現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【ケイマン救出作戦!】果たして洪水で水没したこの「ポルシェ ケイマン GT4 RS」は再生できるのか・・・?

ここから本文です

【ケイマン救出作戦!】果たして洪水で水没したこの「ポルシェ ケイマン GT4 RS」は再生できるのか・・・?

掲載 更新 4
【ケイマン救出作戦!】果たして洪水で水没したこの「ポルシェ ケイマン GT4 RS」は再生できるのか・・・?

このポルシェ ケイマンGT4 RSは再び走れるのか?チューナーのRS-Dynamicsは、洪水で沈没したこのポルシェ ケイマンGT4 RSを引き受け、再生させようと考えている!

この納車されたばかりのケイマンGT4 RSはひどい目にあったのだ。大洪水の犠牲となり水没してしまった。そして、ポルシェ愛好家の「RS-Dynamics(RSダイナミクス)」は、ツッフェンハウゼンで生まれたこのスポーツカーを再生させることを自らに課した。この試みは「Seacret Project(シークレット プロジェクト)」と名付けられた。“Secret”ではなく“Seacret”だ。

【盗難!】タイカンに続いて今度は911が盗難に遭う事件発生 今度も盗まれたのはヘッドライトのみ!

RS-Dynamics “Seacret Project”:https://rsdynamics.de/seacret-project-en/

目標は?2023年から「ポルシェ718ケイマンGT4 RS」に新たな命を吹き込むことだ。多くのファンから現代で最も美しいポルシェのひとつと称される「ケイマンGT4 RS」は、当初スロベニアにあるオーナーの自宅の地下駐車場にひっそりと置かれていた。

厚い泥の下に埋もれたケイマンしかし運命はこの「ケイマン」にもっとも過酷な試練を課したのだった。納車から約1ヶ月後、スロベニアは大嵐に襲われ、洪水に見舞われた。

泥は隅々まで入り込んでおり、内部の修復にはかなりの時間と忍耐が必要だ。この「ケイマン」は3日間水中に放置され、掘り起こされるまで厚い泥に埋もれていた。押して動かすこともできないほど泥にまみれていたが、おそらく鉄くずとしてフランクフルトに送られたのだろう。

わずか800km弱しか走っていないGT4 RSそんなとき、ドイツのゾーリンゲンにあるチューニングショップ、「RSダイナミクス」の創業者であるRicardo Sciascia(リカルド シアシア)が、ネットでこの車を見て購入を決意。その時、彼はパートナーのマーリーン リーメンに見せたが、彼女は最初はそれほど興味を示さなかったという。

汚れの下には、マットフィルム仕上げが施されたブラックのケイマンGT4 RSがある。絶望的なプロジェクトのように見えるが、チューナーにとっては努力する価値がある挑戦だ。なんといっても、この車両は走行距離わずか758kmの人気車種「ケイマンGT4 RS」なのだから。さらに、この特別なモデルにはヴァイザッハパッケージが注文されている: 追加料金15,815ユーロ(約255万円)の装備パッケージだ。しかし、このプロジェクトが最終的に実を結ぶかどうかは現時点ではまだわからない。続報をお楽しみに!

