新車価格(税込)

144.0244.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

28.0223.0万円

中古車を検索

グレード情報カローラアクシオ

ユーザーレビュー94件カローラアクシオ

カローラアクシオ

  • 燃費が良い
  • 操作しやすい
  • コーナリング性能が優れている

平均総合評価

4.2
走行性能:
3.6
乗り心地:
3.7
燃費:
4.2
デザイン:
4.2
積載性:
2.7
価格:
4.0

所有者データカローラアクシオ

  • グレード所有ランキング上位3位

    1. 1.5 X(CVT_1.5)
    2. 1.5 G(CVT_1.5)
    3. G(CVT_1.5)
  • 人気のカラー

    1. シルバー
    2. パール
  • 人気の駆動方式

    AWD
    全輪駆動
    FF
    前輪駆動
    FR
    後輪駆動
    MR
    後輪駆動(ミッドシップエンジン)
    RR
    後輪駆動(リアエンジン)
    AWD
    5.6%
  • 男女比

    男性
    92.7%
    女性
    5.5%

    その他 1.7%

  • 人気の乗車人数

  • 居住エリア

    1. 関東地方 30.9%
    2. 近畿地方 16.7%
    3. 東海地方 11.3%
  • 年代

  • 年収

車両データと所有者データの数値はマイカーデータとPayPayカードのデータのデータを集計したもの。無回答を除く。

中古車相場 カローラアクシオ

平均値を表示しています。

カローラアクシオ

カローラアクシオの中古車平均本体価格

76.4万円

平均走行距離61,957km

買取情報カローラアクシオ

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車、今いくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

リセール価値カローラアクシオ

走行距離別リセール価値の推移

カローラアクシオ
グレード:
1.5 X(CVT_1.5)

5年後の売却予想価格

新車価格

144.0万円

売却予想価格

13.0万円

新車価格の 9%

年間平均走行距離
  • 5千km
  • 1万km
  • 2万km
年間平均
走行距離
2025年
1年後
2027年
3年後
2029年
5年後
2031年
7年後
5千km 21万円 17万円

13万円

新車価格の
9%

9万円

新車価格の
6%

1万km 20万円 17万円 13万円 9万円
2万km 20万円 16万円 12万円 8万円

リセール価値のデータは、弊社が独自に算出した参考データであり、将来性・正確性等を保証するものではありません。

このクルマについて カローラアクシオ

2010年4月

■2010年4月
累計生産台数が世界一となるベストセラーのコンパクトカー。初代モデルは1966年にデビューし、2006年には10代目のモデルが登場した。ボディサイズは5ナンバー車の枠を守り、手頃なサイズで取り回しも良いクルマに仕上がった。デザインはコンパクトでありながら伸び伸びした躍動感あるエクステリアを目指したほか、インテリアは適度な広さの快適な空間を目指している。今回のモデルで大きく進化したのは扱いやすさで、アクシオというサブネームの付いたセダン全車にバックモニターを標準装備したほか、ステリアングにはチルト機構だけでなくテレスコピック機構も備えている。搭載エンジンは直列4気筒の1.5リッターと1.8リッターの2機種。1.8リッターエンジンはカローラに合わせて新開発されたもので、100kw(136ps)/175Nm(17.8kg-m)のパワー&トルクを発生するとともに高い環境性能や燃費性能を備えている。一部の廉価グレードには5速MT車の設定もあるが、基本的に無段変速のスーパーCVT-iと組み合わされる。最上級グレードのラグゼールαエディションにはVSCを始め、レーダークルーズコントロールやプリクラッシュセーフティシステムなどの最新の安全装備も用意される。2008年10月には前後のデザインを変更したほか、新グレードの設定などを実施した。2009年10月には1.5リッターFFのCVT車の燃費を向上させてエコカー減税に適合させると同時に、一部グレードの装備を充実させた。2010年4月には制御の最適化やバルブマチックエンジンの搭載によって燃費を向上させるなどの改良を行った。


■2011年10月
累計生産台数が世界一となるベストセラーのコンパクトカー。初代モデルは1966年にデビューし、2006年には10代目のモデルが登場した。ボディサイズは5ナンバー車の枠を守り、手頃なサイズで取り回しも良いクルマに仕上がった。デザインはコンパクトでありながら伸び伸びした躍動感あるエクステリアを目指したほか、インテリアは適度な広さの快適な空間を目指している。今回のモデルで大きく進化したのは扱いやすさで、アクシオというサブネームの付いたセダン全車にバックモニターを標準装備したほか、ステリアングにはチルト機構だけでなくテレスコピック機構も備えている。搭載エンジンは直列4気筒の1.5リッターと1.8リッターの2機種。1.8リッターエンジンはカローラに合わせて新開発されたもので、100kw(136ps)/175Nm(17.8kg-m)のパワー&トルクを発生するとともに高い環境性能や燃費性能を備えている。一部の廉価グレードには5速MT車の設定もあるが、基本的に無段変速のスーパーCVT-iと組み合わされる。最上級グレードのラグゼールαエディションにはVSCを始め、レーダークルーズコントロールやプリクラッシュセーフティシステムなどの最新の安全装備も用意される。2008年10月には前後のデザインを変更したほか、新グレードの設定などを実施した。2009年10月には1.5リッターFFのCVT車の燃費を向上させてエコカー減税に適合させると同時に、一部グレードの装備を充実させた。2010年4月には制御の最適化やバルブマチックエンジンの搭載によって燃費を向上させるなどの改良を行った。2011年10月には「X」をベースに使用性を高めた特別仕様車を発売。

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。