現在位置: carview! > 新車カタログ > トヨタ(TOYOTA) > カリーナ > みんなの質問(解決済み) > カーオーディオのノイズ対策について

トヨタ カリーナ のみんなの質問

解決済み
回答数:
5
5
閲覧数:
454
0

カーオーディオのノイズ対策について

先日、社外品のプラグコード(ウルトラブルーポイント パワープラグコード)に交換したところ、直後より車内のスピーカーよりブツッ・ブツッといったノイズが入るようになってしまいました。エンジンの回転数に比例してヒューンヒューンと入る感じではありません。
純正のプラグコードを使用していた時はこのようなノイズが入らなかったのと、キーをACC位置にしエンジンを停止するとオーディオにはノイズが全く入らないので社外のプラグコードが原因だと思っております。

仕様は以下のとおりです。
車両:平成11年式 トヨタ カリーナGT 6MT
エンジン:4A-GE最終型(黒ヘッド)
デッキ:カロッツェリアHDDナビ AVIC-ZH0007
スピーカー:カロッツェリアTS-J1600A
ウーファー:カロッツェリアTS-WX900A

他にタコ足とマフラーとエアクリ(純正形状)を社外品に交換しております。点火プラグはNGKのBKR6EIX-11です。デッキ、スピーカー、ウーファー、点火プラグ、プラグコードの取り付けは当方がDIYにて行いました。

デッキとスピーカーはすべて車両側の純正の配線を使用し取り付けております。デッキのアースは車体のボルトに共締めしております。
ウーファーはデッキにRCAにて接続し、電源配線はプラス・マイナス共にバッテリーへ接続しております。


上記の仕様にて、プラグコードを純正品に戻す以外のノイズ対応策はありますでしょうか?せっかく購入した社外品のプラグコードですのでこのまま使用したいと考えております。詳しい方からアドバイスを頂けますと有り難いです。どうぞ宜しくお願い致します。

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。

ベストアンサーに選ばれた回答

プラグコードを加工するとか、触ることはしないほうが良いと思います。

まずは手間ですがボディアースを止めてバッ直でバッテリーから引きます。
ACCは仕方ないとして、常時電源(黄色)はバッ直で。
それでダメなら常時電源にノイズフィルター付ければ解消されるかと思います。
私はノイズフィルターで一発解決でしたが。
新品でなくてもヤフオクのメーカー製中古で十分です。

その他の回答 (4件)

  • プラグコードにはノイズ対策の抵抗が組み込まれています、レース前提の社外品には性能を上げるためノイズ対策は施されていませんので、素直に純正に戻してください、または大金を使いオーディオ本体、配線すべてをシールド線に張り替え等のノイズ対策を行ってください数十万あれば足りると思います。

  • 社外のプラグコードが原因だと思っております。

    プラグコードの抵抗が原因だと思われますが

  • ケーブルを純正に戻すとノイズがなくなるなら純正に戻すしかありません。

  • 適当ですが・・・

    プラグコードをシールドしてしまえばどうでしょう。

    たぶん、ホームセンターに行けば網線のシールド線がうっていると思います。これをプラグコードをできるだけ最初から最後まで覆うようにかぶせて端はタイラップなんかで止めて出来上がりです。

    これでうまくとまるかは、まあやってみないとわかりませんが。。。
    エンジン回転に同期していないようなので、オルタネータノイズではなさそうだしちょっと自信はないのですが、ノイズ源がコードそのものなら、正攻法としてはこうです。

    https://www.monotaro.com/g/01370440/

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の
「自動車」カテゴリとデータを共有しています。

あわせて知りたい

トヨタ カリーナ 新型・現行モデル

トヨタ カリーナのみんなの質問ランキング