現在位置: carview! > 新車カタログ > トヨタ(TOYOTA) > カリーナ > みんなの質問(解決済み) > なぜ昔は車種ごとにプラットフォームを設計して...

トヨタ カリーナ のみんなの質問

解決済み
回答数:
2
2
閲覧数:
148
0

なぜ昔は車種ごとにプラットフォームを設計していたのですか。 というかなんであんな無茶苦茶なプラットフォームのクラス分けしていたのですか。 例えば80年代前半のトヨタでいえば。

カリーナとセリカとセリカXXが共通のプラットフォームで。
コロナとコロナ・マークⅡが共通で。
ソアラとクラウンは専用設計で。
この当時トヨタでは4種類のプラットフォームがあったことになりますが。
クラス分けが無茶苦茶だと思うのですが。
普通に考えれば4気筒のカリーナとコロナとセリカを共通化して。ついでにカローラも共通化で。
6気筒のクラウンとソアラとセリカXXとマークⅡを共通化するべきだと思うのですが。
4気筒のプラットフォームに6気筒のエンジンを積んでみたりて無茶だと思うのですが。

なぜこの当時はこんな無茶苦茶なプラットフォームのクラス分けをしていたのですか。
4気筒用のプラットフォームと6気筒用のプラットフォームの2種類でいいと思うのですが。
なんでこんな無駄なことをしていたのですか。

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。

ベストアンサーに選ばれた回答

同じにプラットホームで一般大衆車と高級車というようにそれぞれ2つのグレートを設定したんですね。プラットホーム毎に工場も別れていたのも原因ですね。今から思えば質問者さんの言うとおりですね。写真のセリカXXカッコいいです!

その他の回答 (1件)

  • 昔のカーエンジニアは頭が悪かったのだと思います。
    知恵がないというか応用力がないというか。

    エンジンだって排気量毎に1種類あれば十分ですよ。

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の
「自動車」カテゴリとデータを共有しています。

あわせて知りたい

トヨタ カリーナ 新型・現行モデル

トヨタ カリーナのみんなの質問ランキング