Text: Sebastian FriemelPhoto: www.carscoops.com Salvatore Russo

こんな記事も読まれています

スバル新型「スポーツ“セダン”」公開! MT採用&パフォーマンス重視設定がイイ! 羨ましすぎる水平対向エンジン搭載モデル! 米に登場の「WRX tS」はどんなクルマとは
スバル新型「スポーツ“セダン”」公開! MT採用&パフォーマンス重視設定がイイ! 羨ましすぎる水平対向エンジン搭載モデル! 米に登場の「WRX tS」はどんなクルマとは
くるまのニュース
【角田裕毅F1第10戦分析】リヤウイングが一因か。セットアップを最適化できないまま戦い、アンダーステアに苦しみ19位
【角田裕毅F1第10戦分析】リヤウイングが一因か。セットアップを最適化できないまま戦い、アンダーステアに苦しみ19位
AUTOSPORT web
【ポイントランキング】2024スーパーフォーミュラ第3戦SUGO終了時点
【ポイントランキング】2024スーパーフォーミュラ第3戦SUGO終了時点
AUTOSPORT web
トヨタ『ランドクルーザー300』の警備・防衛車両向け、デュアルオルタネーターで電源確保…米APSが発表
トヨタ『ランドクルーザー300』の警備・防衛車両向け、デュアルオルタネーターで電源確保…米APSが発表
レスポンス
山頂キャンプ・グランピングが楽しめる「OZE-HOSHISORA GLAMPING&CAMP RESORT」2024シーズンの営業がスタート!
山頂キャンプ・グランピングが楽しめる「OZE-HOSHISORA GLAMPING&CAMP RESORT」2024シーズンの営業がスタート!
バイクブロス
「ガソリンスタンドの屋根」が“平ら”なのはなぜ? 雨や雪が降ったらどうなる? 屋根に隠された驚きの「工夫」とは
「ガソリンスタンドの屋根」が“平ら”なのはなぜ? 雨や雪が降ったらどうなる? 屋根に隠された驚きの「工夫」とは
くるまのニュース
スタバのドリンクが飲みたいぞ! ラーメン食べたい! 失敗しないSA・PA選びは「スマホアプリ」の活用が正解だった
スタバのドリンクが飲みたいぞ! ラーメン食べたい! 失敗しないSA・PA選びは「スマホアプリ」の活用が正解だった
WEB CARTOP
東京アウトドアショー2024が開催! NEWS小山氏の愛車やランクル特別展示も
東京アウトドアショー2024が開催! NEWS小山氏の愛車やランクル特別展示も
くるくら
驚速パロウが大荒れのレースを制す。ポール・トゥ・ウインで今季2勝目/インディカー第8戦ラグナ・セカ
驚速パロウが大荒れのレースを制す。ポール・トゥ・ウインで今季2勝目/インディカー第8戦ラグナ・セカ
AUTOSPORT web
勝者フェルスタッペン「早々にラッセルを抜いたことが鍵。マクラーレンほど強くなかったが、全員でベストな仕事をした」
勝者フェルスタッペン「早々にラッセルを抜いたことが鍵。マクラーレンほど強くなかったが、全員でベストな仕事をした」
AUTOSPORT web
カツデンのスチール製カーハウス「CARKUREGA」の問い合わせが累計500件を突破
カツデンのスチール製カーハウス「CARKUREGA」の問い合わせが累計500件を突破
レスポンス
115万円から! 日産「新型コンパクトSUV」発表! 日産“唯一”の生き残りマシン! MTあり&全長4m以下の「新GEZA」インドで登場
115万円から! 日産「新型コンパクトSUV」発表! 日産“唯一”の生き残りマシン! MTあり&全長4m以下の「新GEZA」インドで登場
くるまのニュース
ロングランやタイヤの耐久テストなどテスト項目満載なのが耐久レース!! EWC第2戦 スパ8時間レース レーシングライダー大久保光のレースレポート
ロングランやタイヤの耐久テストなどテスト項目満載なのが耐久レース!! EWC第2戦 スパ8時間レース レーシングライダー大久保光のレースレポート
バイクのニュース
リレーアタック対策は100均グッズでできる? 色んなもので実験してみた。
リレーアタック対策は100均グッズでできる? 色んなもので実験してみた。
くるくら
ビートルの元は軍用車だった? 庶民でもクルマが買える世の中にするために作られたクルマ達
ビートルの元は軍用車だった? 庶民でもクルマが買える世の中にするために作られたクルマ達
ベストカーWeb
英国の小型EVが新記録、メルセデスAMGより速い
英国の小型EVが新記録、メルセデスAMGより速い
レスポンス
「まさかお前が…!?」 セダンやクーペから「“SUV”に変身していた」意外な国産車3選
「まさかお前が…!?」 セダンやクーペから「“SUV”に変身していた」意外な国産車3選
くるまのニュース
アストンマーティンの大苦戦はしばらく続く? アロンソ「今は多くを語らず、改善を続けるのみ」
アストンマーティンの大苦戦はしばらく続く? アロンソ「今は多くを語らず、改善を続けるのみ」
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

4件
  • ********
    この車にどこまで価値を見出すかだね。残念だけど使える部品だけバラして売った方が丸く収まる気がする。
  • shu********
    悪夢な画像だ
    この車のためにも再生できるといいね
    使える部品は多いはず
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

629.01064.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

178.01380.0万円

中古車を検索
ケイマンの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

629.01064.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

178.01380.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村