現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > インプレッサの足が良すぎる!! 時代ごとに変わる「足のいいヤツ」……現代に求められる足回りとは?

ここから本文です

インプレッサの足が良すぎる!! 時代ごとに変わる「足のいいヤツ」……現代に求められる足回りとは?

掲載 17
インプレッサの足が良すぎる!! 時代ごとに変わる「足のいいヤツ」……現代に求められる足回りとは?

 昔はスポーティなクルマほど「足のいいヤツ」と評価されてきたが最近はちょっと違う。ベーシックな5ドアのインプレッサだって、ミニバンにヴェルファイアも足のいいヤツ!! では現代の足の評価ってどうやってるのよ!?

※本稿は2023年8月のものです
文/鈴木直也、ベストカー編集部、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2023年9月26日号

インプレッサの足が良すぎる!! 時代ごとに変わる「足のいいヤツ」……現代に求められる足回りとは?

■「足のいいクルマ」とは何か?

元祖「足のいいヤツ」初代トヨタ カリーナ

 ベストカー読者の皆さんだったら、「おっ、カリーナ!?」と思い起こす方も多いかもしれない。

 1970年に登場した初代カリーナがマイチェンした時のCMキャッチコピーが「足のいいヤツ」だった。カリーナは4ドアセダンなんだけど、セリカの基本シャシーをベースとしたいわば兄弟車で、足のよさをアピールしたのだ。

 1970年代前半の日本車、特に4ドアセダンは乗り心地を重視していたり、逆に耐久性を重視したゴツイ乗り味が当たり前という時代だった。

 そんな時代にスポーティでしなやかな乗り味をアピールする新型車カリーナは、「足のいいヤツ」をキャッチフレーズにその存在感をアピールしたのであった。

 でも「足のいい」とは何なのか? どんな「足」が「いい足」なのか?

 1970年代~1980年代前半の日本車は、たしかに欧州車に比べて足回り=操縦性の面では後れを取っていた。まだまだ未舗装路も多く残っていたことも背景にはあるだろう。

 なによりも堅牢さが求められるから、どうしてもバネは硬く、ショックアブソーバーの技術も未熟だったので、それゆえハードなバネをしっかりと抑える減衰特性を作り出せなかったということもあろう。FR車のリアサスはリジッドアクスルが主流で、4輪独立懸架のクルマは少数派だった。

■「足のよさ」=スポーティだった時代

今も昔も、ロードスターやスイフトスポーツのようなスポーティカーは「足のいいヤツ」だ

 セリカやフェアレディZ、スカイラインGTのようなスポーティ性を売り物にするクルマは舗装路を主体に走ると割り切って、操縦性を重視したサスペンションセッティングをしてきたため、「足がいい」はすなわち操縦性に優れるスポーツモデル、という方程式が出来上がった。

 1980年代が終わり1990年頃になると日本車の操縦性は劇的に進化した。R32型スカイラインや初代ロードスター、P10型プリメーラなどはその嚆矢だった。スポーツセダンという言葉が広まった。4ドアセダンであっても、昭和から平成時代の「足のいいヤツ」はスポーティカーだったのだ。

 平成の中期以降、2000年代に入るとファミリーセダンにかわってミニバンが台頭する。車高が高く重心が高いミニバンは、その特性上、操縦性をアピールするものではなかった。3代目オデッセイはあえてミニバンで足のよさをアピールする異端児だったのだ。

 でも令和の時代になるとずいぶんと「足のいいヤツ」に対する考え方は変わってきた。スポーティな操縦性だけではなく、しなやかで乗り心地に優れた「足のいいヤツ」がSUVやミニバン、コンパクトカーにも登場している。

 さあ、令和の時代の「足のいいヤツ」とはどんなクルマなのか?

■多様性の時代に「足のよさ」も多様化

令和の現代、SUVのZR-Vのしなやかで奥の深い「足」は「いい足」だし、大型ミニバンのヴェルファイアのカッチリした操縦性も「足のいいヤツ」だ

 ひと昔前だったら「足のいいクルマ」といえば「ハンドリングのいいクルマ」と同義語。要するに、箱根などの峠で思いどおりに振り回せる、運動性のよさがポイントだった。

 もちろん、今でもそういった要素は「足のよさ」の大事なファクターなんだけど、その重要性は年とともに低下している印象が否めない。SUVやミニバンがこんなに売れていることからも、そういう価値観の変化は見てとれる。

 で、新たに台頭してきた「足のよさ」の価値観として、ぼくは「安心」と「快適」が重要だと考えている。

 このテーマ、昔ながらの「足のよさ」をおそろかにせず、それに加えて穏やかで安定性の高いハンドリングや、快適な乗り心地を両立させなければならないという意味で、技術的なハードルはかなり高い。しかも、重心の高いSUVやミニバンでソレを達成しなくちゃいけないんだから大変だ。

 そんな観点から見て、最近ぼくが一目置いているのは、インプレッサ/クロストレック、エクストレイル、ヴェルファイアの3台だ。

 インプレッサ/クロストレックは、お手頃価格のCセグHBとは思えない上質なハンドリングと乗り心地を備えていることを評価。

 また、その上位互換と言いたいハンドリングと乗り心地に、さらにパワートレーンの上質感が加わったのがエクストレイル。

 そして、Lクラスミニバンでもここまでいい足がつくれるのかとびっくりさせられるのがヴェルファイア。

 やっぱり、クルマは足が大事ってことを再確認できるクルマたちですね。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

