新車価格(税込)

629.01064.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

370.51270.0万円

中古車を検索

グレード情報ケイマン

ユーザーレビュー58件ケイマン

ケイマン

  • エンジンが良い
  • 荷物がたくさん積める
  • 室内空間が広い

平均総合評価

4.8
走行性能:
4.8
乗り心地:
4.2
燃費:
3.9
デザイン:
4.9
積載性:
3.7
価格:
4.0

所有者データケイマン

  • グレード所有ランキング上位3位

    1. ケイマン_RHD(PDK_2.7)
    2. ケイマン GT4_LHD(MT_3.8)
    3. ケイマン_LHD(PDK_2.7)
  • 人気のカラー

  • 人気の駆動方式

    AWD
    全輪駆動
    FF
    前輪駆動
    FR
    後輪駆動
    MR
    後輪駆動(ミッドシップエンジン)
    RR
    後輪駆動(リアエンジン)
  • 男女比

    男性
    95.6%
    女性
    2.9%

    その他 1.4%

  • 人気の乗車人数

  • 居住エリア

    1. 関東地方 43.4%
    2. 東海地方 17.4%
    3. 近畿地方 17.4%
  • 年代

  • 年収

車両データと所有者データの数値はマイカーデータとPayPayカードのデータのデータを集計したもの。無回答を除く。

中古車相場 ケイマン

平均値を表示しています。

ケイマン

ケイマンの中古車平均本体価格

698.0万円

平均走行距離40,676km

買取情報ケイマン

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車、今いくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

リセール価値ケイマン

走行距離別リセール価値の推移

ケイマン
グレード:
ケイマン_RHD(PDK_2.7)

5年後の売却予想価格

新車価格

682.0万円

売却予想価格

255.8万円

新車価格の 38%

年間平均走行距離
  • 5千km
  • 1万km
  • 2万km
年間平均
走行距離
2025年
1年後
2027年
3年後
2029年
5年後
2031年
7年後
5千km 333万円 294万円

256万円

新車価格の
38%

217万円

新車価格の
32%

1万km 327万円 276万円 225万円 175万円
2万km 314万円 240万円 165万円 90万円

リセール価値のデータは、弊社が独自に算出した参考データであり、将来性・正確性等を保証するものではありません。

このクルマについて ケイマン

2012年12月

■2012年12月
ポルシェジャパンは、ロサンゼルスモーターショー2012で発表されたばかりのケイマンの予約受注を2012年12月18日から開始した。

今回のフルモデルチェンジで3世代目のモデルとなる新型ケイマンは、ミッドシップの2シータースポーツという基本パッケージングは変わらないものの、ホイールベースを60mm延長したほか、全長も35mm延長し、全高をやや低くするなど、構成をやや変更してきた。

外観デザインもリフレッシュされた、フロントの大きなエアインテークが一段と迫力を増すなど、スポーツカーらしいデザインが採用されている。エンジンに空気を送り込むボディサイドのエアインテークはミッドシップ車であることを明確に表現した部分だ。

18インチと19インチの大径タイヤを履くことも、ケイマンのドライビングパフォーマンスを示すものとなる。

インテリアはポルシェならではのタイトなコクピットとすると同時に快適性の高い空間が作られている。自然素材の採用などによって質感を高めたのも特徴だ。センターコンソールに傾斜を持たせることで、ステアリングとシフトレバーの距離が近くなり、よりスポーティな操作を可能とした。

標準車にもスポーツシートとスポーツステアリングが用意され、オプションでアダプティブ・スポーツシートプラスやマルチファンクション・ステアリング・ホイールが採用され、PDK仕様車にはパドルシフトが備えられる。

搭載エンジンは2機種で、標準車に搭載される水平対向 2.7リッターエンジンは202kW(275ps)/290N・mの動力性能を発生し、重量の軽い仕様では0-100km/hを5.4秒で駆け抜け、最高速は266km/hに達する。

上級グレードのケイマンSに搭載される水平対向3.4リッターエンジンは、239kW(325ps)/370N・mの動力性能を発生し、最速の仕様では停止状態から4.7秒で時速100kmに達するという。

どちらのエンジンも6速マニュアルトランスミッションと7速ポルシェ・ドッペルクップルング(PDK)の設定がある。

快適装備や安全装備の充実度はこれまでにも増して高められ、オプションでアダプティブ・クルーズコントロール(ACC)を用意した。これはケイマンでは初めての設定だ。


■2014年4月
ポルシェジャパンは、力強さと速さを極めたミッドシップスポーツのケイマンに最強のエンジンを搭載したGTSを追加し、2014年4月3日から予約受注を開始した。

ケイマンGTSはパワーアップしたエンジンと高性能なPASMシャシーを備え、高いスポーツ性能を発揮する。独自にデザインされたフロントエンドとリアエンド、ブラック仕上げのポルシェ・ダイナミック・ライトシステム(PDLS)付きバイキセノンヘッドライトなどが外観上の相違点となる。

