現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ソリオさん昔はワゴンRの5人乗り版だったよね!? なんで2010年に突然やる気出したの!?

ここから本文です

ソリオさん昔はワゴンRの5人乗り版だったよね!? なんで2010年に突然やる気出したの!?

掲載 14
ソリオさん昔はワゴンRの5人乗り版だったよね!? なんで2010年に突然やる気出したの!?

 ワゴンRワイドから始まったソリオの歴史。プチバン市場のパイオニア的存在になっているが、最初はワゴンRを5人乗りに仕立てた「とりあえず作りました」感満載であった。でも2010年に突然のスライドドアで大ヒットに。一体あの時何があった!?

文:渡辺陽一郎/写真:ベストカーWeb編集部

ソリオさん昔はワゴンRの5人乗り版だったよね!? なんで2010年に突然やる気出したの!?

■ヴェゼル並の販売台数!! ソリオはマジで痒い所に手が届く一台

実はめっちゃ売れているんです!! だってヴェゼル並の販売台数なんだよ!!!!

 スズキは軽自動車のイメージが強いメーカーだが、小型/普通車の販売比率も相応に高い。

 2023年度上半期(4月から9月)のスズキの販売状況を見ると、国内で売られた新車の18%が小型/普通車だった。

 ライバルメーカーのダイハツは親会社がトヨタになるため、小型/普通車の国内販売比率は4%に留まる。これに比べるとスズキは、小型/普通車に力を入れているのだ。

 そのスズキの小型/普通車の中で、国内販売台数が最も多い車種はソリオだ。2023年度上半期には、1か月平均で3566台を登録した。ホンダのヴェゼルやステップワゴンと同程度になる。

 ソリオが好調に売られる理由は、スズキスペーシアやホンダN-BOXをそのまま大きくしたような小型車サイズのスーパーハイトワゴンになるからだ。

 ボディはコンパクトでも天井は高く、4名で快適に乗車できて、後席を格納すると自転車などを積める広い荷室になる。スライドドアも装着している。

 その一方でエンジンは直列4気筒1.2Lだから、軽自動車のスーパーハイトワゴンに比べると、エンジン排気量は2倍近くに達する。車両重量も増えるが、1.1~1.2倍に収まるため、動力性能に余裕が生じた。

■全幅がキモ!! ルーミーより小さい横幅がお見事なワケ

大人気のルーミー兄弟と似ているようで、実は全幅が全然違う。わずかな差ながら狭い道でのすれ違いで気づくハズ

 ソリオには標準ボディと上級のバンディットがあり、両車ともに全長は3790mmと短い。

 全幅は大半の5ナンバー車が規格枠いっぱいの1695mmとするのに対して、ソリオは1645mmだ。トヨタパッソ/ダイハツブーンの1665mmよりも狭い。

 そこでソリオの全幅を狭く抑えた理由を開発者に尋ねると「ソリオは道幅の狭い地域で使われることも多く、すれ違いもしやすいように、全幅を1645mmに設定した」と返答された。

 そうなるとソリオは、全幅の狭さに魅力を感じるユーザーに人気なのか。販売店に尋ねると以下のように述べた。

「ソリオのお客様には、軽自動車からのアップサイジングと、ミニバンからのダウンサイジングがある。スペーシアなどの軽自動車を使っていたお客様が、長距離を走る機会が増えて小型車に乗り替える場合、全幅の拡大を抑えたソリオは違和感が生じにくい。またミニバンから乗り替えたお客様は、とても運転しやすくなったと喜ばれる。ソリオの狭い全幅による運転のしやすさは、今では伝統になっている」。

 ソリオには、ライバル車としてトヨタルーミー/ダイハツトール/スバルジャスティの姉妹車がある。

 ルーミーの全幅は1670mmとされ、ソリオよりも少しワイドだ。登録台数はトヨタルーミーが圧倒的に多く、2023年度上半期は1か月平均が6780台だからソリオの約2倍だ。

 それでもソリオがスズキの小型車ながら、ヴェゼルやステップワゴンと同程度に販売される背景には、車幅の狭さが生み出す運転のしやすさがある。

■名前が二転三転……3回の改名でソリオに

写真は初めてソリオの名が付いたワゴンRソリオ。シボレーMVもラインアップされていたのは今となっては懐かしいお話

 ソリオの過去を振り返ると最初は1997年に、ワゴンRの拡幅版とされるワゴンRワイドとして登場した。

 ホイールベース(前輪と後輪の間隔)は2335mmで、1993年に発売された初代ワゴンRと同じだが、トレッド(左右のホイールの間隔)は前輪側で140mm拡大された。全幅も1575mmだから、当時のワゴンRに比べて180mm広い。

