしょう。

    座面&視点が高い、サイドウィンドーの絞り込み・幅方向のボディの張り出しが共に少ない、リヤオーバーハングが短い等が重なって、狭路の通過や駐車時等の取り回しも良好。運転しやすいクルマと言えます。
    不満な点
    フロントシートの座面前端が高くて、調整もできず。シート自体も座面短く、お尻と腰のクッションが柔らかすぎ。トヨタ車共通の仕様ではありますが、ここでも指摘を重ねておきます。加えてこのクルマでは、ステアリング位置がチルト最上段でも低過ぎ、テレスコ未装備と相まって、最後までベストポジションは見つけられませんでした。

    猛暑の中では、前席でも冷房能力の不足を感じました。リヤクーラーの設定はなく、フロント中央の吹出口の位置からしても後席はさらに厳しい筈。如何に大空間といえども、特に後席向けの対策が必要なのでは。

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする

口コミを書く

口コミを投稿する(外部サイト)

※自動車SNSサイト「みんカラ」に遷移します。
みんカラに登録して投稿すると、carview!にも表示されます。

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)