現在位置: carview! > 新車カタログ > トヨタ(TOYOTA) > ラウム > ユーザーレビュー・評価一覧 > 都会では無敵のコンパクトファミリーカー(?)

トヨタ ラウム 「都会では無敵のコンパクトファミリーカー(?)」のユーザーレビュー

バカクルマニア バカクルマニアさん

トヨタ ラウム

グレード:ラウム“Gパッケージ”(AT_1.5) 2006年式

乗車形式:マイカー

評価

3

走行性能
-
乗り心地
-
燃費
-
デザイン
-
積載性
-
価格
-

都会では無敵のコンパクトファミリーカー(?)

2018.4.22

総評
機械式駐車場に入る車高(1550mm)でスライドドアの車を探すと選択肢はほぼありません。
機械式駐車場に入り、スライドドアで狭い場所でもドアを全開にできる。我慢出来ないほど悪く無い燃費性能や誰でも普通に運転出来る操縦性など、車を道具として考えた場合、その実用性はすごく高いです。
しかし、実用性以外の楽しさやステータスを求める車では無いので、その辺りを見極めた上で購入すると満足感は高いと思います。
満足している点
・全長4m少々なのに広い室内(後席をたたむとクロスバイクを前輪を外さずに乗せることができました)
・Bピラーレスで大開口の左側ドア
・後席も3人座ることが可能
・車体が小さく小回りが利くので狭い道も余裕(15インチ装着車を除く)
・シートバックがテーブルとして使用できたり、座面ごと持ち上げられる(タンブルできる)ので用途に応じて対応可能な助手席
・視界が良く、車自体の癖もないので誰でも運転しやすい
・さりげなく電波時計がついているのがとても便利
・一目で分かり直感的に使えるスイッチ類
不満な点
・オシャレとは言えず、心ときめかないエクステリア、インテリア
・とりあえず付けた感のすごい運転席と助手席間のカップホルダー
・排気量を考慮するともう少し走ってほしい燃費
・柔らかすぎる足回り
・価格を考慮すると仕方ないかもしれませんが、騒々しい室内
デザイン

-

走行性能

-

全体的には可も無く不可も無くといったところです。
・普通に走る分には十分なパワー
・高速道路の追い越し車線を走ると中々の騒音で、結果的に省燃費運転が出来ます。
・足まわりが柔らかいので山道は苦手です。具体的にはハンドルを切っても車体が傾いてから車が向きを変え始めます。まぁそんな運転が似合う車では無いですよね。
・上記以外では空気みたいに何かを意識することなく普通に運転できます
乗り心地

-

これまで乗ってきた車が硬めの乗り心地だったので、とにかく柔らかい足回りでフワフワした感じがします。
積載性

-

この車体を考慮すると十分な積載能力です。
後席のシートアレンジは分割可倒とタンブルが出来るだけですが、大型の家具や家電を運ぼうとしない限りは問題ありません。
燃費

-

燃費は現代の基準では悪い方に入ると思いますが、年式や排気量・車重を考慮すると「こんなもん」だと思います。
個人的には現状より2km/L程度多めに走ってくれると文句なしです。
ちなみに都内では10km/L前後、高速では16km/Lぐらいです。
最高燃費は9割方高速を走った時の19.1km/Lですが、気合い入れてエコランすると20km/Lは超えます。
価格

-

故障経験
1度だけ原因不明でパワースライドドアが手動になりました。ですが、しばらくすると何事もなかったかのように普通に機能しています。

下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

「みんカラ」から、違反報告をする

トヨタ ラウム 新型・現行モデル