 室内幅も155mmワイド化され、軽自動車のワゴンRに比べると、居住性と走行安定性を向上させていた。エンジンも直列4気筒1Lを搭載した。

 ちなみに1996年には初代のマツダデミオやダイハツパイザー、1997年には初代トヨタラウム、1998年には初代日産キューブが登場。

 背の高いコンパクトカーが増えつつあったが、ワゴンRワイドは価格も安い。100万円以下のグレードも用意され、独自の魅力を備えていた。

 1999年には、ワゴンRワイドはフルモデルチェンジを受けて、ワゴンRプラスに発展した。

 GM(ゼネラルモーターズ)との技術提携も踏まえて開発され、軽自動車のワイド版ではないが、ホイールベースは2360mmだから2代目ワゴンRと同じだ。

 エンジン排気量も1Lで変わらず、運転感覚を含めて、依然としてワゴンRの拡幅版という印象が強かった。

 車名は、マイナーチェンジでワゴンRプラスからワゴンRソリオに変わり、さらにワゴンRがはずれて今日と同じソリオになった。

■サイズはマジでちょうどイイ!! 突然のスライドドア採用が奏功

ソリオ人気が爆発したのは2代目モデルから。ミニバン並の使い勝手と広さで、安い!! ときたら売れないワケがないのだった

 クルマ造りを大きく変えたのは、2010年に発売された2代目ソリオからだ。それまでは外観がワゴンRに似ていて、高い天井と低価格を特徴にしていた。

 そこが2代目ソリオは、軽自動車とは明らかに異なるクルマへ発展している。

 最も注目されたのは、後席側のドアをスライド式にしたことだ。スズキは2008年にスライドドアを備えたスーパーハイトワゴンの軽自動車としてパレット(スペーシアの前身)を発売。

 ソリオはホイールベースが50mm長く、パレットやワゴンRを含めて軽自動車との共通性はほとんどなくなった。

 2代目ソリオは、プラットフォームを新開発して走行安定性と乗り心地を向上させ、10・15モード燃費も22.5km/Lに達した。

 内装の質、シートの座り心地も改善され、小型車として満足できる商品力を身に付けた。

 その一方で、全長は3710mm、全幅は1620mmだから混雑した街中でも運転しやすい。今日のソリオと同様の特徴を備えたことで、1か月平均登録台数も約3200台に達した。

■今や国内2位の好調っぷり!! 2代目ソリオがターニングポイントだった

 ソリオが2010年のフルモデルチェンジで大きく変わった根本的な理由は、スズキの小型車に力を入れる国内販売戦略だ。

 かつてのスズキは軽自動車の販売1位メーカーで、国内ではダイハツと激しい販売合戦を展開してきたが、薄利多売のカテゴリーとあって経営的に不利な面も多い。

 そこで暦年で見ると、スズキは1973年から2006年まで軽自動車の販売1位メーカーだったが、2007年にはトップをダイハツに譲った。その代わり小型車で力を入れるようになり、2010年に2代目ソリオが登場した。

