現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 今やヤリスの独り勝ち!! でもでも20年前はコンパクトカー激アツだった!! 今こそ中古でどうよ!?

ここから本文です

今やヤリスの独り勝ち!! でもでも20年前はコンパクトカー激アツだった!! 今こそ中古でどうよ!?

掲載 11
今やヤリスの独り勝ち!! でもでも20年前はコンパクトカー激アツだった!! 今こそ中古でどうよ!?

 現在は群雄割拠のSUV戦国時代だ。しかし20年ほど時を戻すと、5ナンバーコンパクトカーの熾烈な戦いがあった。今回は各メーカーがコンパクトカーに最も力を入れていた2004年頃を振り返り、今でも乗りたい1台を探していきたい。

文/佐々木 亘、写真/ベストカーWeb編集部

今やヤリスの独り勝ち!! でもでも20年前はコンパクトカー激アツだった!! 今こそ中古でどうよ!?

■全長4m以下!ミニマム系コンパクトが熱い!

フルモデルチェンジしたスイフト、あまりにも未来すぎる

 今やアクアもノートもMAZDA2(旧デミオ)も、全長4mを越える車種となった。コンパクトカーの肥大化は、今後もますます進んでいきそうだ。

 しかし、時間を20年ほど巻き戻すと、全長4m以下に収まるクルマが驚くほど多い。当時の自動車メーカーが、最も力を入れていたカテゴリーの一つに挙げられる。

 ヴィッツ・マーチ・フィットを筆頭に、デミオ・スイフト・コルトが追う展開。トヨタはさらに小さなパッソを導入し、SUVの雰囲気漂うイストを登場させている。

 日産はマーチの上にノートを用意。マツダはプレミアムコンパクトを意識したベリーサを展開していた。

 10台もの名作コンパクトがひしめく中で、今でも乗りたくなるのはスイフト(ZC型)だ。2004年デビューの2代目スイフトは、現行型まで引き継がれる走りのコンパクトカーを体現した元祖でもある。

 スイスポのMTもいいが、1.3LのMTモデルがとても楽しい。今なら支払総額40万円以下で、意のままに動くスイフトが手に入ってしまう。

 販売台数ではフィットやヴィッツに劣るものの、その実力はライバルと比べても頭一つ抜けている。

■ファミリーユースもOKなBOX系コンパクトもブームに

 ミニバンの人気が優勢だった当時は、コンパクトカーにもミニバンテイストを入れるのが流行した。室内スペースを大きく作り、居住性や実用性を大きく引き上げている。

 現在大人気のシエンタの始祖となるファンカーゴ、さらにはフリードの原型となるモビリオなど、魅力的なクルマが並ぶ。

一方で、個性派も充実しているのが、当時のこのカテゴリー。片側に大型スライドドアを持つポルテ、ユニバーサルデザインのラウム。

 四角いクルマの代名詞とも言えるキューブやbBもこの時代のクルマだ。新時代を先取りしたWiLL CYPHAもいた。

 実力派ぞろいのBOX系コンパクトでは、ラウム(NCZ型)の存在が今も輝く。立体駐車場に入る全高1,545mmを保ちながら、ミニバンとステーションワゴンのいいとこ取りをしているクルマだ。

 席側はBピラーの無いパノラマオープンドアを採用し、運転席側後席にもスライドドアを用意した。シフトはインパネに備えられ前後席間のウォークスルーもできる。

 これだけ実現しようと思うと、今はミドルサイズミニバンを選ぶしかないのだが、コンパクトカーに力の入っていた当時は、ラウムのような選択肢があった。こちらも支払総額40万円以下で乗れる、時代を越えた良いクルマだ。

■やっぱり日本にはコンパクトカーが良くないか?

Willブランドとして発売されたWiLL CYPHA。そのあまりにも個性的な外観が受け入れられるのは後何年後になるのだろうか

 道路事情は少しずつ改善されているとはいえ、まだまだ細い道の多い日本。加えて、駐車場が狭いという問題は、いつまでたっても改善されない。しかしクルマのサイズは大きくなるばかりで、コンパクトの選択肢も減ってきた。