【ガチ恐怖】クルマにまさかの落雷!! 車内の人は大丈夫?? クルマは壊れないの!?
【ガチ恐怖】クルマにまさかの落雷!! 車内の人は大丈夫?? クルマは壊れないの!?
ベストカーWeb
山中に放置された「ランドローバー」をレスキュー! 所有して25年ほどになる個体はアルミ地肌むき出しでも「ノープロブレム!」
山中に放置された「ランドローバー」をレスキュー! 所有して25年ほどになる個体はアルミ地肌むき出しでも「ノープロブレム!」
Auto Messe Web
アーロンが予選最速! フィッティパルディ退けポールポジション獲得。宮田莉朋18番手|FIA F2ハンガロリンク
アーロンが予選最速! フィッティパルディ退けポールポジション獲得。宮田莉朋18番手|FIA F2ハンガロリンク
motorsport.com 日本版
ルノー 「カングーキャンプ」9月開催 フレンチBBQと秋の自然を満喫するキャンプイベント
ルノー 「カングーキャンプ」9月開催 フレンチBBQと秋の自然を満喫するキャンプイベント
グーネット
食わず嫌いはもったいない!BYD SEAL驚愕の加速性能【工藤貴宏】
食わず嫌いはもったいない!BYD SEAL驚愕の加速性能【工藤貴宏】
グーネット
日産 「ノート オーラ NISMO」をマイナーチェンジ 新たに4WD車を設定【動画あり】
日産 「ノート オーラ NISMO」をマイナーチェンジ 新たに4WD車を設定【動画あり】
グーネット
ヌービルがコースオフのシェイクダウンはヒョンデ1-2。勝田と地元セスクも好調/WRCラトビア
ヌービルがコースオフのシェイクダウンはヒョンデ1-2。勝田と地元セスクも好調/WRCラトビア
AUTOSPORT web
プジョー、ニコ・ミューラーの今季限りでの離脱を発表。後任は宮田莉朋のチームメイトが有力か
プジョー、ニコ・ミューラーの今季限りでの離脱を発表。後任は宮田莉朋のチームメイトが有力か
AUTOSPORT web
楽しさと完成度はクラストップ! トヨタ・ヤリス・クロスへ試乗 130馬力のHV追加で競争力強化
楽しさと完成度はクラストップ! トヨタ・ヤリス・クロスへ試乗 130馬力のHV追加で競争力強化
AUTOCAR JAPAN
ファン・ホーペンが予選最速。セッションはタイトル候補ブラウニングのクラッシュで赤旗終了に|FIA F3ハンガロリンク
ファン・ホーペンが予選最速。セッションはタイトル候補ブラウニングのクラッシュで赤旗終了に|FIA F3ハンガロリンク
motorsport.com 日本版
3連覇に向けTeam HRCが会見。初参戦のザルコは「とても安定して自信を持って走ることができた」とレースへ期待/鈴鹿8耐
3連覇に向けTeam HRCが会見。初参戦のザルコは「とても安定して自信を持って走ることができた」とレースへ期待/鈴鹿8耐
AUTOSPORT web
マツダCX-30がグレード体系刷新の商品改良。レトロモダン世界観をテーマにした特別仕様車も
マツダCX-30がグレード体系刷新の商品改良。レトロモダン世界観をテーマにした特別仕様車も
AUTOSPORT web
美しすぎる新型「爆速スポーツカー」世界初公開! 専用開発の「V型10気筒エンジン」搭載で“1200馬力”を発揮! まさに公道を走る“戦闘マシン”新型「RB17」とは
美しすぎる新型「爆速スポーツカー」世界初公開! 専用開発の「V型10気筒エンジン」搭載で“1200馬力”を発揮! まさに公道を走る“戦闘マシン”新型「RB17」とは
くるまのニュース
ロシアの『ウラルカリ』社、ハースF1からの返済が裁定通りに行われていないと主張。マシンの引き渡しに関する返答もなし
ロシアの『ウラルカリ』社、ハースF1からの返済が裁定通りに行われていないと主張。マシンの引き渡しに関する返答もなし
AUTOSPORT web
『レンジローバー・スポーツ』に古代神話と宇宙からインスピレーションを得た5台の特別な限定車
『レンジローバー・スポーツ』に古代神話と宇宙からインスピレーションを得た5台の特別な限定車
AUTOSPORT web
スマート・フォーツー復活へ 後継車開発まもなく始動? 新型「#2」採算性が課題に
スマート・フォーツー復活へ 後継車開発まもなく始動? 新型「#2」採算性が課題に
AUTOCAR JAPAN
日産ノートオーラNISMOに待望の4WD追加! ちょっと刺激的なドライビングフィールを体感する
日産ノートオーラNISMOに待望の4WD追加! ちょっと刺激的なドライビングフィールを体感する
レスポンス
ホンダ、鈴鹿8耐予選は3番手に甘んじるも焦りナシ。トップ10予選は「舐められないタイム」が出ればOK?
ホンダ、鈴鹿8耐予選は3番手に甘んじるも焦りナシ。トップ10予選は「舐められないタイム」が出ればOK?
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

17件
  • 藍流頓瀬奈
    時代、だけじゃないお国柄もある。
    同じメーカー、車種でも販売される国、地域でも脚回りの味付け変えるとかもあるだろうね。
    アウトバーンを走るための硬いドイツ
    市街地の石畳や田園のグラベルをしなやかにいなす柔らかい猫の脚と評されるフランス、どちらも正解だろう。
    日本車は後者に近いかな。一般道はグラベルこそ少ないが凹凸はあるしカーブも多いので硬すぎると乗りにくい。
  • njq********
    足のいいやつって、カリーナだろ。
    わかる人いるかなぁ。
    30代だけど、このフレーズは聞いたことが
    あります。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

145.7227.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

32.0480.0万円

中古車を検索
カリーナの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

145.7227.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

32.0480.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村