 一連の変化を明確に示したのは、2015年にスズキが発表した中期経営計画の「SUZUKI NEXT 100」だ。

 国内の小型車販売:年間10万台以上、軽自動車シェア:30%以上という目標を掲げた。この目標は2016年には早々に達成されている。

 2015年に発表された3代目の先代ソリオも、2010年登場のモデルに続いて好調に売られたからだ。軽自動車のシェアも目標通り30%を超えている。

 同様の状態が今も続き、2022年には、コロナ禍に見舞われたり半導体の供給が滞りながらも、スズキの小型/普通車登録台数は10万台を超えてスバルを上まわった。

 軽自動車の届け出台数もダイハツに次ぐ2位で、軽自動車シェアも30%以上を守っている。

 さらにスズキのメーカー別国内販売ランキングは、今ではトヨタに次ぐ2位だ。3位はダイハツ、4位はホンダ、5位は日産になる。

 つまりスズキが軽自動車メーカーを脱して、国内2位のスモールカーブランドへ成長するターニングポイントになったのが、2010年に発売された2代目ソリオであった。

こんな記事も読まれています

5G対応TCU発表、ハーマンがクアルコム「スナップドラゴン」活用…MWC 2024
5G対応TCU発表、ハーマンがクアルコム「スナップドラゴン」活用…MWC 2024
レスポンス
アストンマーティン、新型「ヴァンテージ GT4」発表。GTレーサーの最強ラインアップが完成!
アストンマーティン、新型「ヴァンテージ GT4」発表。GTレーサーの最強ラインアップが完成!
LE VOLANT CARSMEET WEB
1287馬力のハイパーEV、BYD仰望『U9』…中国発売
1287馬力のハイパーEV、BYD仰望『U9』…中国発売
レスポンス
マクラーレンの”真の力”はまだ見えてこない? ノリス「バーレーンってウチは苦手だから」|F1開幕戦
マクラーレンの”真の力”はまだ見えてこない? ノリス「バーレーンってウチは苦手だから」|F1開幕戦
motorsport.com 日本版
「完璧に勝てる」ニュルブルクリンク24時間に臨むスバルの本気…東京オートサロン2024
「完璧に勝てる」ニュルブルクリンク24時間に臨むスバルの本気…東京オートサロン2024
レスポンス
故障した車を「楽に動かす方法」があった!? 警視庁が伝授する”対処法”が話題に! 一方で初心者が気をつけるべき“落とし穴”も?
故障した車を「楽に動かす方法」があった!? 警視庁が伝授する”対処法”が話題に! 一方で初心者が気をつけるべき“落とし穴”も?
くるまのニュース
【MVアグスタ】バイカーズパラダイスにレンタルバイクを配備!「1時間レンタルプログラム」を3/1より実施
【MVアグスタ】バイカーズパラダイスにレンタルバイクを配備!「1時間レンタルプログラム」を3/1より実施
バイクブロス
ついに日本でCR-Vが販売されるだって? ホンダ発表、FCEVになって今夏「来日」
ついに日本でCR-Vが販売されるだって? ホンダ発表、FCEVになって今夏「来日」
AUTOCAR JAPAN
「M・M思想」と「アート」を標榜するホンダの新EV「0シリーズ」! 真逆の考えは融合できているのかデザインのプロがチェック!!
「M・M思想」と「アート」を標榜するホンダの新EV「0シリーズ」! 真逆の考えは融合できているのかデザインのプロがチェック!!
WEB CARTOP
プジョー・ブランドのファストバックサルーン! 新型「プジョー508」発売。エクステリア・インテリアの革新的なデザインが最大の特徴
プジョー・ブランドのファストバックサルーン! 新型「プジョー508」発売。エクステリア・インテリアの革新的なデザインが最大の特徴
LE VOLANT CARSMEET WEB
だから減便するしかない「バスの2024年問題」市民の足直撃 働き方改革 カギ握る“1時間の差”
だから減便するしかない「バスの2024年問題」市民の足直撃 働き方改革 カギ握る“1時間の差”
乗りものニュース
【明日発売】カリフォルニアのアーティストのガレージへ突撃取材も!『ガレージライフ 99号 2024年4月号』発売
【明日発売】カリフォルニアのアーティストのガレージへ突撃取材も!『ガレージライフ 99号 2024年4月号』発売
LE VOLANT CARSMEET WEB
日産が新たな「モビリティサービス」実現への“取り組み”を発表! 最新「セレナ」で一般でも「驚きの技術」体験できるサービスを2024年度から実施へ
日産が新たな「モビリティサービス」実現への“取り組み”を発表! 最新「セレナ」で一般でも「驚きの技術」体験できるサービスを2024年度から実施へ
くるまのニュース
レクサスNXに新カテゴリー「OVERTRAIL」を追加&一部改良。都会もオフロードも、もっと機敏に気持ちよく「駆け抜ける喜び」が磨き抜かれている
レクサスNXに新カテゴリー「OVERTRAIL」を追加&一部改良。都会もオフロードも、もっと機敏に気持ちよく「駆け抜ける喜び」が磨き抜かれている
Webモーターマガジン
新しいレクサスNX登場、“OVERTRAIL”パッケージも設定へ!──GQ新着カー
新しいレクサスNX登場、“OVERTRAIL”パッケージも設定へ!──GQ新着カー
GQ JAPAN
ダイハツ、販売会社への資金支援を3月末までに開始 代車や車検費用などを負担
ダイハツ、販売会社への資金支援を3月末までに開始 代車や車検費用などを負担
日刊自動車新聞
【2024年FIA F2をイチから学ぶ】スーパーフォーミュラ王者、宮田莉朋のF1登竜門への挑戦。新型車両導入年の注目ポイント
【2024年FIA F2をイチから学ぶ】スーパーフォーミュラ王者、宮田莉朋のF1登竜門への挑戦。新型車両導入年の注目ポイント
AUTOSPORT web
【ハスクバーナ・モーターサイクルズ】正規ディーラー「ハスクバーナ・モーターサイクルズ いわき」が3/9グランドオープン!
【ハスクバーナ・モーターサイクルズ】正規ディーラー「ハスクバーナ・モーターサイクルズ いわき」が3/9グランドオープン!
バイクブロス

みんなのコメント

14件
  • cra********
    来年の家内のクルマの乗り換え候補の筆頭です
  • sur********
    このジャンルにルーミーを投入してきたトヨタには唖然とした。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

164.8177.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

10.9281.5万円

中古車を検索
ソリオの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

164.8177.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

10.9281.5万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村