現在位置: carview! > 新車カタログ > トヨタ(TOYOTA) > カリーナ > みんなの質問(解決済み) > 父がクルマの購入を検討しております。

トヨタ カリーナ のみんなの質問

解決済み
回答数:
3
3
閲覧数:
165
0

父がクルマの購入を検討しております。

大学生時代に運転免許を取得し・・・
サニー(年式不明)

スプリンター(昭和53年式)

カリーナセダン(昭和61年式・SGマイロード)

カローラセダン(平成4年式・SEリミテッド)

カローラアクシオ(平成23年式・Gクラシコ)

と、長年5ナンバーサイズのセダンを乗り続けてきています。
以前は各メーカー、主力車種はセダン。選択肢がありましたが
ミニバン車に圧され次々と消滅していきました。
トヨタがカローラの次期フルモデルチェンジで3ナンバー化。
プレミオ・アリオンが時期にあわせて消滅との話もあります。

来年6月の誕生日で満69歳。クルマを購入するならば人生で
最後の1台となるでしょうか。因みに現行のカローラアクシオは
外観、内装とも気に入らず。雑誌「ベストカー」に掲載されてた
次期カローラのイラストをみせたところ3ナンバーじゃ買わないと。
トヨタ車だとプレミオ・アリオンだけとなるんですね。

そこでおたずねします。
父が現在乗っているカローラアクシオとプレミオ・アリオンを比べて
良い点、イマイチな点を個人的嗜好で構いませんのでお聞かせください。

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。

ベストアンサーに選ばれた回答

本日時点(2018年12月18日)で、日本国内で新車で買える5ナンバーセダンは実質3車種しかありません。トヨタのカローラアクシオ(11代目)とプレミオ/アリオン(2代目)、ホンダのグレイスです。

お父上様がお乗りの10代目カローラアクシオと、現行のプレミオ/アリオンは同じプラットフォーム(車台)を用いています。1,695mmの5ナンバー幅は両車同じですが、ホイールベースがアクシオの2,600mmに対してプレミオ/アリオンは2,700mmと全長側に若干伸ばされており、やや上級な造りとなっています。

とはいえ、10代目カローラアクシオは、9代目カローラセダンとともに歴代カローラ最大のボディサイズであり(全長4,410×全幅1,695×全高1,460mm)、車格や居住性にプレミオ/アリオンとの大きな差はありません。前ストラット/後トーションビームのサスペンション構成も同一、1.5リッター車同士では185/65R15のタイヤサイズや、エンジンの型式(1NZ-FE)も同一です。

プレミオ/アリオンには1.8リッターや2.0リッターのグレードも設定され、トヨペット店やトヨタ店で販売されるにふさわしいミドルセダンの体裁は保っています。しかし日常使い中心なら1.5リッターでも十分と思いますし、230万円強(プレミオ1.5F"EXパッケージ")で充実装備のセダンが手に入るのは、コストパフォーマンスに優れると思います。

質問者からのお礼コメント

2018.12.21 00:00

ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

その他の回答 (2件)

  • ホンダ グレイス」で?良くね
    d( ̄  ̄)
    プレミオ」は→古いしな
    買うなら→程度の良い☆中古車で良いと思いますよ

    選択肢は→無いんだよね

    クーペが→86」一択?の様に…
    5ナンバーセダンは→グレイス」一択?と
    思います

    ほか…無いんだよね

  • 現行アリオン/プレミオは、エンジンや変速機(CVT)がブラッシュアップされているけど、基本的には、御父上が乗っているカローラと同世代(というか2代前のカローラがベース)の車。

    イイ所
    ・衝突軽減システムが付いている(ただし歩行者や二輪車に対応しない)。
    ・多少インテリアが凝っている。
    ・多少燃費が良くなっている。
    ・2.0Lエンジン搭載モデルが存在する。

    ダメな所
    ・世代的に御父上が乗ってるカローラと同じなので、色々”古さ”が隠し切れない。

    正直5ナンバーセダンってモノ自体が、「絶滅危惧種」なので・・・。

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の
「自動車」カテゴリとデータを共有しています。

あわせて知りたい

トヨタ カリーナ 新型・現行モデル

トヨタ カリーナのみんなの質問ランキング