搭載される水平対向6気筒3.4リッターエンジンは、250kW(340ps)/380N・mのパワー&トルクを発生し、6速MTまたは7速PDKと組み合わされる。スポーツクロノパッケージが標準で、スポーツ・プラススイッチを押すと、ケイマンGTSのPDK仕様車は0-100 km/h加速で4.6秒のタイムをマークする。またケイマンGTSの6速MT車では最高速が285km/hに達するという。

ケイマンGTSはドライビングダイナミクスの実現にとどまらず、快適でエクスクルーシブな装備がもたらす多様性も備えている。PASMとスポーツクロノパッケージが標準装備されるため、ドライバーはスイッチを押すだけでスポーツ性を極めた走りと、長距離クルージング時の快適性に優れた走りを自在に切り替えることができる。

やはり標準装備されるスポーツシートとレザーインテリアは、ポルシェが誇るほかのGTSモデルと同様、アルカンターラを組み合わせることで洗練度を高めている。

■2015年2月
ポルシェジャパンは911GT3のテクノロジーを受け継ぐGTスポーツカーとなるケイマンGT4を設定し、予約受注を2015年2月11日に開始した。

ケイマンGT4は、2015年3月3日に開幕するジュネーブモーターショーでワールドプレミアを果たす予定のモデルで、911GT3のコンポーネントを備えたケイマンのGTスポーツカーだ。ニュルブルクリンク北コースのラップタイムは7分40秒を達成し、セグメント最速のモデルとなった。

ケイマンGT4のエンジン、シャシー、ブレーキ、および空力デザインは最高のドライビングダイナミクスのために設計されたのに加え、ポルシェの2シータークーペ特有の多用途性と実用性も備えている。

911カレラSに由来する3.8リッター水平対向6気筒エンジンは、最高出力283kW(385ps)を発生し、ダイナミックギアボックスマウントをもつ6速マニュアルトランスミッションがそのパワーを余すことなく路面に伝える。

ケイマンGT4の0-100km/h加速タイムは4.4秒、最高速度は295km/h、燃料消費量(NEDC)は10.3リッター/100kmとれている。車高が30mm低いシャシーと大型のブレーキシステムには、911 GT3のコンポーネントがほとんどそのまま流用されている。

ケイマンGT4のエクステリアはケイマンと明確に区別されていて、フロントの特徴的な3つのインレット開口部と大型の固定式リアウイングが、ダウンフォース向上のために設計された。

ケイマンGT4のインテリアはドライバーと同乗者が純粋なドライビングプレジャーを体験できるように設計され、レザーとアルカンターラを組み合わせたスポーツシートは、卓越したサイドサポートを発揮する。また新しいGT4スポーツステアリングホイールは、小径ながらも理想的なコントロールとダイレクトなフィードバックを約束している。

■2015年10月
ポルシェジャパンは911GT3のテクノロジーを受け継ぐGTスポーツカーとなるケイマンGT4を設定し、予約受注を2015年2月11日に開始した。

ケイマンGT4は、2015年3月3日に開幕するジュネーブモーターショーでワールドプレミアを果たす予定のモデルで、911GT3のコンポーネントを備えたケイマンのGTスポーツカーだ。ニュルブルクリンク北コースのラップタイムは7分40秒を達成し、セグメント最速のモデルとなった。

ケイマンGT4のエンジン、シャシー、ブレーキ、および空力デザインは最高のドライビングダイナミクスのために設計されたのに加え、ポルシェの2シータークーペ特有の多用途性と実用性も備えている。

911カレラSに由来する3.8リッター水平対向6気筒エンジンは、最高出力283kW(385ps)を発生し、ダイナミックギアボックスマウントをもつ6速マニュアルトランスミッションがそのパワーを余すことなく路面に伝える。

ケイマンGT4の0-100km/h加速タイムは4.4秒、最高速度は295km/h、燃料消費量(NEDC)は10.3リッター/100kmとれている。車高が30mm低いシャシーと大型のブレーキシステムには、911 GT3のコンポーネントがほとんどそのまま流用されている。

ケイマンGT4のエクステリアはケイマンと明確に区別されていて、フロントの特徴的な3つのインレット開口部と大型の固定式リアウイングが、ダウンフォース向上のために設計された。

ケイマンGT4のインテリアはドライバーと同乗者が純粋なドライビングプレジャーを体験できるように設計され、レザーとアルカンターラを組み合わせたスポーツシートは、卓越したサイドサポートを発揮する。また新しいGT4スポーツステアリングホイールは、小径ながらも理想的なコントロールとダイレクトなフィードバックを約束している。

同年10月5日には、内外装にブラック塗装を施し、自動防眩ミラーやレインセンサー、クルーズコントロールなどを装備した特別仕様車「ブラックエディション」の予約受注を開始した。

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。