現在位置: carview! > カタログ > トヨタ > プリウス > みんなの質問 > トヨタ プリウスは月間8,762台(2018...

『トヨタ プリウスは月間8,762台(2018...』:トヨタ プリウス

解決済みトヨタ プリウスは月間8,762台(2018/11)も売れているのに、対抗馬のホンダ グレイスはランク圏外(700台以下)と全く売れていないのでしょうか。

トヨタ プリウスは月間8,762台(2018/11)も売れているのに、対抗馬のホンダ グレイスはランク圏外(700台以下)と全く売れていないのでしょうか。燃費もそう変わらないし、デザインも1500cc以内というのもアドバンテージだと思いますが何故で全く売れないのでしょうか?

フィット3ハイブリッドのリコールに見られるように未だ欠陥の多いハイブリッド車なのでしょうか? 一応、改善後の車種だと思いますが。

ベストアンサーに選ばれた回答

恥ずかしながらヴェゼルのハイブリッドに乗っておりました。
様々な課題に直面して購入から数年で売却。
それでもホンダは嫌いになれず現在はフィットのガソリンを。
そんな私の意見です。

現行の改良後ハイブリッドも販売店のご好意でガッツリ乗りました。
1カ月の間に約数千km乗って確かめましたがこれは厳しい!!!
「営業は勧めるけど整備士は勧めない」という表現がピッタリですね。
長くお世話になっているお店の整備士さんはハイブリッドを勧めません。

グレイス搭載のハイブリッドはi-DCDと言います。
『急発進』『ギア破損』『加速不可』等を抱えたまま発売されました。
その後の数年間でリコールを何度か繰り返して改善。
そけでも今なお解決不可能な課題が幾つか残ります。
『緩やかな坂道を徐行後の加速でアクセル無反応あるある』
『減速後やアクセルを強く踏み込んだ時も一定確率で無反応あるある』
『年3~4万kmと多走行車には突然走行不能になるトラブルが高確率!!』
自分の体験と整備士さんの話をまとめたらこんな感じですね。
それでもあまり使わず走りを気にしないユーザーには良い車かな...

言いにくいですがホンダのハイブリッドは相変わらず厳しいですね。
売れる理由を探すことが非常に難しい車です。

回答一覧

4件中 1~4件
  • プリウスの対抗馬がグレイス???


    どう考えても比較対象はカローラアクシオでしょう???????????

  • ホンダ グレイスはランク圏外(700台以下)と全く売れていないのでしょうか。

    データー的には、そうなりますね

  • ①知名度
    ②宣伝不足
    ③プリウスよりもグレイスっていう長所、決め手がない
    ④見た目が安っぽい、新しさを感じない
    ⑤デザインと車の大きさが合ってない
    ⑥セダンタイプは若者ウケが悪い

    どうみてもウリウスが格上なのでグレイスをかいぐらいならプリウスってなると思います。

  • プリウスのネームバリューが大きすぎるってことかと思いますけどね。
    なので、同じレンジだとHVでプリウスに対抗するのはどこでも難しいのではないかと。
    特にホンダのHVはTHSより簡素なものですし。
    日産のe-powerみたいな新基軸(といっても方式としては昔からあるものではありますけど)ならまだ牙城を崩していける可能性もあるのでしょうけどね。

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。