 小さなクルマを名乗っても、全幅が1,700mmを越えるものも多くなり、ショッピングモールなどでは、クルマへの乗り降りも一苦労となるだろう。

 今こそ、20年前のような、活気あるコンパクトカー市場が戻ってきてほしい。やっぱり5ナンバーサイズというのは、日本で一番便利なサイズだと思う。

 日本だからこそできるクルマづくりの目指す先は、コンパクトカーづくりから見えるのではないだろうか。

こんな記事も読まれています

猛威振るう36号車au TOMS、盤石な開幕戦優勝から第2戦富士に向けても自信|スーパーGT岡山:GT500優勝記者会見
猛威振るう36号車au TOMS、盤石な開幕戦優勝から第2戦富士に向けても自信|スーパーGT岡山:GT500優勝記者会見
motorsport.com 日本版
【スクープ】マツダ ロードスターから触発!? ランチア伝説の「スパイダー」が70年ぶり復活の噂が!
【スクープ】マツダ ロードスターから触発!? ランチア伝説の「スパイダー」が70年ぶり復活の噂が!
LE VOLANT CARSMEET WEB
ミニカーなのにフィギュア!?ポージング可能なチョロQ「Q’s」シリーズ、8‐9月発売の新製品!【CARSMEETモデルカー倶楽部】
ミニカーなのにフィギュア!?ポージング可能なチョロQ「Q’s」シリーズ、8‐9月発売の新製品!【CARSMEETモデルカー倶楽部】
LE VOLANT CARSMEET WEB
アロンソの契約がもたらすF1ドライバーマーケットへの影響。注目されるサインツ、メルセデス、レッドブルの選択
アロンソの契約がもたらすF1ドライバーマーケットへの影響。注目されるサインツ、メルセデス、レッドブルの選択
AUTOSPORT web
中上貴晶、初日は最下位に沈むも「再舗装された路面は大きなアドバンテージ」/第3戦アメリカズGP
中上貴晶、初日は最下位に沈むも「再舗装された路面は大きなアドバンテージ」/第3戦アメリカズGP
AUTOSPORT web
ヤマハ:2台がダイレクトQ2逃す「予想以上に厳しい状況。でも土曜に賭けてみる」/第3戦アメリカズGP 初日
ヤマハ:2台がダイレクトQ2逃す「予想以上に厳しい状況。でも土曜に賭けてみる」/第3戦アメリカズGP 初日
AUTOSPORT web
中須賀克行、水野涼ともにコースレコードを更新/2024全日本ロード第2戦もてぎ JSB1000予選
中須賀克行、水野涼ともにコースレコードを更新/2024全日本ロード第2戦もてぎ JSB1000予選
AUTOSPORT web
スバル「“新”レガシィ」発表! めちゃカッコいい「スポーティセダン」に人気アイテム装着! 爆速仕様も米で登場
スバル「“新”レガシィ」発表! めちゃカッコいい「スポーティセダン」に人気アイテム装着! 爆速仕様も米で登場
くるまのニュース
ついに「ランクル300」にも盗難の波が!! そもそも新車状態では「盗難対策」は完ぺきではないってマジなの?
ついに「ランクル300」にも盗難の波が!! そもそも新車状態では「盗難対策」は完ぺきではないってマジなの?
ベストカーWeb
王者au TOMSひとり旅! ポールから完勝で連覇に向け死角なし。デビュー戦シビックはSTANLEYが3位|スーパーGT開幕戦
王者au TOMSひとり旅! ポールから完勝で連覇に向け死角なし。デビュー戦シビックはSTANLEYが3位|スーパーGT開幕戦
motorsport.com 日本版
「E-クラッチ車は+5万円」ホンダ CBR650R/CB650Rが新型に! STDが4月、E-クラッチ車は6月発売
「E-クラッチ車は+5万円」ホンダ CBR650R/CB650Rが新型に! STDが4月、E-クラッチ車は6月発売
モーサイ
アルファロメオのコンパクトSUV「ミラノ」がワールドプレミア。同ブランド初のフルBEVも登場
アルファロメオのコンパクトSUV「ミラノ」がワールドプレミア。同ブランド初のフルBEVも登場
Webモーターマガジン
【MotoGP】マルケスとバニャイヤの接触転倒、両者共に水に流す。ドゥカティ幹部も「とてもポジティブ」と心配せず
【MotoGP】マルケスとバニャイヤの接触転倒、両者共に水に流す。ドゥカティ幹部も「とてもポジティブ」と心配せず
motorsport.com 日本版
ありかも、BYD! 長澤まさみさんを起用したBYDの新CMが放映開始
ありかも、BYD! 長澤まさみさんを起用したBYDの新CMが放映開始
THE EV TIMES
米国大統領専用車「キャデラック ワン」来日仕様車を1/43スケールで再現
米国大統領専用車「キャデラック ワン」来日仕様車を1/43スケールで再現
レスポンス
『A』から『B』へのジャンプアップ。トヨタ/GRスープラ今季投入の新型エンジン『RI4BG』の狙いとその実力
『A』から『B』へのジャンプアップ。トヨタ/GRスープラ今季投入の新型エンジン『RI4BG』の狙いとその実力
AUTOSPORT web
未来の“東京直結道路”多摩川手前の進捗は 橋のたもとの住宅密集地 川崎市が公表
未来の“東京直結道路”多摩川手前の進捗は 橋のたもとの住宅密集地 川崎市が公表
乗りものニュース
マツダ「新型2ドアスポーツカー」公開! 「次期型RX-7」に期待高まる! “リトラ”ライト×ロータリーエンジン搭載の「ICONIC SP」 再び登場
マツダ「新型2ドアスポーツカー」公開! 「次期型RX-7」に期待高まる! “リトラ”ライト×ロータリーエンジン搭載の「ICONIC SP」 再び登場
くるまのニュース

みんなのコメント

11件
  • mn5********
    「いまこそ中古でどうよ⁉」って言ってもねぇ…フツーに使い倒しちゃうことが多いコンパクトカーで20年前だよ、どのくらい程度のいい車が残っているかな?
  • j_n********
    スイスポzc 32sや、ヴィッツの1.5なんて中古で狙い目だと思います。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

172.7233.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

9.8380.8万円

中古車を検索
スイフトの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

172.7233.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

9.8380.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村